2013-07-29      2013 AS Roma 13-14 シーズン~まとめ

■世界の移籍情報(8月)
roma1308wt_s.jpg
HamsikThiagoがマンチェスターに光臨。
逆にFletcher放出して中盤の守備はどうするんだろう。
8月も元気なPSGはどれだけお金を使えば気が済むのか。


■相変わらずバカ高い賞金だ
roma130828n_s.jpg
グループステージに参加できただけで賞金€8.6Mももらえるチャンピオンズリーグ。
そりゃ出場できるクラブとそうでないクラブの間で格差が広がるわけですよね。
毎年参加できればそのうち金満クラブになる事も可能?


■不思議な縁ってあるもんですよね
roma130829n_s.jpg
さてそのグループステージなんですが、なんの因果かMan Utdと同じグループになりました。
スペインのAthleticさえどうにかできれば2位通過はいけそう。
1位はたぶん無理だろう。戦力差的な意味で。


■その他のグループがこれだよ!
roma130829ecl_s.jpg
割とバランス良くバラけた感があるグループステージ。
大変そうなのはグループBとEあたりか。特に会長が変わったInterはこの先生きのこれるのか。



■前半戦試合結果
roma1308-1312resu.jpg
あっという間に時間が過ぎて、前半戦を消化。
オフで書き忘れてましたがスーペルコッパは勝利してました。
敗戦はチャンピオンズリーグのMan Utd戦だけなですが、どうにも勝ちきれない試合が増えてきたのがアレ。
原因はTottiの衰えが半端ない上に、代わりに起用し始めたFierroもまだ試合を決定づけるまでには至らないため。
逆にDestroは大当たりしてるから面白い。
Lazioとのデルビーでも初めて勝てたし、グループステージも無事勝ち抜けたので順風満帆と言える。


■前半戦のサプライズ
roma130928n_s.jpg
一番驚いたのがNapoliに6-0で大勝した事。
優勝候補だけにサクっとやられちゃうんじゃないかと思ったら立て続けにゴールを奪うもんだからびっくりした。
この時点では控え組として起用していたDestroの存在は結構大きかったらしい。


■藁にもすがるとはこの事か
roma131111n_s.jpg

roma131229n_s.jpg
前半戦の途中、不振にあえぐInterJuventusから監督就任のオファーが届くも華麗にスルー。
ただオファーの内容からInterRomaと大差ない財政規模という事がわかる。
あれ?買収されてこれって事はもっとひどかったって事?
それに比べるとJuventusはお金持ってるなぁ。


■順位表
roma140101r_s.jpg
無敗ということもあり現時点で勝ち点差8の首位に立っているRoma
降格圏のクラブ以外は割と団子状態になってるから結構白熱している展開。
得点王争いにDestroが絡んでるけど、後半戦はチャンピオンズリーグが主戦場になりそうなので受賞は厳しそうだ。


■チャンピオンズリーグの抽選結果
roma131220n_s.jpg
決勝トーナメント1ラウンドではMan Cityと対戦する事が決定。
いきなりイングランド王者との対戦になるので勝ち進むのはかなり厳しそう。
でもまぁ何が起こるかわからないし、やるだけやってみないとね!


■各種個人タイトル
roma140101n_s.jpg

roma140101n2_s.jpg
バロンドールと世界年間最優秀選手はMessiがダブル受賞。
バロンドールは本格的に賞の意義がなくなってきた気がするのは気のせいだろうか。


roma140101n3_s.jpg
ヨーロッパゴールデンボーイはリアルと違って未だにDortmundに所属するGötzeが受賞。
せめてゲーム内ではDortmundのレジェンドになってくれればいいよね。


roma140101n4_s.jpg
そしてフランス時代の実績が評価されてこのタイミングでリーグ1の最優秀新人選手を受賞するCorchia
喜んでいいのかちょっとよくわからないから困る。


roma140101n6_s.jpg
それからセリエAの年間最優秀ゴールキーパーにStekelengurgが選ばれました。
受賞後に「監督に捧げる」とか言ってくれちゃうもんだから嬉しくなるだろ!いい加減にしろ!
こういう事言われると将来的に手放すのは惜しくなるなぁ。


roma131230n_s.jpg
で、自身もセリエAの年間最優秀監督を頂いちゃいました。
優勝候補はしょっちゅう監督が変わるので、解雇されないだけで受賞が一気に近づく印象。
Romaで一時代を築き上げるなら毎年選ばれるよう頑張りたい。


■新加入選手のお知らせ
roma140101n9_s.jpg
イタリアの首都に本田降臨。
リアルではミラン移籍が確実視されている今最もホットな本田をゲッチュー!
中田以来の日本人獲得に現地も日本も盛り上がっているに違いない。というわけで選手紹介。


・Keisuke Honda ☆新加入!
roma13keisukehonda_s.jpg
CSKA Moscowからボスマン移籍で獲得した日本代表の頭脳的なミッドフィルダー。
契約期間が残り半年となった今夏にいち早くコンタクトをとり、契約に成功。
カップタイドのせいでチャンピオンズリーグには出場できないけどスクデット獲得の原動力として期待。


roma140101n8_s.jpg
マーケティング面でもメディアから賞賛される本田の獲得。
ゲーム内でもこういった利益ってちゃんと出るもんなんでしょうか。
ちょっと観察してみるのも面白いかも。


■出会いがあれば別れもある訳で
roma140104n_s.jpg
新戦力の話題に沸く裏でTaddeiさんがひっそりと引退を決断。
結局出番がなくて最近はリザーブ暮らしとなっていた事もあり、時期としては適切なタイミングかもしれない。
可能であればコーチとして残せるよう取り計らってあげたい。


■世界の移籍情報(1月)
roma1401wt_s.jpg
相変わらず節操のないPSG。でもリーグ戦だと苦戦してたりするのは連携の問題か。
そしてFC BayernJuventusのお得意様になってる気がする。あと共同保有の選手が海外に移籍ってのも珍しい。
よりによってチチャリートがJuventusに加入しちゃったのはなんだか嫌な予感がするんだぜ。



■その後
roma140215n_s.jpg
Napoli戦がまたわけわかんないことになったり、


roma140423n_s.jpg
運よくMan CityDortmund相手に勝ち上がったチャンピオンズリーグでR. Madridに大勝したり、
(ちなみにこの試合で負傷したDestroはハムストリング断裂の大怪我で一足先にシーズン終了)


roma140430n_s.jpg
2戦目で危うく追いつかれそうになりつつ、


roma140502n_s.jpg
今年もDe Rossiの檄が飛んだおかげもあり、


roma140503n5_s.jpg
残り2試合を残して再びセリエA優勝を決める。


■本田△
roma140503n6_s.jpg
負傷者の影響により左ウイングで先発してたのにマンオブザマッチに選ばれる本田さん流石です。
チャンピオンズリーグで起用できなかったのが非常に残念だ。



本田さんの代名詞とも言える無回転フリーキック。
「もう全部あいつでいいんじゃないかな」と思えるぐらい高い決定力を誇る。
来シーズンはもっと優先してフリーキックを蹴らせてみよう。


■あれは…モンテッラ?!
roma140503n4_s.jpg
喜びの声の中にいつの間にか無職になってたMontellaが紛れ込んでました。
気持ちは嬉しいけどあんたこんな事してる場合ちゃうやろ!


■あれよあれよという間に
roma140518n_s.jpg
さらに勝ち残っていたコッパイタリアでも連覇を達成し、スーペルコッパと含めて三冠に輝く。
控え中心でしたがNapoli相手だったのでなんとかなるかなって思ってました。
本当になんとかなるから困る。


■そして迫りくる勝負の瞬間
roma140523n2_s.jpg
87年以来となるチャンピオンズリーグ決勝の相手はオランダのAjax
もっときつい相手になるかと思いきやチャンスは十分。
監督として100試合目らしい上に、今シーズン限りでの引退を表明したTottiのラストマッチにもなる。
絶対に負けられない戦いがそこにはある。



Ajax vs Roma UEFA チャンピオンズリーグ 決勝

■スタメン
roma140524f_s.jpg
というわけでチャンピオンズリーグ決勝。ポルトガルのリスボンでAjaxと激突。
現時点でのベストメンバーを揃えてお相手。
Romagnoliは負傷したBenatiaの代役、Goretzkaは自力でレギュラー定着しました。
Destroが負傷した時点で以後はTottiを起用しようと思ってましたが、決勝が引退試合とかかっこよすぎる。
それにしても相手のフォーメーションなんだこれ。


■試合分析
roma140524m_s.jpg
メディア予想ではRomaが優勢。
相手は守備陣で負傷者が続出してるらしく、前出のフォーメーションはその影響かもしれない。
これはますますチャンスがあるんじゃないですか!


■ハイライト



‥‥


‥‥‥


‥‥‥‥



totti2.jpg
うわああああああああああトッティイイイイイイイイイ!!!


■結果
roma140524n5_s.jpg
Tottiが!Tottiがマンオブザマッチだよ!1ゴール1アシストだよ!
試合も完全に支配してたよ!あんた凄いよ!なんという男だよ!
もちろん他の選手達もよくやった!でもこの試合はTottiのための試合だったよ!



■四冠!
roma140524n_s.jpg
チャンピオンズリーグも制し、Tottiが引退する年に四冠という偉業を達成。
欧州制覇は達成できれば最高だと思ってたけど、Tottiの活躍でそれが叶ったので余計に嬉しい。
Destroが負傷してなければTottiを先発させるかはわからなかったので、めぐり合わせとは不思議なもんだ。


■喜びの声
roma140524n2_s.jpg


roma140524n3_s.jpg


roma140524n4_s.jpg
例の如く各方面から喜びの声が届く。
初の欧州制覇だけにその喜びも半端ではないだろう。
だが今回は女性の設定でやってるので「奇跡を呼ぶ男」というのはいささか間違いではなかろうか。


■UEFAチャンピオンズリーグ ドリームチーム
roma140526n_s.jpg
Romaから3名がチャンピオンズリーグのドリームチームに選ばれる。
こんな錚々たるメンバーの中に混ざってるのがなんだか信じられない。
でもこれでRomaもメガクラブの仲間入り?



■後半戦試合結果
roma1401-1405resu.jpg
上位陣との直接対決に敗れたり、ちょくちょく引き分けつつも無事に連覇を果たしたリーグ戦。
チャンピオンズリーグの方はMan CityR. Madridによく勝てたもんだなぁと思う。
コッパイタリアはJuventusにPK戦で勝利した準々決勝がきつかった。
昨シーズンより失点が増えたのはそれだけタフな試合が多かったという事か。


■セリエA 順位表
roma13-14i_s.jpg
昨シーズンよりも得点が増えたものの失点も増えてるからいただけない。
3位までは昨シーズンと同じ。躍進したCatarniaTorinoに続いてA.C. MilanもなんとかEL出場権をキープ。
調子が悪そうだったNapoliは案の定中位に沈んでました。コッパイタリア準優勝でEL出場権を得たのは幸いか。
昇格してきたクラブが3クラブとも降格したため、全体として勝ち点が伸びたのがアレ。
残留したクラブも結構順位の入れ替わりが激しくなったなぁ。


■セリエA 選手データ
roma13-14data_s.jpg
Destroが得点ランクで3位に食い込んだ以外は誰も載ってないから困る。
まぁでもターンオーバー制にしてるとだいたいこんなもんですよね。
対するJuventusからはLichtsteinerがアシストランク1位に輝いてますけどね。
悔しくなんかないよ!本当だよ!


■個人成績
roma13-14resu.jpg
チーム内得点王は22ゴールを決めたDestro、次点は12ゴールをあげたLamelaFierroでした。
出場機会が激減したTottiも勝負どころできっちり決めて10ゴール。
Florenziも同じく10ゴールをあげたり、控えのウイング勢も揃って7ゴールを決めたりとなかなか好調。
アシスト王は昨年に引き続きLamela。ウイング勢はやはりアシストも伸びやすい。
何気に8アシストを決めたPjanicと加入半年で5ゴール6アシストを決めた本田さんなど中盤もいい感じでした。
イエローカードが2桁となる選手もなく、レッドカードも若手のHughesの1枚だけ。Bradleyとはなんだったのか。


■シーズン総括
roma140525n_s.jpg
もっと苦労するかと思いきや意外となんとかなるんだからやっぱり元々のポテンシャルは高かったようです。
イングランドと違って定期的に中6日の試合があったのは助かった。やっぱりイングランドの日程はおかしいね!
そして理事会からも獲得を絶賛される本田△。あとTottiの後継者はLamelaで問題なさそうだ。


■トレーニングレポート
roma140525n3_s.jpg
衰えが顕著なベテラン勢は揃って今シーズン限りの引退を表明。
入れ替わりでユースの若手が育ってきているので来シーズンは平均年齢が一気に下がるかも。
LamelaDestroなど今が旬な選手の成長度合いを見るのは楽しいなぁ。



■イングランド プレミアリーグ
roma13-14e_s.jpg
イングランドではMan Cityが圧倒的な強さで3連覇してました。これは黄金時代の到来か。
対するMan Utdは得失点差でArsenalにも敗れて3位。だから中盤のフィルター役を早く獲得しろと(ry
上位陣は妥当なクラブが並んでる印象だ。


■スペイン リーガエスパニョーラ
roma13-14s_s.jpg
スペインでもR.Madridが3連覇を達成。
2位は案の定Barcelonaだし、もうそろそろ他のクラブが食い込んでくるところを見てみたい。
まず放映権料の分配方法をどげんかせんといかん。ゲーム中でも反映されてるのか知りませんけどね!


■ドイツ ブンデスリーガ
roma13-14g_s.jpg
ドイツではFC Bayernが王座奪還。やはりペップの力は偉大なのか。
むしろDortmundの監督がクロップからヒディンクに代わったせいかもしれない。
ちなみにクロップはシーズン序盤に自ら辞任してスペインのAt. Madridに旅立った。
ゲームとはわかっているものの、このあたりもうちょっとどうにかならないものか。


■フランス リーグ1
roma13-14f_s.jpg
フランスではPSGがギリギリで連覇を達成してました。
惜しくも2位のOlympique Lyonnaisも流石の安定っぷり。
そして狙ったようにEL出場権ギリギリをキープするMarseille。新たなネタ枠な予感!
傘下クラブになったAS Monaco FCが好調みたいだったのでそのうちフランス人を送りこんでみようかと画策中。


■UEFA チャンピオンズリーグ
roma13-14ecl.jpg
チャンピオンズリーグは前述のとおり我がRomaが初優勝を飾る。
改めて見ると昨シーズンの各国王者を破っての戴冠というのはかなりの価値がありそう。
1ラウンドでMan UtdBarcelonaが敗退してたりとかなり荒れた大会だった様子。
同じく1ラウンドで敗退してるJuventusはもうちょっとどうにかしてほしかったんだぜ。


■UEFA ヨーロッパリーグ
roma13-14el.jpg
ヨーロッパリーグも波乱が多かったようでウクライナのDinamo Kyivが優勝してました。
トーナメント表が全体的に青緑な感じなのは一体なんなんだろうか。
準決勝まで勝ちあがったInterはまだしも、2ラウンドで敗退しているSampdoriaは力が足りなかったのか。



■来シーズンに向けて
セリエA連覇はいけるだろうと思ってたけどチャンピオンズリーグまで制覇できるとは思いませんでした。
特にTottiの引退に華を添えられたのは本当に良かった。
イングランドに慣れてるとスケジュールもそれほどきつくないと思えるのは病気の一種だろうか。
一つの時代は終わったものの、今度はまた新たな時代が始まるわけで。
そうやって時間は流れて歴史が作られていくんですよね!
取り急ぎの補強ポイントは主力の契約期間が少ないゴールキーパーと両サイドバック。
このあたりのポジションは青田買いした選手の中でも少ないから困る。


つづく



スポンサーサイト

コメントフォーム


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック