--------      スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2014-04-15      2014 Oxford 16-17 その1 August - December

■世界の移籍情報&高額移籍選手トップ10(8月)
14ox1608wt_s.jpg

14ox1608wt1.jpg 14ox1608wt2.jpg 14ox1608wt3.jpg 14ox1608wt4.jpg 14ox1608wt5.jpg

14ox1608wt6.jpg 14ox1608wt7.jpg 14ox1608wt8.jpg 14ox1608wt9.jpg 14ox1608wt10.jpg
意外といい値段の移籍が多かった8月。
MuniainZoumaなどお馴染みの有力選手がどんどん買われていくー。
そして日本人選手では高徳がFC BayernからJuventusへ移籍。本当評価高いよなぁ。
移籍まとめニュースはスクショ撮り忘れたので割愛。



■前半戦試合結果
14ox1608-12sche.jpg
降格候補という下馬評なんてなんのその、粘り強い守備を中心に無敗という安定した成績を収める事に成功。
今作では初挑戦となったヨーロッパリーグでも組み合わせに恵まれ、グループリーグを全勝で通過。
要因はどうやら新戦力の加入と既存戦力の成長で、単純にチーム力がアップした事みたいです。
特にレギュラー陣の能力だけなら十分に上位半分の順位を狙えるレベル。
流石に無敗でシーズン終えるのは難しいと思うけどこのまま好調をキープしてもらいたいですな。
それでは前半戦の主な出来事を見ていきましょうか。


■はっちゃけ新戦力 (2016/8/7)

シーズンの開幕戦となったコミュニティーシールドではArsenal相手に新戦力が躍動。
ミドルシュートで先制されるも前半のうちに追いつき、後半には逆転に成功。
LacazetteAlbertoの新戦力がゴールを決め、負けじとエースAgnewもダメ押し弾を決めました。


14ox160807s_s.jpg
しかし試合自体は両チームから退場者を出すという荒れた内容に。
Oxfordでのデビュー戦となった右サイドバックDja Djédjéもイエロー2枚であっさり退場。
残り数分だったのでなんとか粘ってほしかったのだが。


14ox160807n6.jpg
悪い事した子にはオシオキをね!という訳でデビュー戦だろうが新戦力だろうが関係なくしっかり警告を与える。
素直に了承してくれたし能力も高いんだけど、もしかしたらカードコレクターなのかもしれない。
左のDesmondもコレクターだから、もしそうだとしたらちょっと厄介だなぁ。


14ox160807n5.jpg
対してデビュー戦ゴールを決めたLacazetteはすぐにサポーターの心を掴んだ様子。
Albertoもゴール決めたんですが一人しかメインの話題にならないのはどうにかなりませんかねぇ。
それにしても改めて見ると新戦力多すぎワラタ。


14ox160807n4.jpg
まぁマンオブザマッチはAgnewだったんですけどね!ヒューッ!


■親の心子知らず (16/8/8, 16/8/13)
14ox160808n.jpg
順調に移籍交渉が進んでいた余剰人員のRodriguesが、契約の段階になってオファーを拒絶。
気づいて!今の週給は€140よ!これ以上侮辱的なオファーってどんなものなの?
そもそも移籍オファーが来た事自体が奇跡だったのでその後は当然のように買い手は現れず。
仕方がないので移籍期間終了ギリギリにフットボールリーグ1所属のDoncasterへと期限付移籍で旅立っていきました。
おそらくそのまま契約終了まで戻ってくる事はないでしょう。じゃあの。


14ox160813n.jpg
一方、よく考えると出番がなさそうという事で急遽期限付移籍先を探してみたElvestadはあっさりとその提案を了承。
Rodriguesの件の直後だったので大人な対応にちょっと感激。なんていい奴なんだ。
レンタル先はチャンピオンシップ所属のMiddlesbroughでキープレイヤー待遇なので大暴れしてきてくれる事でしょう。
緊急時には呼び戻すかもしれないがな!


■クラブの投資はまず石に (16/8/12, 16/8/24、16/9/19)
14ox160812n.jpg
理事会主導だったりお願いしたりしていた各施設の増強が順調に進行。
まずは8月12日にユース施設の増強が完了して平均的なユース施設になりました。ようやく平均的か……。


14ox160824n.jpg
続いては8月24日、スタジアム拡張工事が完了し収容人数が14205人まで増加。
でも拡張にお金使うなら新スタジアム建設のために残しておいた方が良かったんじゃないでしょうか。
会長?ねぇ聞いてる?会長?


14ox160919n.jpg
最後は9月19日、トレーニング施設が特に優れたトレーニング施設にレベルアップ。
これでますます若手の育成が捗ること請け合い。俺、もっと選手達が満足できる環境を整えてやるんだ。


■いざ、欧州の舞台へ (16/8/26)
14ox160826gro_s.jpg
比較的楽なグループに入れたヨーロッパリーグの抽選結果がこちら。
全体的に上手くバラけたようでどのグループもバランスが良い感じになりました。
とりあえずA.C. Milanとは同じグループじゃなくて良かったと思います。
後から確認したら案の定全勝で突破してたんですもの。おおこわいこわい。


■代表デデデビュー (2016/9/3 - 2016/9/7)
14ox160903n.jpg


14ox160907n.jpg


14ox160907n2.jpg
9月序盤の代表ウィークでトップチームの3名がA代表を飾りました。
代表選手が増えてきたのはチーム力が底上げされた証拠でもあるので嬉しい限り。
まぁ定着するかどうかは別問題なんですが、皆若いのでそのうち定着するでしょう。
尚、契約時の条項のせいでCapだけ給料が上がっちゃったのは他のメンバーには内緒だ。


■圧倒的じゃないか我が軍は (2016/10/1)
14ox161001n.jpg
14ox161001a.jpg
好調だった9月は月間最優秀若手選手の上位を独占。
中でもAgnewは獅子奮迅の大活躍。エースの肩書きは伊達じゃないのよ。
新加入のNordstadもすんなりフィットして活躍してくれてます。
チーム全体がまだまだ成長すると思うと楽しみで仕方ないわぁ。


■初ゴールおめ (2016/10/13)
14ox161013n.jpg
エースとしてチームを牽引するAgnewが10月に入り、韓国との親善試合で代表初ゴールを記録。
主に控えとして起用されてるみたいで、この試合でも途中出場で結果を出したみたいです。
競争は激しいみたいですがそのうち代表でもエースに上り詰めてくれるでしょう。がんばれ。蝶がんばれ。


■すいません普通に出番ありました (2016/10/23, 2016/10/25)
14ox161023n2.jpg


14ox161025n2.jpg
出番がないかもと今季は紹介を省いたユースチームの選手ですが、普通にデビューさせちゃいました。
なにしろ中1日とかいう訳のわからない日程だったもんで。まぁ若手大好きというのも理由なんですけども。
ちなみにJohnsonは年明けにまた少し出番がやってきそうです。来季には能力紹介するようにします。


■もう200試合目か (2016/10/29)
14ox161028n.jpg
4年目にして早くも200試合目に到達。
バイオグラフィーが紹介されてますが平均年齢20歳とか正気じゃないと思いましたね、ええ。
ただたまにイングランド人じゃなくてフランス人取りすぎだ!とも批判されるので困ったもんです。
尚、記念すべきメモリアルマッチの相手はArsenalの模様。うちだけじゃなかった!


14ox161029n.jpg
注目の試合でしたが実にしょっぱいスコアレスドローという結果に終わりました。
アウェーだったためか劣勢の時間が多く、好セーブを見せたBardiがなんとか凌いでくれた形。
キーパーがマンオブザマッチに選ばれるのは割と珍しいので、これはこれでいいかと思ったり。


■やっちまったな (2016/11/3)
14ox161103n.jpg
ヨーロッパリーグのグループステージ第4試合となったアウェーでのCeltic戦。
ほぼ互角の試合内容でしたが、序盤にあげた先制点を守りきって辛勝。
残り10分で相手に退場者が出た事も追い風になりました。


14ox161103n2.jpg
しかし試合後、露骨なファウルが見落とされCleticにPKが与えられなかったと相手監督が激おこ。
ファウルを受けたのがその後退場したShottonだけに、審判の判定がゲームを壊したと判断したのでしょう。
わかるよ。その気持ち凄くわかる。


14ox161103s.jpg
まぁ気のせいだったんですけどね。


14ox161104n.jpg
翌日、予想通り主催者から警告を受けるLennon監督。まぁ仕方ない。
振り返ってる今になって気づいたけど、そういえばCelticユース出身なのにAgnewは試合に出さなかったなぁ。
降格回避のためにリーグ戦を優先してたからなんですが、その後Celticもグループステージ突破したので、
決勝トーナメントで対戦する機会があったら出してみるのもいいかもしれない。


■ぶるうたす、おまえもか (2016/11/6, 2016/12/10, 2016/12/26)
14ox161106n3.jpg
新加入のDja Djédjéが11月6日のChelsea戦でシーズン5枚目のイエローを食らい、1試合の出場停止が決定。
コミュニティシールドで懸念していた通り、割と血の気が多いタイプだったようです。
これだからカードコレクターは困るのう。


14ox161210n2.jpg


14ox161226n3.jpg
前半戦ではその後12月10日のStoke戦でDuncanが、同26日のSwansea戦でDesmondが5枚目のイエローゲット。
同ポジションの他のメンバーは問題ないので、どうやら冷静さとマスクデータの影響が出ているらしい。
あんまりカードが多いと退場する危険性も高まるので、使いづらくなってくるなぁ。


■逆転劇はいいものだ (2016/11/19)
14ox161119n.jpg
リーグ戦12節のMan City戦では戦術変更により逆転勝利に成功しました。



開始20分で2点のリードを許しましたが、すぐに4-2-3-1へと変更しCapのゴールで1点返す。
後半に入ってからはエースAgnewが2ゴールをあげて見事に逆転。
ここまであまり使ってなかった4-2-3-1ですが上手くかみ合ってくれました。
でも守備陣の足が速くない現状では、できるだけ4-1-2-2-1で乗り切りたいものですね。


■あれは…James!? (2016/11/24, 2016/11/27)
14ox161124n2.jpg
ヨーロッパリーグのグループステージ第5戦、PSV戦にて久々のスタメン出場となったJamesが2ゴールをあげる大活躍。
見事にマンオブザマッチに選ばれました。



2点ともスルーパスに抜け出してファーサイドに流し込むという形で上手くゴールをゲット。
今シーズンはもっぱらウイングでの出場がメインになってます。そんなレジェンドの活躍はこれで終わらず・・・



お次のCardiff戦でも途中出場から2ゴールを決めて勝利に貢献。
Agnewのアシストもなかなか秀逸である。新旧のエースが活躍するのは胸が熱くなるな。
引退まで面倒見れたらいいなぁ。


■これがワンダーボーイの力か (2016/12/1)
14ox161201n.jpg


14ox161201n2.jpg
リーグ戦が少なかった11月はAgnewCapのワンダーボーイ二人が月間賞をダブル受賞。
3試合中計5得点と圧倒的な存在感を見せています。マジ頼りになるわぁ。
この様子だとどちらかはアシスト王とか狙えるかもしれません。尚、得点王はLewandowskiの壁が厚く、厳しい模様。


■ヒヤヒヤさせやがって (2016/12/14)
14ox161214n.jpg
降格候補Bristol Cityとの対戦となったリーグカップ準々決勝は予想外の大苦戦。
PK戦までもつれこみましたが辛くも勝利しました。
原因は左サイドバックDoyleの退場。直後のフリーキックで同点に追いつかれたため、負けてたら間違いなく戦犯でした。


14ox161214n2.jpg
2枚目のイエローによる退場だったので出場停止も1試合だったんですが、どうも今回のOxfordはやたらカードが多い印象。
危なそうな選手は早めに代える手もあるけど、何人もイエローもらってたりするとどうしようもない訳で。
まぁ無事に勝ちあがれただけ結果オーライなんですけどね。


■どうやら新理事会にも認められたみたいです (2016/12/15)
14ox161215n2.jpg
契約期間が残り1年半になろうという12月中盤、唐突に理事会から契約更新交渉を提案されました。
特に催促もしてなかったんですが、どっちみち他のクラブで監督する予定はないので現在のビジョンについて話し合う事に。


14ox161215p.jpg
契約の際にこうやって色々と要望できるのはなかなか楽しいですね。
内容によっては断られたりもしますが、それはそれで四苦八苦できて面白い。


14ox161215n3.jpg
とりあえず各予算の微増とポリシーの削除、傘下クラブの探索を要望してみました。
傘下クラブの要望を受け入れてくれたのはちょっとしたサプライズ。
ところで、ちょっと給料が高いような気がするんですよねぇ。


14ox161215n4.jpg
というわけで選択できる最低の賃金で契約更新完了。
週給€325から€5.25Kへと一気に上昇し、控え選手よりは高い給料になりました。


14ox161215n5.jpg
新会長も大歓喜。


14ox161215n6.jpg
ちなみに傘下クラブは特にリクエストも出来なかったため、勝手に探してくれるようです。
一体どんなクラブを探してきてくれるんでしょうか。いいところをお願いします。


■え、もう見つかったんですか (2016/12/27)
14ox161227n.jpg
お願いしてから2週間も経たず、傘下クラブ候補を探し出してくれた新理事会。なんと仕事が速い。
イングランドの下部クラブやらマリナーズの本拠地やらが並ぶなか、見慣れない名前が一つ。


14ox161227d.jpg
!!?


14ox161227n2.jpg
リクエストなしなのに労働許可回避のためのクラブを見つけてくる新理事会蝶GJ!
よくよく調べてみるとリアルで13-14シーズンのヨーロッパリーグに出場しているCS Pandurii Târgu jiuだったらしい。
施設は微妙だけどそんな事はどうでもいい。EU圏外選手が自由に獲得できるだけで万々歳である。
よーしパパまた青田買いしちゃうぞー!



■前半戦終了時の順位表
14ox1612league_s.jpg
Man Cityと同勝ち点で堂々の2位である。この調子なら最低でもチャンピオンズリーグ出場権が獲得できそうな予感。
運が良ければこのまま優勝争いを繰り広げられそうですがそんなに上手くいくわけありませんよね。
上位半分はお馴染みのクラブが多いもののLiverpoolの調子が微妙ですなぁ。


■現在の戦術
14ox1612tac_s.jpg
戦術の方は昨シーズンからちょっと変更して2013まで使ってたような形に戻ったのがアレ。

・両ウイングをインサイドフォワードに変更
中に切れ込む事でワントップと中盤に近い位置でプレイするので、パスで崩すシーンがよく見られるようになりました。
サイドバックが上がるスペースが出来るのも○。

・チャンスメイカーをサポートタスクに
チャンスメイカーをサポートタスクに戻す事で、中盤のトライアングルを維持させるようにしました。
個人的にはこのサポートタスク同士のチャンスメイカー+センターミッドフィルダーの組み合わせが好きです。
チャンスメイカーはドリブルで、センターミッドフィルダーは前線への飛び出しで時折攻撃にアクセントを加えてくれます。
4-1-2-2-1だとやはり中盤のトライアングルが重要ですね。

・チーム指示のサイド突破を削除
ピッチを満遍なく使って攻めるため、サイド突破の指示を削除しました。
両ウイングの役割変更もあり、センターラインを中心としたパス交換から相手を崩すシーンが増えてます。
おかげでAgnewが水を得た魚のように大活躍中。

・スイーパーキーパーからゴールキーパーに変更
新守護神Bardiの能力を鑑みてキーパーの役割を変更。
アップデートの影響もあるのか、わけわかんない挙動がかなり減りました。
でもチーム力が上がったらそのうちスイーパーキーパーに戻したいなぁ。


■FIFA クラブワールドカップ 2016
14ox1612cwc.jpg
クラブワールドカップはヨーロッパ勢のR. Madridが優勝。
決勝の相手は南米勢のFluminenseではなく、なぜかサウジアラビアのAl-Nassrでした。
誰か有名な選手でもいるかなぁと覗いてみたところ───


14ox1612kawashima_s.jpg
なにやってんすかカワシマさん。


14ox1612kawashima2_s.jpg
どうやらゲーム開始半年後ぐらいに出番欲しさで移籍していたらしい。
まさかこんなところで顔を見る事になるとは思わなかった。
1年後には契約が切れるみたいですが、その後はどこに行くんでしょうか。
ボールキャッチ☆カワシマの移籍先にご期待ください。


つづく


スポンサーサイト

コメントフォーム


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。