2014-09-17      2014 Oxford 17-18 シーズン~まとめ

■世界の移籍情報(8月)
14ox1708wt_s.jpg

14ox1708wt1.jpg 14ox1708wt2.jpg 14ox1708wt3.jpg 14ox1708wt4.jpg 14ox1708wt5.jpg

14ox1708wt6.jpg 14ox1708wt7.jpg 14ox1708wt8.jpg 14ox1708wt9.jpg 14ox1708wt10.jpg
スペランカーPatoがヨーロッパに再上陸。まさかR. Madridが獲得に乗り出すとは。
Man Utdが割とガッツリ補強してます。その他のイングランド勢もお金持ってるのでやっぱり元気ですね。



■光陰矢のごとし
14ox1708-1712sche.jpg
サクサク進めてみたところ初参戦のチャンピオンズリーグも含め無敗で前半戦を乗り切る。
フォルスナイン+両ウイングのサイドアタックが猛威を振るっております。
積極的に試合をコントロールして主導権を握るので守備も堅い。


■止められない止まらない
14ox171101n5.jpg


14ox171219n.jpg
フォルスナインとしてチャンスメイクでもゴールでも結果を出すAgnewDa Col
たまにハットトリックかましたりしてその勢いにびっくりする。後半戦もまったく衰えなかったのがアレ。


■新鮮味に欠ける年間表彰
14ox180101n.jpg
14ox180101bdo1_s.jpg14ox180101bdo2_s.jpg14ox180101bdo3_s.jpg


14ox180101n2.jpg
はいはいメッシメッシ。1位から3位までまったく一緒だとテンション下がるから困る。


14ox180101n3.jpg
その他の表彰では新加入のCorchiaが世界年間ベストイレブンのサブメンバーに選出。
前所属クラブでの活躍も含まれてるので喜んでいいのかちょっとよくわからない。


14ox180101n4.jpg


14ox180101n5.jpg
チーム唯一の日本人、大谷はアジア年間最優秀選手とアジア オールスターイレブンに輝きました。
控え組で起用してますが、自慢のスピードを武器に思ったより活躍してくれてホクホク。
数シーズン我慢すればレギュラー組で起用できる可能性も。


14ox180101n7.jpg
大谷とポジション争いをするLacazetteはフランス年間最優秀選手を受賞。
VaranePogbaを抑えての受賞はなかなかのものな気がする。


14ox180101n6.jpg
ヨーロッパゴールデンボーイは昨年のAgnewに続いてCapが受賞しました。
こうやって見るとウイング勢が好調なのがわかります。


■世界の移籍情報(1月)
14ox1801wt_s.jpg

14ox1801wt1.jpg 14ox1801wt2.jpg 14ox1801wt3.jpg 14ox1801wt4.jpg 14ox1801wt5.jpg

14ox1801wt6.jpg 14ox1801wt7.jpg 14ox1801wt8.jpg 14ox1801wt9.jpg 14ox1801wt10.jpg
高額移籍は相変わらずイングランド勢とドイツ勢が中心。どちらも賞金の高いリーグだからちかたないね。
パッと見て気になるのは前作でお世話になったTachtsidisがイングランドに上陸した事ぐらい。
あとDortmundはいい選手見つけてくるなぁ。


14ox180201n3.jpg
Da Colへのオファーを断った事が移籍まとめに載ってて驚いた。成立した移籍だけ載るのかと思ってました。
一番お金を使ったのはTottenham。そして一番補強したのは名将でお馴染みのGillingham
遅くなりましたがリーグ1残留(リアル)、チャンピオンシップへの昇格(ゲーム)おめでとうございます。


14ox180101n12.jpg
ちなみにOxford関連については移籍リストに載せていたMantomにようやく買い手がつきました。
プレミア所属のAston Villaへの放出でしたが、能力的に通用するのかは疑問。


■クラブ提携のお知らせ
14ox180201n2.jpg
恒例となった傘下クラブに関する会長へのおねだりで、今冬はトルコのBursasporと提携。
徐々に東欧との繋がりが強くなってきた感。いい選手が出現してくれる事を期待します。



■サクサク進んだ結果がこれだよ!
14ox1801-1805sche.jpg
若手の成長によりチーム力が底上げされた結果か、各種タイトル連覇に加えチャンピオンズリーグ決勝でバルサを粉砕。
ほぼ毎試合得点したり、各大会の決勝で圧勝している事からわかるように得点力が半端ない。


14ox180304n5.jpg
中でもDa Colはリーグカップ決勝でもハットトリックをかます活躍振り。
自慢のフィジカルを武器にリーグ戦でもカップ戦でもゴールを量産しました。


14ox180526n5.jpg
一方のAgnewは、今シーズン最終戦のバルサ戦でチーム最低評価点を叩き出すなど好不調の波が目立つ。
Agnew不調時のレギュラー組の活躍は、ウイング勢とチャンスメイカーが支えていた模様。
来シーズンのレギュラーに悩むわぁ。


■私は帰ってきた!
14ox180315n.jpg
話題が前後しますが、シーズン終盤の3月にThe Kassam Stadiumの拡張工事が完了し、ようやく本拠地に帰還。
収容人数は上がったものの、まだ21307人なのでビッグクラブには遠く及ばない。
新スタジアム立ててくれないだろうか。


■次代の守護神
14ox180313n.jpg
3月といえば青田買いにwktkする時期。
我がOxfordにもユース選手が昇格してきましたが、その中に同世代最高という評価の選手が。

・Phil Osborne
14ox17philosborne_s.jpg
ユースに自動昇格してきた地元Oxford出身のゴールキーパー。
将来性はワールドレベルなので、次代の守護神になるのはほぼ間違いない。
問題はそこまでゲームを続けるかだけど(時期的な意味で)、優秀な指導役を獲得して超一流のキーパーに育てあげたい。



14ox180531n.jpg
というわけで5年目のまとめに入ります。大谷大人気!


■イングランド プレミアリーグ 順位表
14ox17-18e_s.jpg
無敗優勝となった今シーズンは、プレミアリーグの最高勝ち点記録を更新。
得失点差が2位Chelseaの倍というのもなかなかアレ。
上位陣は大体いつも通りですが、NorwichAnrsenalを押しのけて6位を確保。Liverpoolも11位に沈んでます。
FAカップでは決勝まで勝ち上がってきたライバルクラブのReadingは最下位であえなく降格。なんかスマンカッタ。


14ox180513n.jpg
ちなみに無敗優勝に関してCorchiaが称賛してくれました。
27歳でベテランと呼ばれる事に違和感。という事は俺も・・・。


■プレミアリーグ 選手データ
14ox17-18data_s.jpg
得点王ゲットだぜ!
やたら好調だったDa Colがプレミアリーグの得点王に。今シーズンは飛びぬけた選手がいなかったのがアレ。
対照的にアシストランクには誰も入らず。だいぶアシストが分散してたのかもしれない。


14ox180514n.jpg
14ox180514fwa_s.jpg


14ox180514n2.jpg
14ox180514pfa_s.jpg
FWA年間最優秀選手とPFA年間最優秀選手は、今年もEriksenHazardが受賞。
なんとなくだけど2列目の選手が選ばれやすいような気がする。というかこの二人が選ばれやすい気がする。


14ox180514n3.jpg
14ox180514ts1_s.jpg14ox180514ts2_s.jpg14ox180514ts3_s.jpg
ターンオーバー制で出番が限られているにも拘らずよく得点王をとってくれたもんだ。
まぁそのせいでメガクラブから興味を注目されるようになっちまったがな!やったなこのやろう!


14ox180514n4.jpg
14ox180514pfa1_s.jpg14ox180514pfa2_s.jpg14ox180514pfa3_s.jpg
PFA年間最優秀若手選手はガナーズのChamberlainが受賞。
うちのクラブからは誰もノミネートされなかったので出場試合数とかも関係してるんでしょうか。
そのうちまた奪い取りたいタイトルである。


14ox180514n5.jpg
14ox180514gg1_s.jpg14ox180514gg2_s.jpg14ox180514gg3_s.jpg
ゴールデングローブは2年連続でBardiが受賞。
基本的にキーパーはリーグ戦とカップ戦で使い分けるので、今年も全試合フル出場でした。
他二人の成績を見るに大体どこも同じらしい。


14ox180514n7.jpg
年間ベストイレブンには個人タイトルを受賞した二人がOxfordから選ばれました。
今シーズンは色々なチームから選ばれていてなかなかカラフル。以外と戦力自体は拮抗しているのかもしれない。


14ox180514n6.jpg
ついでに年間最優秀監督も受賞。
チームの評価が上がってきたのでそろそろ受賞が厳しくなってくるタイトル。
まぁ選手が評価されればそれで良かったりするんですけどねー。


■UEFA チャンピオンズリーグ レビュー
14ox180526n6.jpg
チャンピオンズリーグの方はBalotelliが得点王、Messiがアシスト王に輝く。
たぶん二人のホットラインで得点を量産したんでしょう。決勝は不発に終わって助かった。


14ox180528n.jpg
ベストイレブンは決勝を戦った選手達がほぼ独占。
うちのNordstadが中盤なのはそこで起用してるからとして、Messiはなぜ中盤に?
唯一2チーム以外から選ばれたキーパーのMandandaはどんなパフォーマンスを見せたんだろう。


14ox180526n3.jpg
ちなみに今シーズンはクラブ創立125周年だったらしく、理事会大喜びでした。
節目の年には何かしらのタイトルを取れるように頑張りたいですな。


■個人成績
14ox17-18resu.jpg
チーム内得点王は案の定Da Colで30ゴールを超える大活躍。
調子の波はありつつもAgnewもしっかり20ゴール超え。そして揃って二桁得点をあげたウイング勢半端ない。
Nordstadも二桁ゴールをあげていますが、こちらはPKで得点稼いでました。
アシスト王は右ウイングのLacazette。他を見るとやはり前線の選手が鍵になっているのがわかる。
Jamesはスタメン出場なしで完全にスーパーサブになってしまいました。来シーズンはそもそも出番がない可能性も。



■スペイン リーガエスパニョーラ
14ox17-18s_s.jpg
スペインではR.Madridが5連覇達成。得失点差で2位だったバルサ涙目。
そしてLevanteに一体何が起こってるのだろうか。


■ドイツ ブンデスリーガ
14ox17-18g_s.jpg
ドイツではFC Bayernが2連覇達成。今シーズンは独走でした。
なぜか最下位で降格しているHSV。優秀な施設持ってるのに勿体ないにゃー。


■イタリア セリエA
14ox17-18i_s.jpg
イタリアでは(ry
Romaがだいぶ安定して好成績を残せるようになってきた印象です。
あといつの間にかセリエAの人気がブンデスリーガを抜いてました。チャンピオンズリーグ出場枠で気づいた。
A.C. Milanがヨーロッパリーグ出場権を獲得している理由は後述。ちなみに現在監督は解任されて空席の模様。


■フランス リーグ1
14ox17-18f_s.jpg
フラ(ry
このワンツーフィニッシュも5年目に突入しました。いつになったら牙城は崩れるんでしょうか。


■UEFA チャンピオンズリーグ
14ox17-18ecl.jpg
チャンピオンズリーグは前述の通り、我がOxfordが優勝。
R. Madrid戦あたりが一番苦しかったけど後はサクサク勝ち進みました。
準決勝までの成績を見るとバルサの得点力も脅威だったらしい。決勝はたまたま調子が悪かったのか?
ドイツ勢がいまいち不調だなぁ。


■UEFA ヨーロッパリーグ
14ox17-18el.jpg
ヨーロッパリーグはA.C. Milanが制覇。このおかげで来シーズンの出場権も獲得したようです。
Romaも準決勝まで勝ちあがってたんですが、AS Monaco FCに立ちふさがれて敗退。
こっちはイングランド勢がイマイチだなぁ。



■来シーズンに向けて
勢いにまかせてチャンピオンズリーグも制覇できたので、次の目標はクラブワールドカップ。
他の大会も勝ち進むと終盤戦の日程がえらいことになりそうな予感。
青田買いも進み補強ポイントも特にないので、いい選手がいたら引き続き入れ替えていく流れ。
ワンダーボーイのレンタル屋としても名を上げていきたいですぅ。


つづく



スポンサーサイト

コメントフォーム


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック