2011-11-06      Oxford 2014-15 その3 October

○理事会より
141001news.jpg
利益がちょっと減りましたが税金はいつまでとられるんでしょうか。
あとなんか移籍条項の買い取りとかいう項目が出ました。
どうやら表示されてる金額がもらえる代わりに移籍条項がなかった事になるらしい。
別に今お金に困ってるわけでもないのでとりあえずスルーしてみます。

・月間最優秀若手選手
141001news2.jpg
今月はJoanが選ばれましたが基準がよくわかりません。
ゴールやアシストしたわけでもないし評価点ならGilの方が高いし。
でもとりあえず選ばれたんで喜んでおきます。



Legia vs Oxford UEFA ヨーロッパリーグ グループJ

・スタメン
141002form.jpg
中4日でヨーロッパリーグ、ポーランドのLegia Warszawaと対戦します。
アウェーですがやたら好調なので調子に乗ってハイプレス戦術で行く事に。
スーパーサブTejももちろんベンチ入り。果たして勝てるかな。

・結果
141002news.jpg
ほぼ互角の試合内容でしたが決定力が差を分けて勝利を得ました。
1点リードして引きこもり→追加点のコンボが久々に決まってしてやったり。
ただシュートが枠に行かない場面が多かったのでそこがかなり心配。
シュート精度を高めるにはどうすればいいんだろう。

・ハイライト

得点1:スルーパスに抜け出したLewerenzが鮮やかなループシュートを決める。上手すぎワラタ。
得点2:途中出場Knottがサイドを駆け上がり最後はGil。電光石火のカウンターで計画通りの追加点。



○テレレレッテッテッテー
141003news.jpg
ユース施設とトレーニング施設の増強工事が完了し「優れた」施設にレベルアップしました。
毎年1段階ずつレベルアップしていくのでそのうちカンストしそうです。
ところでクラブハウスはどうやってレベルアップすればいいんでしょうか。
いまだによくわかりません。



Leeds vs Oxford イングランド プレミアリーグ 第6節

・スタメン
141005form.jpg
中2日で現在19位と降格候補のLeedsと対戦。
サブ組のハイプレス戦術でお相手致します。
日程がきついのでベンチメンバーはいつも通りリザーブ組。
ポーチャーZambraがどんな活躍を見せるかが鍵。

・結果
141005news.jpg
またほとんど互角の戦いでしたが決定力が差を分けて3点差の快勝。
かなり危ない場面はあったものの奇跡的に無失点で切り抜けました。
後半は引きこもったおかげか相手の攻撃が落ち着いたので隙を突いて2点追加。
途中出場したJamesの影がめちゃくちゃ薄くなってきたのがなんだか悲しい。

・ハイライト

得点1:巧みなキープ力で先制点を奪うZambra。奪われないのがすげぇ。
得点2:コーナーからZambraがキープしてPorterの初ゴールをお膳立て。上手いなぁ。
得点3:フリーキックからお馴染みのWorley弾。まだまだ若い選手には負けてません。



○傘下クラブ
141014news.jpg
国外で知名度をあげるための傘下クラブが探せるようになってたのでまたお願いしてみました。
理事会が提示してくれた中から日本のジェフを選択。
ベルマーレやアメリカのクラブなんかもあったんですがユナイテッドと黄色繋がりでアレ。
実際どれぐらい効果があるのかわかりませんがこれで優秀な日本人選手とか出てこないかなぁ。
ってか支援金高いなぁ。



Oxford vs Man Utd イングランド プレミアリーグ 第7節

・スタメン
141018form.jpg
代表戦の関係で中12日空いて現在6位のManchester Utdと対戦。
強豪相手ですが古巣相手に大暴れするPetrucciが見たいとハイプレス戦術でいくことに決定。
ホームならRoma相手にもいい勝負できたってのも理由だったりします。
ベンチには相変わらずリザーブ組。サブ組の試合勘もどうにかしないとなぁ。

・結果
141018news.jpg
先制したものの強烈なロングシュートを食らって引き分け。
でもやっぱり結構いい勝負できる事が判明。枠内シュートや決定機も上回りました。
サイドバックの攻撃参加と各選手の成長で4-2-3-1がかなり機能するようになった感があります。
メイン組はもう大丈夫そう。問題はサブ組だ。

・ハイライト

得点1:Joanとのコンビプレイで抜け出したAkçayが落ち着いてシュート。イイヨイイヨー。
失点1:しかしかなり距離のある位置からNaniに直接フリーキックを決められる。速度と弾道が半端ない。



Oxford vs PSV UEFA ヨーロッパリーグ グループJ

・スタメン
141023form.jpg
中4日でヨーロッパリーグ、オランダのPSVと対戦します。
スタメンや戦術は変わらず。変わったのはベンチメンバーがサブ組になったぐらい。
相手は現在エールディビジ14位と調子を落としてるので地の利を生かして勝ちたいところ。
グループステージ突破へ向けて頑張るのじゃー。

・結果
141023news.jpg
互いにチャンスに恵まれない中、オウンゴールを誘い込んでなんとか辛勝。
ほとんどの選手がバテたりとかなり消耗が激しい試合だったようです。
しかしこれでグループステージ3連勝。突破へ向けてかなり有利になりました。
どこまでいけるかわからないけど少しでも上を目指したいですねー。

・ハイライト

途中出場Tejのクロスがディフェンスに当たってオウンゴール。
右ウイングもこなせる期待の17歳は相変わらず勝利を呼び込む。

・アクシデント
141023news2.jpg
しかしこの試合でイエローをもらったWilliamsが累積で次戦欠場。
一番足の速いセンターバックなのでこれはちょっと痛い。



Aston Villa vs Oxford イングランド プレミアリーグ 第8節

・スタメン
141026form.jpg
中2日で現在9位のAston Villaと対戦。
日程詰まりすぎで精神的にかなりきつい。
アウェーでどうかなーと思いつつサブ組のハイプレス戦術で臨みます。
イマイチ機能しないのでどうにかしたい。

・結果
141026news.jpg
かなり押し込まれましたが運良く先制できたおかげで引き分け。
チャンスがほとんどなかったので気分的には完全に負けです。
これはちょっとマジでどうにかしないとサブ組の行く末がやばい。

・ハイライト

得点1:カウンターから中盤Joshが上手く飛び出して先制。なんとなく攻撃の形が見えたような。
失点1:ミドルシュートのこぼれ球に詰められて失点。うちの箱庭だとまだAshley Youngが残留してるんです。
失点2:ラインの裏を狙われて見事に失点。この時はもう引きこもってたんだけどなぁ。
得点2:エリア内でパスを受けたPorterがダイレクトで流し込んで同点。よくここまで上がってたもんだ。

・アクシデント
141026news2.jpg
しかしこの試合で左ウイングKnottが負傷。
軽症なのは幸いだけどよりによって層が薄い左サイドってのが厄介すぎる。



Oxford vs Man City イングランド リーグカップ 4ラウンド

・スタメン
141028form.jpg
中1日でリーグカップ、何かと縁のあるManchester Cityとホームで対戦します。
実績のある引きこもり戦術ですが少し思うところがあってタスクを変えてみました。
以下その理由。

これまでの引きこもりはワントップとチャンスメイカーが攻撃タスクになってました。
要はこの二人の力でカウンター狙いだったんですがAston Villa戦でことごとく潰されまして。
カウンターのカウンターを食らう事も多かったのでそれなら速攻狙いはやめちゃおうという結論に。
で、上記の二人はサポートタスクにしてポゼッションを高めつつ起点になってもらう。
フォワードが後ろを向いてキープ、チャンスメイカーを経由or直接サイドに散らしてそこからチャンスを伺うという形。

そんな感じで支配率を高めてチャンスを増やそうというコンセプトです。
仮に負けてしまってもきっちりゴール前まで運べるシーンが増えるなら上々。
その前に潰されてしまうとどうにもなりませんし。
まぁ上手く機能するかはわかりませんけどねー。

・結果
141028news.jpg
セットプレーからの1点を守りきって辛勝。Man City相手にはなぜか勝負強い。
シュートの雨を食らいましたが決定機は1回に抑えたので及第点。
それよりも数少ないチャンスで決定機を3回奪ったのはまさに狙い通り。
もう少しピンチを減らしてチャンスを増やしたいけどそこはもうメンタリティいじるしかなさそう。

・ハイライト

フリーキックのチャンスにセンターバックMalonga
相手のマークを上手く外して悠々と逆サイドに叩き込みました。Akçayのアシストも上手い。

・準々決勝抽選結果
141101news.jpg
準々決勝はあまり相性のよくないChelseaとアウェーで対戦する事に。
勝ち進むのはいいけど日程がきつくなるから困る。



○試合結果
1410sche.jpg
ヨーロッパリーグは好調ですがプレミアリーグの方は引き分けが増えてきました。
とは言っても強豪相手なら負けるのが普通なので好調なのは変わりないかも。
メイン組は攻撃力と戦術が上手くマッチして絶好調。逆にサブ組はしぶとさでなんとか持ちこたえてる感じです。
ここからの鍵は間違いなくこのサブ組。どこまでメイン組の完成度に近づけるかが勝負。
それからメイン組も怪我人が出た時なんかは油断できません。
特にディフェンス陣に負傷者が出た場合は一気に守備力が落ちる可能性があります。
どこかにいいディフェンダーはいませんかー。

・月間ベストゴール

結構いいゴール多かったんですが今回はMan City戦よりMalongaのゴールを選出。
Akçayの低くて速いボールと逆サイドに叩きつける強烈なヘディングを評価しました。
Worleyもですがここぞという時にゴールを奪ってくれるので助かります。


つづく

スポンサーサイト

コメントフォーム


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック