2013-11-30      2014 Oxford 13-14 まとめ

■レジェンドによる賞賛
14ox140526n.jpg
日本語でおk。

■シーズン試合結果
14ox13-14sche.jpg
敗戦はリーグカップとFAカップの2試合のみという素晴らしい結果に。
今作はクロスが強いので前線にでかい選手がいると結構点をとってくれるみたい。
もちろん良質なクロスを上げられる選手がいてこそですけども。
マッチエンジンで他に感じたのは1対1の決定率が低い事、それからミドルシュートはたまに強烈なのが決まります。
以前に比べると直接フリーキックも鋭いゴールが決まる事が多いけど同じ要因か?
このあたりは冬移籍パッチなんかもきてどうなるかが見物ですな。


■フットボールリーグ2 順位表
14ox13-14league_s.jpg
全ての点で圧倒し43勝3分けというわけのわからない成績で無敗優勝。
2位のYorkなんかも元々のメディア予想は19位だったにも拘らず大躍進しました。
残りの昇格クラブと降格クラブは割と妥当な結果。
対して優勝候補だったPortsmouthFleetwoodが中位に沈んでるので、割と荒れたシーズンだったのかもしれない。


■フットボールリーグ2 選手データ
14ox13-14data_s.jpg
電柱コンビがともに24ゴールで仲良く得点ランクで2位に輝く。ついでに平均評価もJakeとあわせて上位独占。
Jamesはアシストでも3位につけてたりと大車輪の活躍でした。
得点王は2位YorkのエースストライカーBowman。能力はそこまででもないので戦術が上手くはまったんだろうか。


■フットボールリーグ2 年間最優秀選手
14ox140528n.jpg
フットボールリーグ2の年間最優秀選手にはPatinではなく、まったく予想してなかったJamesが選ばれる。
青天の霹靂だったけどOxfordのマスコットキャラクターみたいなものなので普通に喜んじゃいました。


14ox140528n4.jpg
こやつめハハハ!


■フットボールリーグ2 年間ベストイレブン
14ox140528n3.jpg
年間ベストイレブンにはJamesを含め5名の選手が選ばれる。
右サイドばっかりだけど納得のメンバー。大半は来季も主力になりそうだ。


■フットボールリーグ2 年間最優秀監督
14ox140528n2.jpg
そして予想通り年間最優秀監督をゲット。
上位半分を狙える戦力で無敗優勝だったので選ばれないわけがない。
選手達がよく頑張ってくれました。


■個人成績
14ox13-14resu.jpg
カップ戦も含めたチーム内得点王は28ゴールをあげたKitson
次点で26ゴールをあげたJamesは19アシストでチーム内アシスト王に。
控え組のストライカーMilonも17ゴールとなかなかの活躍。
攻撃陣を指揮するPatinも15ゴール14アシストとかなりの貢献を見せてくれました。
ウイング勢も揃ってチャンスを演出してくれていたのが印象的。
守備陣ではいい男Jakeが一番の活躍。逆にHuntさんやBernald-Moulinの右サイドバック勢は厳しい結果に。
唯一カードが2桁超えたNkoaは地味に良い仕事してたので改善してあげたいところ。
レンタル組が3人とも評価点7声超えだったのも良かったなぁ。



■イングランド プレミアリーグ
14ox13-14e_s.jpg
プレミアリーグはMan Cityが王座奪還。
Swanseaが上位に食い込んだのと、Liverpoolが下位に沈んだ以外は割と妥当な予感。
Arsenalの2位はやっぱÖzilの影響がでかかったんだろうなぁ。
あとAston Villaはやたら降格しやすいような気がするんですけどうちだけですかね。


■スペイン リーガエスパニョーラ
14ox13-14s_s.jpg
スペインでは例の如く2強の争いとなり、R. Madridが雪辱を果たしました。
Granadaの3位はかなりびっくりした。オーナーが同じなUdineseWatfordとの選手のやりとりは正直うらやましい。
Atléticoも含め2強に迫る勢いなので数年後に期待したい。


■ドイツ ブンデスリーガ
14ox13-14g_s.jpg
ブンデスリーガは最終節までもつれこんだ接戦を制してDortmundが優勝。
FC Bayernの方が負けは少なかったですが、勝ちきれない試合も多く勝ち点差1で涙を飲む。
その下のSchalkeHannoverStuttgartと日本人選手が所属するクラブが上位に固まったのが面白い。
しかも乾が所属するFrankfurtもちゃっかりヨーロッパリーグ出場権獲得してますし。
逆に日本人が去った2クラブが降格してるのはきっと偶然だよね。


■イタリア セリエA
14ox13-14i_s.jpg
イタリアではJuventusが相変わらずの強さを発揮。
ミラノ勢も上手く立て直したみたいですが、Napoliが欧州カップ戦の出場権を逃すという大失態。
3位に食い込んだ上にコッパイタリアも制覇するなどFiorentinaが躍進するのは珍しい。
ちなみにRomaはそのコッパイタリア準優勝でEC出場権ゲットしました。棚ぼたうらやましいです。


■フランス リーグ1
14ox13-14f_s.jpg
流石に金満2クラブを止めるクラブはなく予想通りの1-2フィニッシュ。
その他上位陣も強豪クラブが中心でそこまで波乱はなかった様子。
11-12シーズンに旋風を巻き起こしたMontpellier HSCはもうダメなのか。


■UEFA チャンピオンズリーグ
14ox13-14ecl_s.jpg
チャンピオンズリーグではついにR. Madridが10度目の栄光に輝く。
ちなみにコパデルレイも制したのでリーガを合わせて見事に3冠。
イングランド勢は8強が精一杯なのが悲しいところ。


■UEFA ヨーロッパリーグ
14ox13-14el_s.jpg
ヨーロッパリーグはウクライナのDynamo Kyivが制しました。
Swanseaも決勝まで進んだだけに惜しかった。しかも延長戦ってのがまた辛そう。
でもこういう風に色んな国のクラブにチャンスがあった方が面白いですよね。
チャンピオンズリーグはメガクラブしか勝ち進む事ができませんですしおすし。


■名古屋での実績は含まれてるんですか!?
14ox140517n.jpg
ついでのニュースなんですがArsenalがFAカップを制したらしく、Wenger監督がヨーロッパの殿堂入りを果たしました。
むしろまだ殿堂入りしてなかった事にびっくりしましたが、欧州大会では結果を出せていなかった事が一因か。
外国人選手を重用するあたりは批判されがちですが、若手主体でチーム運営しようとするとどうしてもそうなりますよね。



■来シーズンに向けて
ひとまず1年での昇格に成功したOxford
引き続きプレミア目指して将来性の高い若手選手を中心に補強を進めていきたいところ。
現状での補強ポイントは全般的なサイドの選手。中でも右サイドバックは安心して任せられる本職がいない。
選手層が厚い中盤なんかも良い選手がいたら少しずつ入れ替えていきたい。
ただ、現状ボスマンで狙ってるような選手は要求賃金が高いんだよなぁ。


つづく



スポンサーサイト

この記事へのコメント

[壁]_・)チラッ こそーり
自分のブログすらサボってたので、
完全によそ様のブログをみてなかったらいち早くFM2014に移行してるだと?

そしてすでにゲームの傾向を把握したとしか思えないチーム成績はさすがです。
いまだにパケ版の開封すらしていない身としては、
こちらでしっかりと勉強させてもらいます!

Posted at 22:17:26 2013/11/30 by ryoku

この記事へのコメント

どもども。
なんか前作のドリブル無双からクロス無双に変化してましてですね、戦術がはまったっぽいんですよ。
インサイドフォワードよりもウイングが機能するので電柱との相性もいいみたいです。
あとは元々チーム事情に合わせた戦術なのと、選手の質が少しあがってるのもありますね。
パッチ来た今はどうなるかわかんないですけど2年目もそこそこいけるんじゃないかと。

マッチエンジンは2013よりバランスいい感じなんで個人的にはそこそこ楽しめてますぜ。
長期契約結びづらくなったのはめんどいですけどね!

Posted at 23:33:50 2013/11/30 by ( ´∀`)ノCarra

この記事へのコメント

スキン

いつも楽しく拝見しています。
栄光のサンマリノを率いる(予定)で勉強中です。

このスキン、試合後のシュート数と支配率のグラフetcが非常に見やすくて良さげなのですが、なんてskinですか?

もし差し支えなければ教えていただけるとうれしいです。

Posted at 00:58:19 2013/12/25 by マルコ

この記事へのコメント

どもども。

たまにガチャガチャ導入しては最終的には戻してるのでこれたぶん2014の普通のデフォルトスキンですね。
やっぱり2013に比べてだいぶ見やすいですよね。

サンマリノはロマンありますよねー。
イングランドでいうウェールズのクラブや、
フランスでいうモナコみたいに他国のリーグに越境して参加してるクラブは面白そう。

Posted at 21:39:04 2013/12/25 by ( ´∀`)ノCarra

コメントフォーム


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック