--------      スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2014-01-04      2014 Oxford 15-16 オフ

■神様仏様スポンサー様
14ox150531n.jpg
昇格によりスポンサー収入は約2.5倍に。
また1年契約ばかりだけど、上手くプレミアに上がれるだろうか。

■人を育てるにはまず環境から
14ox150510n2.jpg
例の如く理事会にトレーニング施設の増強をお願い。
ちなみにユーストレーニング施設はお金なくて無理でした。ちかたないね。


■これがモテ期というやつか
14ox150516n.jpg


14ox150526n.jpg


14ox150605n.jpg


14ox150704n.jpg
プレミア所属のCardiff含めてあちこちのクラブからオファーが届くようになりました。
だがしばらくOxfordを去る予定はない。というわけでまたの機会をお待ちしております。



■ファンが選ぶ年間最優秀選手
14ox150625n.jpg
ファンが選ぶ年間最優秀選手にはレンタル戦士のRallsが選ばれました。
何気にレンタルで借りた選手が選ばれたのは初めてな気がする。
お金があれば移籍オファー出せるんだけどなぁ。


■14-15シーズンベストイレブン (画像クリックで詳細表示)
14ox150625n2.jpg
シーズンベストイレブンの発表ではJamesが特に評価されてました。
控え組だったAgnewBownがスタメンに選ばれてるのもちょっと嬉しい。
ただし相変わらず中盤の配置がめちゃくちゃだから困る。


■歴代ベストイレブン
14ox150625n3.jpg
歴代ベストイレブンには新たに5人が選出される。
といいますが、期限付移籍の選手でも普通に選ばれるんですね。おいたん初めて知ったよ。
しばらく主力になりそうな選手達ばかりなので引き続きの活躍に期待したい。


■ここに3つのシーズン目標があるじゃろ
14ox150625n4.jpg
今シーズンのチーム力は中位に入れるレベルらしい。
でも過去作だと降格回避とかで普通に優勝できたりしてたのでどうなるかはわからない。


■移籍まとめ
14ox1508tran_s.jpg
人件費削減のためにレンタルに出していた初期メンバーはそのまま契約切れで放出。
CrocombeRyanさんは興味を持たれていたところを逆オファーかけてみたら買い手がつきました。
それにしてもTottenhamRyanさんを欲しがるとは思わなかった。グッドラックRyanさん。
衰えが激しくなってきたKitsonは人件費削減のためレンタル放出。歳が歳だけにそろそろ厳しい。

獲得は引き続き将来性豊かな若手ばかり。
調子に乗って獲得しすぎたせいで赤字になったけど、そこはまぁちかたないね。



■トップチーム選手紹介
というわけで3年目を一緒に戦う選手達をご紹介。
引き続きレンタルも活用してます。

・Sam Walker
14ox15samwalker_s.jpg
昨シーズン途中に獲得して控えとして起用していたゴールキーパー。
Ryanさんのプレミア挑戦により、今シーズンからはレギュラーとして起用する事に決定。
リーグ戦はフル出場してもらうつもりだけどGKスキルが少し低いのが心配。

・Luke Fleming ☆昇格!
14ox15lukefleming_s.jpg
初年度にウェールズのセミプロクラブWest Endから自由移籍で獲得して育成していた若手ゴールキーパー。
昨シーズン後半はカンファレンスプレミアのDartfordにレンタルしてたんですが、そこそこ活躍してたらしい。
とはいえ能力はまだリーグ2レベルなのでカップ戦を中心に起用予定。

・Thomas Jacq
14ox15thomasjacq_s.jpg
順調に成長を重ねてチャンピオンシップでも通用するレベルになったフランス出身の熱血センターバック。
若干足が遅いけどそのあたりはポジショニングの良さでカバーしてくれると信じたい。
今シーズンもレギュラーとして起用予定。そろそろ釣り合う相方が欲しい。

・David Stephens
14ox15davidstephens_s.jpg
昨夏に獲得してから主に控えとして起用していたウェールズ代表のセンターバック。
ちょくちょく出場しているらしく、すっかり代表選手といった感じ。
今シーズンはJacqの相方としてレギュラー組で起用予定。でも二人とも足遅いんだよなぁ。

・Jake Wright
14ox15jakewright_s.jpg
Oxfordが誇るいい男。今シーズンから副キャプテンを担当するセンターバック。
元々のキャプテンだったので統率力に期待してみたいところ。
今シーズンは控え組で起用予定なので、若手をしっかり引っ張っていってもらいたい。

・Johan Kouoh
14ox15johankouoh_s.jpg
チーム事情から適正のあるセンターバックで起用している守備的ミッドフィルダー。
今シーズンも引き続き控え組のセンターバックとして起用する事に。すまんな。
足が速いのでカバーリング能力には優れていそう。ただし空中戦や競り合いには強くない。

・Johnny Mullins
14ox15johnnymullins_s.jpg
チーム事情から適正のある右サイドバックとして起用している初期メンバーのセンターバック。
これといった選手が見つからなかったため、今シーズンも引き続きレギュラー組の右サイドバックとして起用予定。
ただ年齢的にベテランの部類に入るので成長には期待できそうにない。

・Nicolas Bernard-Moulin
14ox15nicolasbernard-moulin_s.jpg
昨シーズンはリザーブ暮らしながらちょくちょく途中交代やカップ戦で起用していた右サイドバック。
相変わらず足が速いだけのアスリートだけど、他に良い選手もいないので今シーズンはまた控えとして起用する事に。
ただしユースで右サイドバックを練習させてる選手がいるので、状況次第ではまたリザーブ行きかもしれない。

・Lee Desmond
14ox15leedesmond_s.jpg
血の気が多くやたらとカードをもらいやすい左サイドバック。
能力はチャンピオンシップで通用するレベルなので、そこさえ治ってくれれば言う事ないのに。
今シーズンも引き続き左サイドバックのレギュラーとして起用予定。だがパフォーマンス次第ではどうなるかわからない。

・Kyle Doyle ☆昇格!
14ox15kyledoyle_s.jpg
冬にオーストラリアのSouth Melbourneから移籍金€450Kで獲得して育ててた攻撃的左サイドバック。
U19代表に召集された事により国籍が出身地のオーストラリアから第2国籍だったイングランドに変化。
左サイドバックの控えとして起用予定だけど、代表戦の疲れが残ってるのでしばらくは大事に使う必要あり。

・Boris Nkoa
14ox15borisnkoa_s.jpg
Oxfordで一番カードを集めるのが大好きな守備的ミッドフィルダー。
有望な選手がいるポジションだからまだマシだけど割と本気で出場停止が多くなる点をなんとかしたい。
今シーズンもひとまずはアンカーのレギュラーとして起用予定。ボールゲッターとかの方がいいのか?

・Yannis Takerboucht
14ox15yannistakerboucht_s.jpg
昨夏に獲得してから控えとして起用している守備的ミッドフィルダー。
センターバックや右サイドバックにも適正があるので交代要員としてもかなり便利なのがアレ。
今シーズンも控え組のアンカーとして起用予定。もうちょい能力伸びてほしい。

・Jürgen Lang
14ox15jurgenlang_s.jpg
ビッグクラブから興味を持たれてるせいでいつ出て行っちゃうかヒヤヒヤしているミッドフィルダー。
実際にオファーも届いたけど提示額を最大にして突っぱね、厄介払い中。
昨シーズン中盤に契約更新したので今シーズンはチャンスメイカーのレギュラーとして起用予定。

・Sam Mantom
14ox15sammantom_s.jpg
昨夏にボスマンで獲得してからレギュラーとして起用しているミッドフィルダー。
チャンピオンシップでも通用するレベルだけどどうやら伸び代はあまりないらしい。
今シーズンも引き続きセンターハーフのレギュラーとして起用予定。尚、現在Bown兄を指導中。

・Joe Ralls ☆レンタル加入!
14ox15joeralls_s.jpg
昨シーズンのファンが選ぶ年間最優秀選手に選ばれたCardiffからお借りしているミッドフィルダー。
よく活躍してくれたのと国内育成枠の選手を確保するためにレンタル期間を1年延長してもらいました。
今シーズンは一旦チャンスメイカーの控えとして起用予定。ただしLangが頼りなければレギュラーの可能性も。

・Adam Bown
14ox15adambown_s.jpg
無職だったところを保護してから控えとして育てている有望なミッドフィルダー。
順調に成長してきたため今シーズンも引き続きセンターハーフの控えとして起用予定。
ただDoyleと同じく代表戦の疲れが残っているのでしばらく休ませる必要があるかも。

・Lloyd Isgrove ☆レンタル加入!
14ox15lloydisgrove_s.jpg
Southamptonからお借りしたウェールズ出身のウイング。
本職は左サイドだけど熟達レベルでこなせる右ウイングの控えとして獲得。
対抗相手がJamesなので状況次第ではレギュラーを奪い取る可能性もあるかも。

・Josef Cap ☆新加入!
14ox15josefcap_s.jpg
チェコのSlavia Pragueから移籍金€1Mで獲得した左ウイング。
今シーズンの補強の目玉ですがこちらも代表戦の疲れが残っているから本当に困る。
少し休ませた後は左ウイングのレギュラーとして起用予定。もっと日程に余裕あればよかったのになぁ。

・Ryan Christie ☆レンタル加入!
14ox15ryanchristie_s.jpg
Hullからお借りしたスコットランド出身の若手ミッドフィルダー。
サイドハーフが本職でセンターハーフもこなせるあたり交代要員としても使いやすそう。
一旦は左ウイングの控えとして起用して様子を見てみます。

・Allan Agnew
14ox15allanagnew_s.jpg
Oxfordの次代を担うスコットランド出身の熱血ストライカー。
FW陣の中で能力は一番高いけど18歳になるまでは引き続き控えとして起用する予定。
案の定メガクラブから興味を示されてるので引き抜かれないように気をつけたい。

・Salvatore Foti
14ox15salvatorefoti_s.jpg
昨シーズンは電柱トリオの左側を担当したイタリアン電柱ストライカー。
地味に成長したのと本職のウイングが獲得できたため今シーズンはワントップとして起用する事に決定。
Agnewの契約更新まではレギュラーの予定だけど活躍次第ではその後もチャンスはあるかも。

・James Constable
14ox15jamesconstable_s.jpg
Oxfordのマスコットにして色々と欠かせない存在である電柱ストライカー。
ベテランになってきたためか空中能力が下がってその分メンタルと攻撃力が伸びたのが少し不思議である。
今シーズンも引き続き右ウイングのレギュラーとして起用予定。鋭い飛び出しに期待なのれす。


■リザーブチーム
続いては現在リザーブチームに残っている選手をご紹介。
なかなか買い手がつかない。

・Kostas Bantounas
14ox15kostasbantounas_s.jpg
初年度に獲得してからじっくり育成しているギリシャ出身の若手センターバック。
昨シーズンはレンタルに出してたけど今シーズンはトップチームの控えとしてカップ戦で出番を与えてみる予定。

・Alfie Potter
14ox15alfiepotter_s.jpg
昨シーズンはそれなりの活躍を見せたものの、将来性と契約期間の関係から移籍リスト入りしたウイング。
しかし期限付移籍のオファーを出しても全然引き取り先が見つからない。これは下手したら飼い殺しコースか。

・Ómar Ingi Daviðsson
14ox15omaringidavidsson_s.jpg
体を張ったネタを得意とする若手ミッドフィルダー。
出番がまったくなさそうなので期限付移籍の受け入れ先を探してます。6部のクラブへのレンタルが濃厚。

・Dimitri Milon
14ox15dimitrimilon_s.jpg
FW陣が充実してきた事によりはじき出される形で移籍リスト入りしたストライカー。
契約期間が残っているためかどこも興味を示してくれないのが悲しい。果たしてMilonの行く末はどうなるのか。


■ユースチーム
最後にユースチームの中で出番がありそうな選手をご紹介。
どの選手もそのうちトップチームに定着しそう。

・Fredrik Elvestad
14ox15fredrikelvestad_s.jpg
冬にノルウェーのSarpsborgから€5.25Kで獲得した攻撃的左サイドバック。
現在はチーム事情から右サイドバックのポジションを練習中。18歳になって契約更新したらトップチームに合流させるかも。

・Ian Wilde
14ox15ianwilde_s.jpg
昨夏にカンファレンスプレミアのCambridgeから€37Kで獲得した疲れ知らずの守備的ミッドフィルダー。
身体能力の低さを他の部分でカバーする特徴ある選手。こちらもちょくちょく出番を与える可能性が高い。

・David
14ox15david_s.jpg
昨夏にポルトガルのEstrela Amadoraから€82Kで獲得した有望なミッドフィルダー。
何気にクラブ最年少得点記録を持つ。カップ戦などではチャンスメイカーとして起用するかも。

・Marcus Mäkelä
14ox15marcusmakela_s.jpg
冬にフィンランドのHJKから€475というはした金で獲得したウイング。
両サイドを天性レベルでこなせるので非常に使い勝手がよさそう。でも利き足は右のみなんだよなぁ。

・Matteo Da Col
14ox15matteodacol_s.jpg
昨夏にイタリアのRenato Curi Angolanaから€10.75Kで獲得した有望なストライカー。
メディアからは次代のChristian Vieriと期待されている。来シーズンにはトップチームに定着しそうです。

・Sylvan Phillips
14ox15sylvanphillips_s.jpg
Wildeと同じく昨夏にカンファレンスプレミアのCambridgeから€40Kで獲得した有望なストライカー。
ただし現時点では足が速いだけのアスリートである。早いところ技術面が伸びてくれないかのう。


■人件費
14ox1508pay.jpg
昇給が重なった事により昨シーズンに比べて人件費は12Kほど上昇。
その分収支も増えてるのできっとなんとかなると信じたい。
移籍予算はガッポリ残ってますが、よっぽど良い選手じゃない限りはなかなか使いづらいのが本音。
即戦力かつ将来性が高い選手なんてのは流石に転がってませんよね。


■財務状態
14ox1508fina_s.jpg
開幕戦当日時点での財務状態がこちら。
昨シーズンの利益が赤字になってますが施設投資しなければ普通に黒字でした。グラウンド整備費も結構かかったかも。
今シーズンはスポンサー料に加えてシーズンチケットの収入がかなり増えてます。やっぱりファンって大事。
純負債は順調に減ってるのでプレミア上がる頃にはきっと返済できているでしょう。



■世界の移籍情報&高額移籍選手トップ10(6月)
14ox1506wt_s.jpg

14ox1506wt1.jpg 14ox1506wt2.jpg 14ox1506wt3.jpg 14ox1506wt4.jpg 14ox1506wt5.jpg

14ox1506wt6.jpg 14ox1506wt7.jpg 14ox1506wt8.jpg 14ox1506wt9.jpg 14ox1506wt10.jpg
イングランド勢に混ざってフランスのAS Monaco FCが大きな買い物に勤しむ。
なんでこんなにお金あるの?馬鹿なの?あとFlorenziが引き抜かれちゃってRomaはどうなるの?


■世界の移籍情報&高額移籍選手トップ10(7月)
14ox1507wt_s.jpg

14ox1507wt1.jpg 14ox1507wt2.jpg 14ox1507wt3.jpg 14ox1507wt4.jpg 14ox1507wt5.jpg

14ox1507wt6.jpg 14ox1507wt7.jpg 14ox1507wt8.jpg 14ox1507wt9.jpg 14ox1507wt10.jpg
規律を重んじるBarcelonaBalotelli加入は、かつてのズラタンを思い出す。
各国のメガクラブに混ざって引き続き大きな買い物を続けているAS Monaco FC
逆にPSGはあまり大きな動きはない。イタリア王者Juventusも動きが少ないのが気になる。



■プレシーズン試合結果
14ox1507sche.jpg
小遣い稼ぎのために組んだプレミア所属クラブとの親善試合では意外と好成績を収める。
まぁ相手もメンバー落としてくるからアレなんですけども。
ラスト2戦はいつも通り傘下クラブをフルボッコして士気を上げて〆。さてストレートでの昇格はなるか。


つづく



スポンサーサイト

コメントフォーム


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。