--------      スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2011-11-05      Oxford 2014-15 その2 September

○理事会より
140901news.jpg
ヨーロッパリーグの賞金なんかもあったので利益は上々。
あとVivaldyのレンタル移籍のおかげで懸念がなくなりました。
この調子でもっとお金貯めて欧州一のチームにしたいですねー。

・月間最優秀若手選手
140901news2.jpg
それからGilがプレミアリーグ8月の月間最優秀若手選手に輝きました。
Akçayより評価高いのがちょっとよくわかりませんが嬉しい事には変わりない。
この調子でクラブを引っ張る存在に育ってほしいです。



Oxford vs Tottenham イングランド プレミアリーグ 第3節

・スタメン
140903form.jpg
中3日でメディア予想5位のTottenhamと対戦。
ホームですがサブ組の引きこもり戦術で臨みます。
カウンター狙いなので前線はポーチャーZambra
Jamesはキャプテンなのにベンチスタートでチャンスを狙う。
結構厳しい相手だが果たして。

・結果
140903news.jpg
案の定かなり押し込まれたものの試合終了間際に先制して勝利。
ちょっと引きこもりすぎたかなぁと少々反省中。
勝てたから良かったけど相手に対してチャンス数が少なすぎる。
まぁかなり実力差があるから仕方ないといえば仕方ないんですけども。

・ハイライト

途中出場したTejがこぼれ球に反応してキーパーをかわしてシュート。
17歳とは思えない冷静さでOxfordでの初ゴールを決めました。成長が楽しみだなぁ。



Oxford vs Chelsea イングランド プレミアリーグ 第4節

・スタメン
140913form.jpg
代表戦の関係で中9日空いてメディア予想2位のChelseaと対戦。
強豪相手なので問答無用の引きこもり戦術で臨みます。
同じ引きこもりでもメイン組だと守備が安定するので少し期待してたり。

・結果
140913news.jpg
セットプレーから2得点をあげ思わぬ勝利をゲット。
ホームアドバンテージのおかげか支配率やシュート数も上回る意外な結果になりました。
この調子なら5日後のRoma戦も期待できそう。楽しみだわぁ。

・ハイライト

得点1:コーナーキックからGilの流したボールをWilliamsが押し込む。これは意図したアシストなんだろうか。
得点2:フリーキックから今度はきっちりGilが決める。相変わらず好調ですねー。



Oxford vs Roma UEFA ヨーロッパリーグ グループJ

・スタメン
140918form.jpg
中4日でついに始まるグループステージ。初戦はホームにイタリアのRomaを迎えて対戦します。
引きこもりで行こうかと考えてたんですがホームなのででいつも通りの戦術でいく事に決定。
もう一つの理由はRomaユースで育成された経験があるPetrucci
いつの間にかTottiは引退してしまったようだけどその後継者たる姿を今こそ見せる時。
イングランドに来た事が間違いではなかったと証明するのだ!

・結果
140918news.jpg
kita-.gif
狙い通りにPetrucciがゴールを決めた瞬間思わずニヤリ。
こういう部分で空気読むんだからこのゲームは素晴らしい。
コミュニティシールドも含めると6試合で5得点と絶好調で完全にチームの中心になってきました。
アウェーでもよろしくお願いします。

・ハイライト

得点1:スルスル~っとドリブルで持ち込んでズドン!と撃ち込むPetrucciOxfordの王様になる日も近い。
得点2:Lewerenzのクロスに途中出場のKnottが頭で合わせて追加点。いい位置に構えてました。



Yeovil vs Oxford イングランド リーグカップ 3ラウンド

・スタメン
140923form.jpg
中4日でリーグカップ3ラウンド、4部のYeovilと対戦します。
完全に調整試合みたいになってるのでサブ組がお相手。
第3キーパーのKöcherをリザーブからスタメンデビューさせてみる事にしました。
安定した守備を見せるようならRanieriの放出という選択肢が生まれそう。
それからやっとJamesがスタメン入り。4部相手なら流石に通用するはずです。
怖いのは慢心ぐらいだけどここで負けるようならどうしようもない。

・結果
140923news.jpg
相手にほとんどチャンスを与えず完勝。
ただシュート精度の低さがかなり気になる試合でした。
Köcherが活躍するような場面はなくJamesもいつも通りノーゴール。
ZambraスタメンでJamesスーパーサブ起用もありかなぁ。

・ハイライト

得点1:記録より記憶に残る男Joshのミドルシュート。たまにしかゴール決めないのに印象に残るんだよなぁ。
得点2:Jamesのクロスのこぼれ球をFontainが押し込んで追加点。ディフェンスがもたついたのがラッキーでした。
得点3:コーナーからJamesが頭で流し、Rigbyが押し込んで初ゴール。このパターン、メイン組でも見たネ!

・4ラウンド抽選結果
140927news.jpg
まぁ4ラウンドともなるとほとんど強豪ばっかなんでアレですがよりによってMan Cityとはなぁ。
とりあえず引きこもりで相手する事は確定。あとホームなのもありがたい。



Oxford vs Coventry イングランド プレミアリーグ 第5節

・スタメン
140927form.jpg
中3日で昇格組なのに現在11位と好調なCoventryと対戦。
ホームでメイン組なのでハイプレス戦術で臨みます。
試合数が多いせいで今シーズンはメインもサブもフル回転です。
4日後にヨーロッパリーグの試合があるのでなるべく好調を持続させたいところ。
ベンチにはリザーブ組が定期的に並びます。若手にはいいチャンスですねー。

・結果
140927news2.jpg
完全に試合を支配しながら先制された時はどうしようかと思いましたがロスタイムになんとか逆転。
決定機にことごとく外してたのでなかなかやきもきする展開でした。
簡単なシュートを外して難しいシュートを決めるあたりある意味リアルだなぁ。

・ハイライト

失点1:フリーキックからゴールポストとキャッキャウフフされて失点。誰かカバーに行けよ!
得点1:少し距離のある位置からGilが空気を切り裂くような鋭いシュートを決める。でももっと簡単なチャンスあったんやで?
得点2:途中出場のTejがまたも終了間際に貴重な勝ち越し点をあげる。なにこのスーパーサブ。



○試合結果
1409sche.jpg
相変わらず好調なのでその理由を考えてみました。

1.Jamesをスタメン落ちさせている
というかGilZambraが前を向いてキープできるのがかなりでかいです。
Gilは万能型なのでドリブルとパスを組み合わせて前へ出て行く。
Zambraは快足ドリブラーなので一人でどんどん前へ出て行く。
そのうちウイングや中盤が絡み始め、ハイプレス戦術だとさらにサイドバックまで攻撃参加してきます。
これがJamesだとボール受ける→一人じゃ前に行けない→もたもたしてる間に奪われるとなるわけで。
Yeovil戦ではそれなりにキープできましたが格下相手なのでむしろ当たり前。
でも昨シーズンのFAカップMan City戦では途中出場でかなりいい動きを見せてました。
なのでしばらくは途中出場をメインに使っていこうかと考え中。

2.スーパーサブTejの存在
Tottenham戦とCoventry戦はどちらも終了間際のTejのゴールがなければ引き分けでした。
今シーズンから加入した17歳の勝利意欲は14とそこそこ高い。
しかし真に注目すべきはオフザボール、ポジショニング、判断力、予測力などの高さです。
これらが総じて高い事からやたらとゴールへの嗅覚が鋭い。
このゴールへの嗅覚+前述の勝利意欲14が組み合わさって終了間際のゴールが生まれている様子。
その証拠にCoventry戦ではGilが触る瞬間に走り出し、ダイレクトで決めてます。
ますますこれからが楽しみな17歳です。

で、気付いたらGenk戦の引き分け挟んでコミュニティシールドから9連勝ですよ。
フォワードが違うとこれだけ違うのかという感じ。まぁ戦術とかも関係あるんですけども。
サイドバックの攻撃参加も凄く機能してます。ハマリだすと攻撃が止まらない。
この調子で上位半分、可能なら来シーズンも欧州カップ戦を狙える位置を目指したいですねー。

・月間ベストゴール

今回はCoventry戦よりTejのゴールを選出。
ポイントは前述のようにゴールへの嗅覚の鋭さ。キーパーが弾くのがわかっているかのように詰めてます。
何気ないごっつぁんゴールだけど値千金の勝ち越し弾なので評価は高い。


つづく

スポンサーサイト

コメントフォーム


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。