--------      スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2017-05-07      2017 Oxford 20/21 オフ

17ox200524news4.jpg
シャツ売り上げ1位はベテランのPedroでした。
過去作では伸びづらかったスポンサー収入も順調に増えているようです。


17ox200624news.jpg
シーズン目標は最低でもヨーロッパリーグ出場権の獲得になりました。
内心はチャンスがあれば優勝を狙っていきたいところ。



17ox2007in.jpg
大きく入れ替える理由がないのとEU離脱で青田買いが難しくなったため、獲得人数が激減。
今オフはお手ごろで魅力的な選手があまり移籍市場に出てきませんでした。


17ox2007out.jpg
一方で放出の方は不要な選手の売却や、若手の成長による追い出しもあり過去最高の売却総額を記録。
クラブ内育成になった若手をレンタルに出す事業も始めました。でもこのうちの何人が未来の主力になるんだろう。


■男の中の男たち、出てこいやぁー!!

GK
17ox20PaulNardi.jpg
昨夏に加入してから正守護神として活躍するゴールキーパー。
特に大崩れする事もないので、今シーズンも引き続きレギュラーとして起用予定。


17ox20Antoine Poirier-Vasseur
18年夏にフランスのFC Lorientから移籍金€1.7Mで獲得し、ユースで育成していた熱血ゴールキーパー。
能力はまだチャンピオンシップレベルなので、カップ戦で格下相手に経験を積ませたい。

DF
17ox20EdoardoGoldaniga.jpg
今シーズンはキャプテンを任せることになったセンターバック。いつのまにかイタリア代表にも呼ばれ始めました。
センターバックは選手の能力が拮抗してますが、頭一つ抜けてるので唯一レギュラーになりそうです。


17ox20NiklasStark.jpg
昨夏に加入してから安定した活躍を見せるセンターバック。
中盤もこなせるので途中交代でも使いやすいのが魅力。レギュラーかローテーション要員になるかは活躍次第です。


17ox20WesleyHoedt.jpg
トップチームで最も背の高い、身長192cmを誇るセンターバック。
でも加入してまだ半年なのでその長身を生かしたゴールはまだ見られていません。
こちらもレギュラーかローテーション要員になるかは活躍次第になりそう。


17ox20ReeceOxford.jpg
ひっそりとイングランド代表に呼ばれ始めたセンターバック。
能力は上がってきましたが、まだ若手なのでローテーション要員になるのが濃厚。


17ox20LorenzoDickmann.jpg
いつの間にかイタリア代表に定着し始めた右サイドバック。
攻守にバランスのとれた能力と前線までこなせるポリバレント性が魅力。
今シーズンはチーム事情からレギュラーになりそうです。


17ox20Kazuhikoohashi.jpg
18年夏に川崎フロンターレから移籍金€625Kで獲得し、オランダのFC Twenteで2シーズン武者修行していた右サイドバック。
代表出場を重ねてようやく労働許可が下りたので、トップチームに合流しました。
控えとして起用していきますが、成長次第ではレギュラーになるかも。


17ox20SergiPalencia.jpg
チャンピオンシップ時代から主力として活躍するバルサ出身のサイドバック。
他クラブからの視線が熱く、時折オファーが届くので契約更新するか悩み中。
チーム事情から今シーズンは左サイドバックとして起用予定。


17ox20FilippoCosta.jpg
プレミア初年度に加入後、左サイドバックとして起用しているウイング。
本職は左サイドハーフらしいんですが、そのポジションがない戦術を使ってるもんだから仕方ない。
今シーズンは副キャプテンを任せます。レギュラーになるかは調子次第。

MF
17ox20AdrienSilva.jpg
ポルトガルのSporting CPから放出されたところを口説き落としてきた世界的ミッドフィルダー。
レンタル移籍の経験はあるもののユースからSporting CP一筋だったらしいです。
ちょっとフィジカルが衰え始めてる予感はしますが、中盤の守備役としてレギュラー起用していきます。


17ox20JoakimJohansson.jpg
控えとして起用してたら一気に成長してレギュラーを奪取したワンダーボーイ。
スウェーデン代表にも定着しはじめ、他クラブからのアプローチが厄介になってきたので契約更改で給料も大幅アップしました。
地道に守備能力も上がってきてるので、レギュラーとして起用しつつ穴のない選手に育てていきたい。


17ox20AnderHerrera.jpg
Man Utdから放出されたところを口説き落としてきた疲れ知らずのミッドフィルダー。
昨シーズンはたった11試合しか出場していなかったらしく、Man Utdの層の厚さに競り負けた模様。
それでもうちではレギュラー当確なので、対戦したら是非ともリベンジしてほしいところ。


17ox20MarioPasalic.jpg
いつかはクラブのキャプテンになりたいらしいミッドフィルダー。
弱点のない選手なので攻撃にも守備にも役立つのが凄く便利。
ただ伸び代はないようなので、そのうちクラブから追い出される事になりそう。


17ox20FrenkiedeJong.jpg
クラブではJohanssonの影に隠れつつも、オランダ代表に定着し始めたミッドフィルダー。
司令塔タイプですが、もうちょっと得点力が上がってくれれば言う事はない。
まだ伸び代はあるようなので、地道に成長を重ねてほしいところ。


17ox20DaniloCataldi.jpg
昨冬に加入して中盤のフィルター役として活躍したミッドフィルダー。
Pasalicと似たタイプなので、攻撃にも守備にも役立つのが本当に便利。
Adrien Silvaとしての起用が中心になりそうです。


17ox20Boschilia.jpg
昨シーズンのベスト契約に選ばれた攻撃的ミッドフィルダー。
チーム事情からウイングのレギュラーとして起用しています。
昨シーズンは左サイドでの起用が多かったですが、今シーズンは右サイドでの起用が中心になりそうです。


17ox20Pedro.jpg
シャツ売り上げ1位に輝いた経験豊富なウイング。
徐々に能力が低下してきたので、今シーズンは控えになります。
今シーズン中には若手に追い抜かれそうなので、もしかしたら出番が激減するかも。


17ox20RossEwing.jpg
メディアからはマクマナマンの後継者と言われているらしいクラブ生え抜きの右ウイング。
オフザボールを鍛えようと個別強化してるんですが、本人は気に入らないらしく定期的にコーチから報告が届くのがめんどくさい。
今シーズンはPedroと出番を争う事になりそうです。


17ox20SheyiOjo.jpg
Liverpoolの移籍リストに載ったところを€5.25Mで獲得したウイング。
ナイジェリア国籍になってますが、イングランド出身なので貴重な国内育成選手です。
チャンピオンズリーグを戦う貴重な戦力として、活躍に期待。


17ox20YukioIshigami.jpg
18年夏に浦和レッズから移籍金€675Kで獲得し、オランダのFC Utrechtで2シーズン武者修行していたワンダーボーイ。
右サイドバックの大橋と同じタイミングで労働許可が下りたのでようやくトップチームに合流。
昨シーズンはエールディヴィジの年間最優秀若手選手に選ばれたので、プレミアリーグでも大暴れしてほしいところ。

FW
17ox20MaximilianoRomero.jpg
昨シーズンに加入して大車輪の活躍を見せたストライカー。
フル代表でもデビュー戦でさっそくゴールを決めたらしく、得点力の高さを窺わせます。
今シーズンもゴールの量産を期待したい。あわよくば得点王とってもらいたい。


17ox20JefersonOrozco.jpg
18年夏にコロンビアのAtlético Nacionalから移籍金€525Kで獲得し、スペインのSportingで武者修行していたワンダーボーイ。
実は昨夏に労働許可は下りてたんですが、スペイン国籍をとらせたくてレンタルを延長させてました。
8月に入って無事にスペイン国籍を取得できたので呼び戻しつつ、Eggesteinを追い出してトップチームに合流。
同じ南米出身のRomeroとともにチームを牽引してくれる事を期待。


■財務状態
17ox2008fina.jpg
選手売却で大幅にお金が増えたので、人件費予算もガッツリ増えました。
ただ正直使い道がないので、このまま金庫の肥やしになりそうです。



17ox2007sche.jpg
いつも通り格下との親善試合で士気を高めつつ、その勢いでコミュニティシールドにも勝利。
好調を維持して連覇は達成できるでしょうか。


■労働許可について(クリックで拡大)
17ox20workpermit_s.jpg
労働許可が下りる基準がよくわからなかったのですが、プレミアリーグの大会規定に記載されてるんですね。
要約すると代表出場試合数だけでなく、獲得時の移籍金と給料が高いほど労働許可がおりやすいみたいです。
自由移籍だと労働許可下りなかったりするのはこのあたりが原因な様子。
契約更新については代表出場試合数だけらしいので、とにかくレンタルで成長させて代表に定着させるしかなさそう。
運悪くランクが51位以下になった国出身の選手については、50位以内に上がるまで待つか他の国籍を取得させるしかないかも。


つづく



スポンサーサイト

コメントフォーム


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。