2011-12-01      Oxford 2010-11 その10 May

○理事会より
150501news.jpg
入場料収入が元に戻って利益もいつも通りに。
前回なんであんなに伸びたのかがよくわかりません。
あと移籍条項にMayburyが復活したのもよくわかりません。
謎が謎を呼ぶばかりです。



Oxford vs Swansea イングランド プレミアリーグ 第35節

・スタメン
150503form.jpg
中2日で一旦プレミアリーグに戻って16位のSwanseaと対戦。
サブ組だけどホームだしいけるだろうって事でハイプレス戦術で臨みます。
Brownもコンディションは問題なさそうなので連戦となりました。
慢心だけが怖いけどどうだろうか。

・結果
150503news.jpg
終始試合を支配して勝利しました。
前半2点リードしたのでハーフタイムに引きこもりに切り替え。
後半はチャンスもピンチもやってこなくてあっという間に試合終了してワラタ。
残り3試合で2位との勝ち点差は5。残りの試合は強豪ばかりなのでArsenalが追い上げてくれる事を期待。

・ハイライト

得点1:クロスの処理が中途半端になった相手ディフェンダーからKnottが奪って先制。よくやった。
得点2:エリア内でLewerenzが倒されて得たPKをJorgeが落ち着いて決める。頼りになるわぁ。

・アクシデント
150503news2.jpg
が、PKを決めたJorgeが負傷退場して全治4週間の怪我を負う。
結果的に今シーズン最後の試合になってしまったのがなんだかお気の毒。
でも怪我しちゃったもんは仕方がない。来シーズンまでゆっくり休むがいいさー。



Oxford vs Leverkusen UEFA ヨーロッパリーグ 準決勝 第2試合

・スタメン
150505form.jpg
中1日と厳しい日程でLeverkusenをホームに迎えて第2戦となります。
1点のアドバンテージはあるものの相変わらず厳しい相手なので引きこもりでお相手。
欠場明けのFlanaganもスタメン入り。Brownに負けない活躍を見せて欲しい。

・結果
150505news.jpg
試合終盤に先制され万事休す、延長戦から攻勢に出て1点をもぎ取り辛勝しました。
退場者が出たおかげでなんとか奪えた得点。なんかもう死闘って感じ。
相手のサイドが薄かったので途中からタスクを変更したのも利いた様子。
でもこういう試合は疲れるからあんまり見たくないなぁ。

・ハイライト

失点1:結構粘ってたのにコーナーから失点。テラカナシス。
得点1:勝利を呼び込んだのは途中出場のHinshelwood。キーパーを交わす冷静さが半端ない。

・決勝の相手は‥‥
150507news.jpg
セリエAで現在12位のUdineseに決定。Leverkusenに比べると楽な相手になりました。
決勝の舞台はフランス、Paris Saint-GermainのホームスタジアムParc des Princes
華の都で激突じゃーい!



Man City vs Oxford イングランド プレミアリーグ 第36節

・スタメン
150509form.jpg
中3日でプレミアリーグに戻り現在3位のManchester Cityと対戦。
負傷したJorgeの代わりにSvenssonがチャンスメイカーとしてスタメン入り。
あとZambraだけじゃどうにもならない事もあるよなーって事で両サイドの二人も攻撃タスクにしてみました。
これで少しはチャンスが増えてくれる事を願うのみ。ピンチも増えるかもしれんがな!!

・結果
150509news.jpg
粘りに粘ってスコアレスドローに持ち込む。
ロングシュートをアホほど食らいましたがほとんどが枠外で特に問題なし。
決定機も相手と同じ2回ずつだったのでそこそこ機能したっぽいです。
で、

150509news2.jpg
この引き分けで3位以内が確定し、来シーズンはチャンピオンズリーグに出られる事になりました。
集団レイプされると思いますが、ヨーロッパリーグに滑り込めるようには頑張りたいです。



○やっちまったな
150513news.jpg
せっかく先発のチャンスを掴んだSvenssonが代表戦で負傷。
軽症だけどこのままだと今シーズンはもう出番ないかもしれない。



Oxford vs Birmingham イングランド プレミアリーグ 第37節

・スタメン
150516form.jpg
代表戦のため中6日空いて、18位のBirminghamと対戦。
4日後のヨーロッパリーグ決勝に備えてメイン組は温存。
RigbyPorterが代表戦に招集中のため、KoffiStasがスタメン入り。
あと負傷したSvenssonの代わりでBustosをスタメン入り。
この結果、中盤の選手の適正考えるとメイン組の戦術が使える事に気付きました。
というわけでタスクをいじりつつメイン組の4-2-3-1を使ってみることに決定。
2位Arsenalとの勝ち点差は3、得失点差は5。もしかしたらこの試合で優勝が決定するかもしれない。

・結果
150516news.jpg
baki.gif
Zambraの1点を守りきって勝利して優勝が決定。まさか優勝できるとは思わなかった。
どうやらArsenalが3位のTottenhamに負けたようです。
そしてこの試合の敗戦でBirminghamは降格決定。マジごめん。
一区切りという感じですがなんかまぐれっぽい優勝なのでイマイチ実感できてません。
せめて強豪達とガチ勝負して対等に渡り合えるようになりたいなぁ。

・ハイライト

StasのヒールパスからJoshを経由してZambraへ。
シンプルな連携ですがだからこそ上手さが光ります。ってかStasがヒールパスなんてするとは。

・アクシデント
150516news2.jpg
優勝の裏でセンターバックのKoffiがひっそりと負傷。
今シーズン最後の試合になる選手がどんどん増えてくのはなんでなんだぜ。



○喜びの声

・ファン
150516news3.jpg

・スポークスマン
150516news4.jpg

・理事会
150516news5.jpg


・選手
150516news6.jpg
続々と各方面から喜びの声が届いております。
これまで選手代表はJamesだったのにGilに変わったが少し不思議。
4日後にはヨーロッパリーグ決勝があるので是非とももう一度美酒を味わってもらいたい。

○どういうことなの
150516news7.jpg
昨シーズンのFAカップと今シーズンのプレミアリーグ優勝が評価されて殿堂入りしたらしい。
間違いなく過大評価です。本当にありがとうございました。



Oxford vs Udinese UEFA ヨーロッパリーグ 決勝

・スタメン
150520form.jpg
中3日でヨーロッパリーグ決勝、セリエA12位のUdineseと対戦します。
イタリアらしくカウンター狙いのサッカーらしいですが気にせずいつも通りの戦術に。
チーム力的には互角以上だしいい勝負が出来るはず。グッドラック!!

・結果
150520news.jpg
kita-4.gif
2点リードして引きこもり→追加点のコンボで完勝。
支配率は五分五分になりましたが決定機は4:1と圧倒的でした。
準決勝の相手の方が強かったのは昨シーズンのFAカップと同じパターン。
これで変則ながら三冠達成。プレミア優勝より嬉しいから困る。

150520news2.jpg
いい響きだわぁ。

・ハイライト

得点1:コーナーからWilliamsが頭で合わせて先制。いい時間帯に得点してくれました。
得点2:カウンターからAkçayがゴールを奪って追加点ゲト。これで安心して引きこもれるようになりました。
得点3:フリーキックのこぼれ球にGilが詰めて3点目。相手のミスっぽいのでごっつぁんですねー。



Liverpool vs Oxford イングランド プレミアリーグ 第38節

・スタメン
150524form.jpg
中3日でプレミアリーグ最終節、8位のLiverpoolと対戦します。
消化試合になったのでJamesと愉快な仲間達の出陣。
出番がないかもしれないと思われていたSvenssonに出番がやってきました。
将来性豊かなメンバーばかりですが、チーム全体が底上げされたため相対的に評価が下がってきました。
これから先も期待できる選手だよって事をこの試合でアピールしてもらいたいです。

・結果
150524news.jpg
35本のシュート食らってこっちは1発も撃てずに敗戦。
ボールがまったく前に繋がらずJamesはブラブラしてるだけでした。
当然ながらアピールになんてなるはずもなし。まだまだですねー。

・ハイライト

35本もシュート撃たれたのに失点したのはこの1点のみ。
どうやらLiverpoolも決定力不足に悩んでるようです。



○試合結果
1505sche.jpg
最後の最後で敗戦しましたが全体的にはそこそこいい感じ。
今シーズンは5月も試合数が多かったのでまとめは次回にまわします。

・月間ベストゴール

今回はLeverkusen戦よりHinshelwoodのゴールを選出。
フィニッシュまでの流れもいいし、なによりこのゴールがなければヨーロッパリーグの優勝もなかったってのが超重要。
次点はBirmingham戦のZambraゴール。Stasのヒールパスからの流れがとても秀逸でした。
来シーズンもこういうゴールをどんどん見たいですねー。


つづく

スポンサーサイト

コメントフォーム


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック