FC2ブログ

    2019-11-02      FOOTBALLM@STERやらFM2019やら

拝啓

2020のβが配信された今日この頃。
FMプレイヤーの皆様におかれましては如何お過ごしでしょうか。
私は架空選手の顔が悪化した2019にイマイチのめり込めず、
Euro Truck Simulaitor 2やPro Cycling Manager 2018に浮気していた毎日です。



ニコ動では今日から第十次ウソm@s祭りがあるとの事で、
いつぞやちまちまとアレしていたものをアレしてみました。
今やるならデレマスの結城晴が監督、西園寺琴歌がオーナーとかでやりたいなぁと思ってますが、
PCM2018で架空戦記始めちゃったのでまたアイデアだけで終わりそうです。

2020のβはまだプレイできてないけど、事前情報だと架空選手の顔が改善された?っぽいので、
またのんびりどこかのクラブでプレイすると思います。
2019は結局RCD Mallorcaでプレイしましたが、次はどこにしようかな

■FM2019におけるジブラルタルとスペインの雑感
-ジブラルタル
・知名度低いリーグは選手の知名度もなかなか上がらないので、有望選手がアホほど安い金額で買い叩かれそうになる
・当然オファーは断るので有望選手に不満が溜まる。移籍期間は移籍オファーと不満の嵐になる
・移籍期間になる度にそんな感じなのでプレイしてて凄く疲れる
・数十年かけてお金貯めてリーグの知名度を上げていく必要があったけどそこまで行く前にギブアップ

-スペイン
・Bチームが別チーム扱い、かつ知名度が低いのでスタッフの要求賃金が高く、Bチームにスタッフが雇えない事が多い
・さらに中途半端にしかBチームを管理できないのである程度育った有望選手はレンタルに出した方が良さげ
・契約時に最低移籍金を必ず設定しないといけないのもちょっとめんどくさい

■これまでプレイした国の雑感
1. ドイツ…外国人枠がない、リザーブチームが下部リーグに所属している
2. イタリア…EU圏外枠はあるけど、U20までユース扱いなのでじっくり育成できる
3. スペイン…コトヌー協定の国は外国籍扱いにならない、Bチームが中途半端
4. イングランド…労働許可が大きな懸念、強いチームが多いので面白い
5. ジブラルタル…草刈り場にされたり他チームが弱すぎるけど、帰化で代表を強化するのは楽しい
6. デンマーク…ウインターブレイクが長い、選手の契約終了期間が6月と12月の2パターンあるのもめんどい

あとメジャーなリーグでプレイしてないのは、フランス、ポルトガル、ベルギー、オーストリアあたり?
MLSや南米はよくわからない。AS RomaにU23チームが出来ればまたイタリアでプレイしたかったんですけどね。
さて、β落とすか。
スポンサーサイト



コメントフォーム


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック