--------      スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2012-09-30      2012 Oxford United 15-16 オフ

○理事会の野望
12oxu150525n5.jpg
こちらからは提案させてくれなかったのに理事会が新スタジアムを建ててくれるよ!やったねたえちゃん!
15年ローンの借金はちょっと嫌だけど完成が待ち遠しい。

12oxu150525n6.jpg
ユース施設とトレーニング施設の増強はこちらからお願いしました。
予算増強だけで済むジュニアコーチング施設も何気に最高レベルになったのがアレ。
傘下クラブのFreiburgよろしく「クラブの投資はまず足(選手)より石(施設)に」という精神を大事にしてます。
っていうか予算なくて選手が思い通りに獲得できないんだけどな!



○昨シーズンのあれこれ

・ファンが選ぶ年間最優秀選手
12oxu150625n.jpg
ファンが選ぶ年間最優秀選手にはキャプテンのJamesが選ばれました。
シーズン終盤にはコーチから不要な選手と言われたりもしたけど、まだまだ貢献できるものはあるはず。
少しずつでもクラブの最多得点記録を更新して引退まで頑張ってほしい。

・14-15シーズンベストイレブン
12oxu150625n2.jpg
シーズンベストイレブンには控え組の選手が結構選ばれました。
フォーメーションは4-5-1になってるけど相変わらずこれってどういうアレで判断されるんだろう。
Petrucciのボランチは適正もない上に色んな意味で危ないだろうjk。

・歴代ベストイレブン
12oxu150625n3.jpg
歴代ベストイレブンには新たに3名の選手が選ばれました。
初期メンバーとはいえJamesのゴール数が圧倒的なのがアレ。
それからJensenの出場数もどんどん増えていきます。この二人は完全にチームの顔ですな。

・年間収支
12oxu14-15fina.jpg
新スタジアム建設の費用に結構持っていかれましたがそれでも€24Mの黒字。
この調子でどんどんお金貯めてゆくゆくはメガクラブの仲間入りといきたい。
でも果たして何年かかるやら。



○新シーズンのあれこれ

・シーズン目標
12oxu150625n4.jpg
予想外な優勝のせいで最低目標が大陸大会の出場権獲得なんてものになってしまった。
予算は増えたけど思ったほどの量でもないしこれは少し不安だ。

・クラブ提携のお知らせ
12oxu150714n.jpg
また傘下クラブがお願いできるようになってたので理事会に動いてもらいました。
今度は北欧を中心に探してきてくれたらしく、その中からノルウェーのTromsøを選択。
世界で一番北にあるトップディビジョン所属のクラブという肩書きを持ってるらしいです。
提携の目的は優秀な若手選手確保のため。確立されたネットワークとかうちも早くもちたい。

・放出選手
12oxu1507out.jpg
新加入選手や若手の台頭を受けて控えの選手を大量放出。
昇格や三冠に貢献してくれたAletHazardCramerBeeversArrondelをバッサリいっちゃいました。
流石にファンからちょっと文句言われましたが、もう伸び代も少ないし潮時だったと思うんだ。
それから不要になったリザーブの選手もコツコツ放出してます。
まだ10人ぐらいいるから大変だ。

・財務状態
12oxu1507fina.jpg
キットスポンサーからの収入は昨シーズンから倍になりました。
一般スポンサーは増えなかったのがちょっと残念。
新スタジアム建設費の半分はスタジアムスポンサーが工面してくれたけど残り半分は丸々借金。
全額払ってもお釣りがくるぐらいの貯えはあるど今のうちに増やしておきたいところだ。



○選手紹介 - トップチーム
そして毎度お楽しみの選手紹介。ちゃんと成長した選手にはまた成長記録を用意してみました。
今回は珍しく大物の獲得もあるよ!

GK
・Lars Jensen ☆成長記録
12oxu15larsjensen_s.jpg
Oxfordの守護神にして躍進の原因でもあるデンマーク代表のワンダーボーイ。
一度波に乗るとどんなシュートもはじき返して手がつけられなくなる上にその頻度がやたらと高い。
コーチ曰く「Jensenには真の弱点と言えるものは何もありません」。今シーズンもレギュラーの予定。

・Ales Krizan ☆成長記録
12oxu15aleskrizan_s.jpg
昨シーズン前半はホームシックにかかったものの後半見事に巻き返したスロベニア出身のゴールキーパー。
国内カップ戦で好調だった要因でFAカップ準決勝のWolves戦ではPKストッパーという新たな一面も見せました。
今シーズンも国内カップ戦を中心に起用予定。前半戦は出番が少ないと思うのでホームシックに注意。

DF センター
・Ciaran Clark ☆成長記録
12oxu15ciaranclark_s.jpg
昨夏に加入後チーム1の高給取りとして見事な活躍を見せてくれたアイルランド代表センターバック。
年齢としては中堅の域に入るのにかなりの成長を見せてびっくり。どこにこれだけの素質が眠っていたのか。
今シーズンもレギュラーとして若手ばかりな守備陣の統率をお願いします。

・Themis Charalabopoulos ☆成長記録
12oxu15themischaralabopoulos_s.jpg
18歳なのに能力的にはClarkに追いつきそうなギリシャ出身のワンダーボーイ。
懸念していた英語もようやく基本会話はできるようになったらしい。あとそろそろフル代表に呼ばれそうな気がする。
引き続きClarkの相棒としてレギュラー起用する予定。Jensenと一緒にレジェンドになってほしいよね。

・Marcus Hampf ☆成長記録
12oxu15marcushampf_s.jpg
昨シーズンはユースチームのリーグ優勝に貢献したオーストリア出身のセンターバック。
これまでにもちょくちょく出番はありましたが今シーズンから満を持してトップチームに昇格。
成長に期待しながら控えとして起用していく予定。

・Matija Mostarlic ☆成長記録
12oxu15matijamostarlic_s.jpg
Hampfと共にユースチームの優勝に貢献したクロアチア出身のセンターバック。
驚異的な成長を見せたため今シーズンからトップチームに昇格。Arrondel放出の理由がおまわりさんこの人です。
ユースチームでもコンビを組んでいたHampfと共に仲良く控えとして起用予定。

サイド
・Ilie Merce ☆成長記録
12oxu15iliemerce_s.jpg
昨シーズンからレギュラーとして活躍しているルーマニア出身のワンダーボーイ。
コーチとの特訓により俗に言うデラップ砲、「速いロングスローを投げられる」のプレイスタイルをゲット。
今シーズンはセットプレーの得点源としても期待がかかる。引き続きレギュラーとして起用予定。

・Ercan Yigit ☆成長記録
12oxu15ercanyigit_s.jpg
現時点でOxfordの最年少出場記録をもつフランス出身の右サイドバック。
獲得したリーグ1時代から控えとして起用しているため、入れ替わりの激しいチーム内では何気に古株に当たる。
給料はMerceより高いけど今シーズンも控えとして起用していく予定。

・Krasimir Franjic ☆成長記録
12oxu15kresimirfranjic_s.jpg
昨夏に獲得してから安定した活躍を見せたクロアチア代表の左サイドバック。
機を見た攻撃参加と確かな守備力でOxfordの左サイドを支配します。
最近メガクラブからちょっと注目されてるのが心配。レギュラーで起用予定。

・Ronaldo ☆成長記録
12oxu15ronald_s.jpg
冬に獲得したものの労働許可とレンタル枠の関係で半年間Freiburgにお世話になっていた左サイドバック。
本名Ronaldo Luís Queiroga。ブラジル人らしいテクニックに優れた選手です。
現能力は心許ないものの潜在能力がかなり高いらしいので成長に期待しながら控えとして起用していきます。

MF ディフェンシブ
・Damien Marcq ☆成長記録
12oxu15damienmarcq_s.jpg
中盤のフィルター役として守備の安定に一役買った粘り強い守備的ミッドフィルダー。
大試合で充実を感じるらしく、格上との対戦でもチームが大崩れしない要因はおそらくここかと思われる。
若手選手が多いのでその模範になる事を期待しつつ引き続きレギュラーとして起用していきます。


・Hicham Chafni ☆成長記録
12oxu15hichamchafni_s.jpg
ワイン農家で半年過ごした後、控えとしてそこそこ活躍したモロッコ代表の疲れ知らずの守備的ミッドフィルダー。
メンタルと守備力は高いものの、空中戦を苦手とするのがディフェンシブハーフとしては少々微妙なところ。
将来性が☆5らしいのでMarcqの控えとして起用しながら成長を促したい。

・Paul Atangana ☆成長記録
12oxu15paulatangana_s.jpg
昨夏に控えとして獲得してからかなりの成長を見せたフランス出身のワンダーボーイ。
適正はないけどこの能力ならサイドバックもいけるんじゃないかと思いはじめました。
現在能力は大差ないですがChafniの方が将来性が高いため、今シーズンは少し出番が限られるかもしれない。

センター
・Saïd Mehamha
12oxu15saidmehamha_s.jpg
中盤のバランサーとして攻守に貢献するアルジェリア代表のミッドフィルダー。
能力が頭打ちになったのかあまり成長は見られず。ちなみにこちらも大試合で充実を感じる選手なのがアレ。
今シーズンからは副キャプテンを任せますが、伸び代がないようなら放出も近いかも。

・Miroslav Durica ☆成長記録
12oxu15miroslavdurica_s.jpg
ハードワーカーとして活躍しつつもフル代表には呼ばれなくなってしまったスロバキア出身のミッドフィルダー。
順調に成長を重ねてそろそろプレミアレベルと呼べるぐらいの能力になってきました。
今シーズンも控え組で攻撃に守備にと走り回ってもらう予定。

・Dayro Ortegón ☆成長記録
12oxu15dayroortegon_s.jpg
次代のCarlos Valderramaと期待されているコロンビア出身のミッドフィルダー。
攻守のバランスがいい上にトップ下もこなせるので控えの割にはかなり重宝してます。
今シーズンも両ポジションの控えとして途中交代や国内カップ戦を中心に起用予定。

サイド
・Alex Oxlade-Chamberlain ☆新加入!
12oxu15alexoxlade-chamberlain_s.jpg
今やサッカーファンなら知らない人の方が少ないであろうイングランド代表のホープ。
出場機会の少なさに対する不満から自ら移籍リスト入りしてたところを移籍金€6.5Mでかっさらってきました。
中盤より前ならどこでもこなせるので不慮の事態にも対応できそう。右ウイングのレギュラーとして起用予定。

・Mateusz Wichniarek ☆成長記録
12oxu15mateuszwichniarek_s.jpg
昨夏に加入してからかなりの成長を見せたポーランド出身のワンダーボーイ。
控え起用だったのにアシストはもとよりちょくちょくゴール決めてくれたので割と印象に残った選手です。
今シーズンも更なる成長に期待しつつ右ウイングの控えとして起用予定。

・Pawel Ogorek ☆成長記録
12oxu15pawelogorek_s.jpg
身体能力だけなら一流の部類に入るポーランド出身のワンダーボーイ。えぇ、またワンダーボーイです。
メンタルがあまり伸びてないのでそのあたりは若干不安だけど今シーズンも左ウイングのレギュラー候補。
両翼が揃ってワンダーボーイとかポーランドU21代表やばい。超やばい。

・Magaye Gueye ☆新加入!
12oxu15magayegueye_s.jpg
Evertonからボスマン移籍で獲得した左ウイング。
オファーを出したところかなりの給料ダウンでしたが出場機会を求めてやってきてくれました。
それでもOgorekの3倍の給料。勿体ないとは思いつつ控えとして起用する予定。

オフェンシブ
・Diego Suarez ☆成長記録
12oxu15diegosuarez_s.jpg
昨夏に加入後、獅子奮迅の活躍を見せて三冠達成に貢献したボリビア代表のミッドフィルダー。
Chamberlainの加入により今シーズンは本職のトップ下でプレイする事に。
レギュラー組のキープレイヤーとして変わらぬ活躍を期待。

・Davide Petrucci
12oxu15davidepetrucci_s.jpg
今シーズンから背番号10を背負う事になったイタリア代表のミッドフィルダー。
昨シーズン終盤に負傷が重なったせいか能力があまり伸びなかったのが悲しい。
Chamberlain加入の影響により控えとなるけど、逆に奮起して頑張ってほしいところ。

FW
・James Constable
12oxu15jamesconstable_s.jpg
コーチには不要とか言われながらもファンからは年間最優秀選手に選ばれた電柱型ストライカー。
チーム最年長のベテランながらもまだ衰えの兆候は見られないのが幸い。
今シーズンもひとまずはレギュラーとして起用予定。でもうかうかしてたらやばいぜ!

・Furkan Tüfekçi ☆成長記録
12oxu15furkantufekci_s.jpg
加入4年目で徐々にJamesとの差を縮めてきたデンマーク出身、トルコ国籍のストライカー。
特にここ1年で急成長し、メンタルとフィジカル面でもJamesに追いつきました。
開幕からしばらくは控えのつもりだけど調子がいいようならレギュラーとして起用するかも。

・Andreas Tsiakas ☆新加入!
12oxu15andreastsiakas_s.jpg
ギリシャのXanthiからボスマン移籍で獲得したストライカー。
Jamesが衰えを見せるようならと獲得したけど現状そんな様子は微塵もなくて入団早々立場がやばい。
決定力は一番高いので国内カップ戦あたりで試しに起用してみようかと思います。



○リザーブチーム
続いては未だにトップチームの人数を超えているリザーブチームの選手をご紹介。
人身売買組織じゃありません!本当です!ほん・・・うそです!

Marek Suchy
ユースチームから昇格したスロバキア出身の有望なゴールキーパー。
立場的には第3ゴールキーパーだけどオファーがあればレンタル修行させるつもりです。

Anto Curtis
こちらもユースチームから昇格した北アイルランド出身の有望なセンターバック。
フィジカルには恵まれているもののそのほかはまだまだ。今シーズンもレンタル修行の可能性大。

Jack Lampe
初年度に獲得して現在は能力不足から移籍リスト掲載中なイングランド出身のセンターバック。
給料安いからアレだけど流石にそろそろ放出して人員整理しておきたい。果たしてオファーは届くのか。

Ebenezer Oviasu
クロアチアでのレンタル修行のおかげで無事に労働許可が下りたガーナ出身の有望な左サイドバック。
センターバックも熟達レベルでこなせるので緊急時には重宝しそう。レンタルオファーお待ちしてます。

Junior Rowland
昨シーズンは控えとしてちょくちょく起用していたイングランド出身のサイドバック。
本職の左に加えて右サイドもこなせるのでベンチメンバーとしても出番が多そう。

Ossi Väisänen
レンタル修行のおかげかそこそこ能力が伸びてきたフィンランド出身の若手ミッドフィルダー。
中盤の底を務める選手に怪我人が出た場合には出番があるかもしれない。もうちょいメンタルが伸びてほしい。

Lars Marz
ユースチームから昇格したオーストリア出身の若手ミッドフィルダー。
とてもじゃないけどまだトップチームでは使えないレベル。レンタルオファーお待ちしてます。

Adama Kouadio
成長が芳しくないため、あえなく移籍リスト入りとなったコートジボワール出身の守備的ミッドフィルダー。
逆オファーかけても全く貰い手が見つからず涙目。一番失敗した青田買い選手かもしれない。

Lionel Agbo
クロアチアでの修行後にユースチームから昇格したカメルーン出身の有望なミッドフィルダー。
身体能力と創造性は控えとして使えるレベルなので出場するチャンスはあるかも。

Charles Gyimah
労働許可取得のためクロアチアの2クラブで修行を詰んでいたガーナ出身の有望なミッドフィルダー。
しかし能力的にはAgboの劣化版なのでおそらく出番は来ない。高値で売れるなら放出も有りかも。

Leonidas Davilas
相変わらず歪な能力をしているギリシャ出身の若手ミッドフィルダー。
しかしほとんど成長しなかったため、こちらも移籍リスト入り。流石にこの能力ではオファーはこないか。

Josh Payne
下手に契約更新なんてしちゃったもんだから完全に不遇をかこっている初期メンバーJosh
そろそろ放出したいなのにまったく買い手がつかず。これはもうだめかもわからんね。

Filipe Nascimento
昨夏にフリーで獲得したポルトガル出身の若手ミッドフィルダー。
それなりに成長したものの質の高い選手が増えたため押し出されるように移籍リスト入り。正直スマンカッタ。

Greg Bullimore
ユースチームから昇格したイングランド出身のなんちゃって生え抜き選手。
昇格はしたものの将来性が微妙になったため移籍リスト入り中。興味は示されてるんだがのう。

Moussa Koné
労働許可を取得してからデスマーチの時期に少し出番もあったコートジボワール出身の有望なミッドフィルダー。
しかしメンタルが低すぎるため、控えとして起用するのも少々心配だったりする。何気に放出候補かも。

Keith Cassin
昨シーズンはレンタル先のWalsallで見事な活躍を見せたアイルランド出身のミッドフィルダー。
しかし今のOxfordでは将来性も足りないため、泣く泣く移籍リスト入り。思ったより買い手が出てこないから困る。

Sergey Yakovlev
クロアチアで修行を詰んで労働許可を取得したウクライナ出身の若手左ウイング。
全然能力が足りないのでしばらくはじっくりと熟成予定。こちらもメンタルが低いので放出候補かも。

Tim Whitbread
昨シーズンは左ウイングの控えとして割と重宝したイングランド出身の若手ミッドフィルダー。
今シーズンは期限付き移籍リストに載せつつ、チャンスがあればトップチームの試合に出場させる予定。

Freddy de Jager
レンタル修行とユースチームでの育成で著しい成長を見せたオランダ出身の有望なミッドフィルダー。
このレベルなら控えとして使えそうなのでトップチームの試合に出場するチャンスもあるかもしれない。

Andrius Stankevicius
ユースチームから昇格したリトアニア出身の熱血ミッドフィルダー。
リーグ1のCoventryからオファーが届いたので半年間のレンタル修行に出発。早くもアシストを記録したとか。

Carlos Eduardo Prieto
ワイン農家で修行を詰んで帰ってきたコロンビア出身の有望なストライカー。
ただこいつもメンタルが低くて使いどころに困る存在。レンタルオファーでも来ないかしら。

Ivan Iliev
昨シーズンはやっと出番が来たと思ったらハムストリング断裂した幸が薄いブルガリア出身の若手ストライカー。
能力の減少はそこまで見られなかったのが幸いだけど今シーズンは気をつけて欲しいよね。

Michal Szabo
ユースチームから昇格したスロバキア出身の有望なストライカー。
なぜかポルトガルのSLBから移籍の興味を持たれているのがちょっと怖い。レンタルオファーは喜んでお受けします。

Piers Browne
昨シーズンは数少ない出番で初ゴールを記録したイングランド出身のなんちゃって生え抜き選手。
ストライカーが余ってる状態なのでレンタル修行で力をつけたいところ。まぁオファーは来てないんですが。

Udi David
レンタル枠の関係で半年ニートだったけど無事に労働許可が下りたイスラエル出身の有望なストライカー。
それでもなぜか能力は爆発的に伸びたのがよくわからない。レンタルオファーお待ちしてます。

Unnsteinn Halldórsson
将来性がかなり微妙になったため、移籍リスト入りしたアイスランド出身の若手ストライカー。
早く買い手がついてほしいけどまったく興味を示されないのが悲しい。く、くやしい・・・(ry



○ユースチーム
最後はユースに所属する有望株達をご紹介。
また青田買いしまくってしまった。

Pavel Larionov ☆新加入!
ロシアのDinamo Moscowから移籍金€450Kで獲得した有望な右サイドバック。
上訴したら労働許可下りたので期限付移籍リストに載せつつユースチームで育成していきます。将来性☆4.5

Dean Hussein ☆新加入!
Tottenhamから移籍金€500Kで獲得した有望な左サイドバック。
少しずつでも自国の選手を増やしたいと思い獲得。次代のAshley Coleと期待されてるらしい。将来性☆4.5

Alexandru Mihuț ☆新加入!
ルーマニアのFC Bihorから移籍金€35Kで獲得した守備的ミッドフィルダー。
労働許可が下りなかったので早速ワイン農家へとレンタル。能力も高いので期待がかかる。将来性☆3.5

Vince McInnes ☆新加入!
スコットランドのSt. Mirrenから移籍金€150Kで獲得した有望なミッドフィルダー。
こちらも自国の選手を増やしたくて獲得。でも無駄に給料高いのがちょっと厄介。将来性☆4.5

Souleymane Mendy
レンタル修行のおかげでガッツリと能力が伸びたセネガル出身フランス国籍の有望なミッドフィルダー。
そろそろチャンピオンシップでも通用するかもしれない。引き続き期限付移籍リストに記載中。将来性☆4.5

Admassu Mengisu Feleke
昨夏に獲得してユースチームでじっくり育てているレユニオン出身フランス国籍の有望なミッドフィルダー。
Mendyには突き放されたけど今はまだ仕方ない。18歳になったら期限付移籍リストに記載予定。将来性☆4.5

Fábio Teixeira ☆新加入!
ポルトガルのAcadémicaから移籍金€850Kで獲得した有望なミッドフィルダー。
能力グラフを見るとAtanganaと同タイプな気がする。ここからどう成長するかが楽しみ。将来性☆4.5

Diego Vargas ☆新加入!
ボリビアのReal Mamoréから放り出されてたところを保護した若手ミッドフィルダー。
当然ながら労働許可下りなかったのでワイン農家へとレンタル。なぜかフル代表に呼ばれたわけだが。将来性☆3

Mike Bakkenes ☆新加入!
オランダのAjaxから移籍金€850Kで獲得した有望なミッドフィルダー。
育成の名門から加入とあって期待が高まる。能力的にはまだまだなのでじっくり育成予定。将来性☆4.5

Erik Keilmann ☆新加入!
ドイツのMainzから移籍金€575Kで獲得した有望なミッドフィルダー。
流石にまだ15歳なので能力は低い。でもその分成長に期待しちゃうから困る。将来性☆4.5

Krisztián László
昨夏に獲得してレンタルに出しつつ育成しているハンガリー出身の若手ミッドフィルダー。
しかしプロ意識が高くないらしく練習がきついとか結構文句言ってくるのがアレ。将来性☆3.5

Mehmet Nuri Yildirim ☆新加入!
スイスのGrasshoppersから移籍金€190Kで獲得したトルコ国籍も持つ有望な右ウイング。
まだ14歳なのにスピードはすでに一級品。もしかしたら最年少出場記録を更新するかもしれない。将来性☆5

Stephen Elkins ☆新加入!
ユースに自動昇格してきた次代のKieran Richardsonと期待される有望なミッドフィルダー。
しかし左サイドハーフの位置しか適正がないので現在左ウイングの練習中。将来性☆5

Mohamed Hossam ☆新加入!
エジプトのIsmailyから移籍金€22Kで獲得した有望なミッドフィルダー。
中盤と左サイドと中央ならどこでもこなせるポリバレント性を生かしてワイン農家で修行予定。将来性☆4.5

Gaspar González ☆新加入!
スペインのVillarrealから補償金€1.9Mでかっさらってきた有望な左ウイング。
値段の割にはまだまだ能力が低いのでユースでじっくり育成予定。将来性☆4.5

Eric Hoekstra ☆新加入!
オランダのsc Heerenveenから保障金€1.4Mでかっさらってきた有望なミッドフィルダー。
そこそこ能力もあって将来性も高いのに顔はあまり良くないのがアレ。将来性☆5

Berat Duka ☆新加入!
ドイツのUnion Berlinからボスマン移籍で獲得した有望なミッドフィルダー。
ひらめきや創造性が高いのがちょっと楽しみな存在だったりする。将来性☆3.5

Walid Bah ☆新加入!
フランスのMontpellier Hérault SCからボスマン移籍で獲得した有望なミッドフィルダー。
こちらはスピードとスキルに優れているのが特徴。将来性☆4.5

David Gómez ☆新加入!
スペインのHérculesから移籍金€350Kで獲得した有望なミッドフィルダー。
15歳にして攻撃能力はなかなかのもの。次代のエース候補といえるかもしれない。将来性☆4.5

Will Roose
昨夏に獲得してじっくり育成しているウェールズ出身の有望なミッドフィルダー。
ライバルが一気に増えたので切磋琢磨して頑張ってほしいところ。将来性☆4

Christophe Besseyre
じっくり育成してたらクラブ内育成選手になったフランス出身の有望なストライカー。
能力の伸びがしょっぱいので今シーズンは期限付移籍リストに載せてみます。将来性☆4.5

Manuel Leto ☆新加入!
イタリアのSampdoriaから補償金€1.5Mでかっさらってきた有望なストライカー。
メディアからはAmauriの再来と期待されているらしい。イタリア人らしくひらめきが高いのも良さ気。将来性☆4.5

Darren Camfield ☆新加入!
リーグ1のSheff Wedから移籍金€200Kで獲得した有望なストライカー。
身体能力に関しては控えとして起用できるレベルだけど他が低すぎてアレ。将来性☆4.5

Guglielmo Pelliccia ☆新加入!
イタリアのPratoから移籍金€3Kで獲得した有望なストライカー。
次代のAlberto Gilardinoと期待されてるらしいけど能力的にはまだ小粒。将来性☆4



○その他

・スタッフ情報
12oxu15staf_s.jpg
相変わらず色とりどりなスタッフが働いてます。
引退したPaulさんもコーチとして働きながらリザーブチームの監督も兼用。
あとうちにもChamberlainのおやっさんがいるので親子鷹になりました。
そのおかげで来てくれたのかもしれないし大事にしないとねー。

・人件費
12oxu1507pay.jpg
昇給やら新戦力獲得やらで結構人件費が膨らんでしまった。
それでもまだ予算の6割ぐらい。移籍予算からまわせばもっと余裕があります。
貧乏根性が染み付いてるのでなかなかでかい買い物ができなくて困る。



○世界の移籍情報

・6月
12oxu1506wt_s.jpg
ついに買い手としてOxfordの名前が載る時代がやってきました。
高額移籍は例年通りイングランド勢が目立つ感じ。プレミアバブル半端ないでぇ。

・6月の移籍金トップ3選手
12oxu1506wt1_s.jpg

12oxu1506wt2_s.jpg

12oxu1506wt3_s.jpg
これだけの能力の選手をお金出して買おうという考えがまったく頭に浮かばないから困る。
成り上がりに慣れたせいで育てる方が楽しく感じちゃうんだよなぁ。

・7月
12oxu1507wt_s.jpg
7月はイングランド以外の主要リーグ勢が高額移籍の買い手として目立ちました。
これだけポンポンお金出せるクラブはやっぱり入場料収入とかで儲けてるんだろうか。

・7月の移籍金トップ3選手
12oxu1507wt1_s.jpg

12oxu1507wt2_s.jpg

12oxu1507wt3_s.jpg
Griezmannの移籍は正直意外だった。
あとなんかえげつない架空選手が出てきました。
Barcelonaとはスーパーカップで対戦するんだから勘弁してほしいんだぜ。



○試合結果
12oxu1507sche.jpg
プレシーズンマッチでも相変わらず守備陣は好調。
R. Madridには「€1Mやるから親善試合やろうぜ!」と言われてホイホイついていきました。
最後は傘下クラブを一方的にぶちのめして士気も最高に。この勢いで波に乗りたいところだ。

・シーズンに向けて
そんなこんなでプレミア2年目のシーズンが開始。
戦力的にはそこまで変化がないので今シーズンも上位争いはできるんじゃないかと予想してます。
チャンピオンズリーグの方は厳しそうなのでベストメンバーでは臨むものの無理はしない方向でアレ。
ただFurkanなど古参メンバーがクラブ内育成選手になったので選手登録が楽になったのは地味に嬉しい。
後はとにかく余剰戦力をどうにかしたい。逆オファーかけても買い手つかなくてカナシス。
そんなこんなで


つづく



スポンサーサイト

この記事へのコメント

えげつない架空選手ですなぁ ・w・;

リアルでこんな選手の情報出てきたら。
かなりのマネーゲームになりそうな悪寒。

イングランドプレイから逃げて、現在はイタリアで再開。
Avelinoというクラブでスタート。
借金無し・スタジアムそこそこでかいという好条件。
ただ、スタッフが……トレーナーの理学1は笑うしかない。

ふと思ったんですけど。
スタッフの質からいうとイングランドってかなりいい感じですね。
イタリアだとあんまりいいのが出てこないので

Posted at 10:48:31 2012/09/30 by デイラミ

この記事へのコメント

フィジカルトレーナーに関しては理学療法20が開始当初から無職で転がってるので楽ですね。
コーチはトレーニング効果が☆3.5とか4のを初期に雇った気がします。
数年経てば優秀なスタッフがゴロゴロ出てくるのはなんとも言えませんな。

Posted at 14:01:46 2012/09/30 by ( ´∀`)ノCarra

この記事へのコメント

まず架空選手の多さに驚き、
U19の獲得数に吹き、
Dehesaのステにのけぞりましたw

成り上がりプレイで陥る罠は、
チームの地位向上にともなって、コーチの評価基準が変わるんでしょうが、
☆5の選手がいつのまにか☆3になってたりw
まあ、ここまでくるとそういうことはないんでしょうけどw

Posted at 16:21:25 2012/09/30 by Rakkyo

この記事へのコメント

イギリスに人買い集団があると聞いて
どうやら牛のマークを付けた怪しげな人が、
前途有望な若手を次々と言葉巧みに次々と連れ去ってると聞いたのですが・・・w

今回は縛りプレイのおかげでスカウト活動時間ほぼ0な私とは大違いな素晴らしい働きっぷりですね
あまりの選手達の凄さに、チェンバレンすらかすんで見えるというw

Dehesaクラスの選手は今作出にくいイメージですねー、
始めてプレイした2010あたりは、ビッククラブはバンバン化け物クラスを
何処からか獲得してたきがするのですが。
正直2012はライバルクラブの補強が物足りないと思うので
このクラスの選手をプレミアのトップクラブも獲得して、
目標達成困難なくらいまで苦戦したらいいと思うんだ^^

Posted at 16:46:39 2012/09/30 by ryoku

この記事へのコメント

どもども

>>Rakkyo氏
なんかOxfordで成り上がりばっかやってるせいか金銭感覚がプレミアについていけないんですよね。
1.能力あって将来性が高い→「値段の関係で厳しいわー」
2.能力あって伸び代ない→「伸び代ないのにこの値段は高いわー」
3.能力なくても将来性高い→「時間かかっても育てれば問題なくね」
この3択の中だと問答無用で3選んじゃうんですよ。その方が金銭的なリスク少ないですしおすし。
その結果5年も経つと架空選手ばっかりになっちゃうっていう。
本当はDavid Villaとか放り出されてたからとりたかったんですけどお金がねー。

で、各国のユース選手生成日見計らってガンガンスカウト飛ばしてたんですが、
プリミア所属という事もあってオファー受けてくれる選手がこれまでより一気に増えて、
気づいたらこれだけの人数という訳ですよ。チョットヤリスギタ

あとコーチ評価の☆は現段階でもちょっと変化してるのでまだまだ油断はできそうにないですねー。

>>ryoku氏
チガウヨ!全然チガウヨ!
ワタシ人身売買ナンテシテナイヨ!

うちもDehesaクラスってのは今作では初めて見ましたねー。
経歴見たらBocaのユース出身、1年前にShakhtarへ移籍で今回Barcelonaらしいです。
実は新しく雇ったスカウトのレポートに載ってたんですが金銭的な問題でスルーしちゃいました。

確かに欧州のメガクラブに架空選手が食い込んでくるタイミングが遅い気はしますね。
単純に架空選手の能力が抑えられてそのタイミングが遅くなってるのかはわかりませんが、
実在選手が長く活躍できるのはアレですよね。まぁうちはまったくベクトルが逆ですけども。

Posted at 21:01:17 2012/09/30 by ( ´∀`)ノCarra

この記事へのコメント

始めてやったFM2010
何が衝撃的だったって開始2年目で、バルサのメッシが、
同じアルゼンチンの架空選手にポジションを奪われ、サイドで起用されていたことw
実際、能力もその時点でメッシ以上だった・・・
そしてレアル見たら、レアルにも同じようなブラジル人だかの
化け物がいてさすがにないわーと思ったのを覚えてます。w

Posted at 23:12:07 2012/09/30 by ryoku

この記事へのコメント

流石にそれはちょっとテンション下がりますなー。
それに比べたらだいぶマシになったと言えますよね。
でもそろそろ顔をどうにかしてほしい今日この頃。
見慣れると愛着わくけどそこまでいくのが一苦労。

Posted at 22:34:21 2012/10/01 by ( ´∀`)ノCarra

コメントフォーム


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。