2011-10-30      Oxford 2013-14 その9 April

○理事会より
140401news.jpg
完全にいつも通りです。
ちなみにVivaldyはメンタルが中途半端なのでまだリザーブに置いてます。
怪我でフォワードが足りなくならい限りはこのまま落胆され続けそうです。
せめて冷静ささえもう少し高くなれば。



Oxford vs Swansea イングランド プレミアリーグ 第33節

・スタメン
140405form.jpg
中6日で現在17位のSwanseaと対戦。
あまり意味のないターンオーバーでサブ組がお相手します。
とりあえずまたKoffiをスタメン入りさせてみました。この試合の出来でNicholasとどちらを使うか決める感じ。
他はまったく変化なし。そろそろまたGilにゴールが欲しいなぁ。

・結果
140405news.jpg
ホームアドバンテージのおかげで圧倒してたのに1点だけ奪って辛勝といういつも通りの試合に。
決める時は決めるのに余裕があるとすぐこれだから困る。
相手にも決定機があったので運が良かった感じ。おおこわいこわい。

・ハイライト

途中出場のJamesがコーナーから頭で流し込んで先制。
Gilもそうですがセットプレーからしか得点できないようになってきました。うーんどうしたものか。



Oxford vs Leeds イングランド プレミアリーグ 第34節

・スタメン
140412form.jpg
中6日で現在15位のLeedsと対戦。
ここから少し日程が詰まるのでユースの3人をベンチ入りさせてます。
プレイメイカー設定したPetrucciがどう動くかが鍵。
ホームアドバンテージもあるので楽しみです。

・結果
140412news.jpg
久々に凄まじい撃ち合いを制して勝利。前節と同じチームとは思えない展開に。
でもなぜか毎回1点差の勝利になるのがわけがわからないよ。
リードしてもすぐ追いつかれたりと守備面でかなり不安が見られます。
でもそれ以上にスペクタクルなサッカーになったのでこれはこれでアリかもなぁ。

・ハイライト

得点1:フリーキックから相手キーパーのミスを逃さずLewerenzが押し込んで先制。
得点2:Petrucciの素晴らしい飛び出しから生まれたゴール。決めたのはまたしてもLewerenz
失点1:クリアボールがポストに当たって相手へのナイスパスに。やっちまったな。
失点2:かなり距離のある位置から決められる。これはちょっと防げない。
得点3:上手くパスを受けたJamesがゴール隅へ流し込む。調子が戻ってきました。
失点3:しかし相手のシュートがWilliamsに当たってオウンゴールに。カワイソス。
得点4:最後はカウンターからJamesが落ち着いて流し込んで終了。ごちそうさまでした。



Leicester vs Oxford イングランド プレミアリーグ 第35節

・スタメン
140416form.jpg
中3日で現在19位のLeicesterと対戦。
久々に意味のあるターンオーバーとなります。
Koffiはやっぱりまだ微妙なのでNicholasに戻しました。
メイン組がかなりいい試合をしたのでサブ組にも頑張って欲しいところ。
ただアウェーなのが少し心配。

・結果
140416news.jpg
謎の下位パワーに押されてスコアレスドローかと思ったら終了間際に先制して辛勝。
メイン組もですがカウンターをよく食らうのでかなり守備面で不安が残ります。
しかもこちらはあまりゴールが期待できないから困る。

・ハイライト

ドラマチックなゴールを決めたのはまたも途中出場のZambra
なんかもう完全にスーパーサブって感じ。



Man City vs Oxford イングランド FAカップ 準決勝

・スタメン
140420form.jpg
中3日でFAカップ準決勝、聖地WembleyManchester Cityと対戦します。
小細工してもどうしようもないのでガッツリと引きこもり。
ここまで来れただけでも凄いと思うのでとりあえず楽しんでくればいいと思うよ。

・結果
140420news.jpg
どういうことなの。
落ち着け・・・素数を数えて落ち着くんだ・・・。
カウンターが面白いように決まって3点差の完勝。
試合見てると、ボールを奪う→スペースがあるので一気にカウンター→シュートという流れが多い多い。
Wembleyが広かったのと途中から相手のフォメが4-1-2-1-2になってサイドががら空きだったのもでかい。
ちなみに相手の先発メンバーがこちら↓

・Man Cityスタメン
140420manc.jpg
ガチっすよガチ。
計算してみたらこのメンバーだけで週に1,085,000ユーロ飛んでいきます。
ちなみにうちの人件費は週に43,522ユーロで、今回の先発メンバーだけだと21,025ユーロ。
50分の1!実に50分の1ですわよ奥様!なんてリーズナブル!
なんか色々と勇気が湧いてくる結果になりました。

・ハイライト

得点1:開始早々にコーナーからJames弾で先制。たぶんこれで相手が焦ったのかもしれない。
得点2:カウンターから再びJames弾で2点目。この時点ではまだ油断できないとか思ってました。
得点3:今度は普通にパス回しからJoanがゴールを決める。ってかスペースありすぎ。

・決勝
140420news2.jpg
決勝戦にはAston Villaとのダービーマッチを制してBirminghamが上がってきました。
当然ながらまたWembleyで開催なので引きこもり戦術の方がいいんじゃなかろうかと考えてます。



Oxford vs Aston Villa イングランド プレミアリーグ 第36節

・スタメン
140426form.jpg
中5日で現在8位のAston Villaと対戦。
ホームですが相手がきついのでサブ組のひきこもり戦術でお相手します。
あとはもう強豪との試合しか残ってないので怪我だけに気をつけてくれればいいかなーと。

・結果
140426news.jpg
先制されても狙い済ましたかのように追いついて引き分け。
結構シュート撃たれましたが決定機も双方2回ずつだったのでぼちぼちといった感じ。
支配率高くてもなかなか得点に結びつかないのが辛いですねー。

・ハイライト

失点1:苦手なコーナーから先制される。本当どうにかしたい。
得点1:Gilのシュートが弾かれたところにAkçayが詰めてゴール。Gilもいい動きしますねー。

・アクシデント
1404sche.jpg
前振りのつもりはなかったのにKnottが負傷。
軽症なのでしばらくはOrenugaを起用することにします。



○試合結果
1404sche.jpg
下位クラブとの対戦が多かったので相変わらず好調です。
やたらと攻撃的な試合もあれば引きこもった試合もあったりで相手にとったら戦いづらいだろうなーと思います。
しかもアウェーだったらリードした瞬間から引きこもりますし。
ただ好調すぎてこのままだとチャンピオンズリーグに出れる可能性が残ってるという罠。
まぁ残り2戦はどちらも強豪なので杞憂になると思いますけどねー。

・月間ベストゴール

5月に3試合あるので今シーズンはわけてみます。
というわけで今回はLeeds戦よりLewerenzの2点目を選出。
ポイントはゴールよりもその前のPetrucciの飛び出し。
あまりの連携の鮮やかさにゴールが決まった瞬間思わず拍手してしまったほど。
想像性溢れるプレーはファンタジスタの系譜を継ぐイタリア人だからでしょうか。ブラボー、おおブラボー。


つづく

スポンサーサイト

コメントフォーム


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック