2011-10-24      Oxford 2013-14 その1 August

carnival.gif
というわけでプレミアリーグの開幕です。
何が奇蹟ってここまでこれた事が奇蹟ですよねー。



Oxford vs Blackburn イングランド プレミアリーグ 第1節

・スタメン
130817form.jpg
記念すべきプレミア開幕戦に臨むメンバーがこちら。
Mutombo代表召集のためにMalongaが左サイドに入ってます。
それからAkçayが代表戦疲れのため、リザーブからOrenugaをベンチ入りさせてます。
相手はメディア予想8位のBlackburn。どうなることやら。

・結果
130817news.jpg
結構押し込まれてたもののスコアレスドローに終わる。
でも決定機はうちの方が多いんだから不思議なもんだ。
ただ途中出場したFontaineが速攻で退場しててんやわんや。
試合後に酷評しといたけど勘弁してもらいたい。



○傘下クラブ
130822news.jpg
せっかくプレミアに昇格したので理事会に傘下クラブを探してよーとお願いしてみました。
労働許可取得を目的としたクラブを探してもらい、いくつかの候補の中からベルギーのクラブを選択。
他はルーマニアとかブルガリアといった東欧のクラブで距離的に遠かったのがアレ。
これでEU圏関係なく選手獲得できるようになったので日本人とかとれますねー。

ちなみに提携したCS Viséはベルギー2部に所属するクラブ。
1924年に創設された結構古いクラブで最近は2部と3部を行ったり来たりしてるらしいです。
アマチュアながら知名度は国内全土となかなか有名なクラブらしい。



Chelsea vs Oxford イングランド プレミアリーグ 第2節

・スタメン
130824form.jpg
中6日でChelseaを相手にアウェーで戦うというなかなか厳しい状況がやってきました。
流石に相手が悪いので昨シーズン最終節の戦術をヒントにした引きこもりフォメで臨みます。
代表戦も終わりベストメンバーが揃ったものの前節退場したFontainはさらに2試合出場停止。バーカバーカ
Akçayがスタメンデビューでドイツ人コンビの競演が実現。
3日後にカップ戦が控えてるのでそれも意識したディフェンスラインに。
ユースからもZambraCervenkaStasがベンチ入り。
勝ち負け関係なくかなり楽しみな試合です。

・結果
130824news.jpg
先制されて万事休すと思ったらPetrucciが見事なループシュートを決めて引き分け。
負けが予想されてた試合で勝ち点をもぎとるというまさに値千金のゴールでした。
ただその後Lampardを負傷させちゃったのがなんだか申し訳ない。

・ハイライト

失点1:エリア外からEssienに決められる。コースも絶妙すぎてどうにもなりません。
得点1:カウンターで独走、そしてキーパーの隙を見逃さなかったPetrucci。してやったりー。



Oxford vs Bury イングランド リーグカップ 2ラウンド

・スタメン
130827form.jpg
中2日でリーグカップ2ラウンドにはサブ組メンバーで臨みます。
Fontainの欠場でユースのCervenkaがスタメン入り。
ゴールキーパーJannelはこの試合がデビュー戦となります。
相手は3部所属のBury。調子が微妙な選手もいるけどホームだし勝ってくれるはず。

・結果
130827news.jpg
支配率、シュート数など完全に試合を支配して完勝。
ホームアドバンテージがあるので当たり前っちゃあ当たり前ですがなんか感慨深いものがあります。
だって数年前まではさらに下のリーグにいたんですもの。
Zambraのトップチーム初ゴールが生まれたのも嬉しい限り。
貪欲にタイトルを狙っていきますぞー。

・ハイライト

得点1:ゴールキックを跳ね返して抜け出すというよくあるパターンで先制。N'Gomaの速さが光ります。
得点2:同じく速さを生かして一瞬で抜け出すZambra。このレベルの相手には脅威のスピードらしいです。

・3ラウンド抽選結果
130831news.jpg
早くもプレミア勢と戦う事になってちょっとびびり気味。
でもホームなのがありがたいなぁ。



○試合結果
1308sche.jpg
8月はたったの3試合で終了。
でもChelsea戦を引き分けたりと中身が濃い月だった気がする。
ただどこかで勝ちを拾わないと残留が厳しくなるのでなんとかしたい。
かなり厄介なのがサブ組の体調管理。日程が緩くてすぐ試合勘が鈍ります。
試合が多いのも困るけど少ないのも困りますねー。

・月間ベストゴール

今回はこれしかないだろうって事でChelsea戦よりPetrucciのゴールを選出。
圧倒的不利な状況から一瞬のチャンスとひらめきでチームを救った見事なループシュート。
月間どころかPetrucciのキャリアの中でもベストゴールになるかもしれない。


つづく

スポンサーサイト

コメントフォーム


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック