2011-12-21      Oxford 2015-16 その3 October

○理事会より
151001news.jpg
チャンピオンズリーグのおかげで順調に利益が出てます。
グループステージでも1勝する度に800Kもらえるのはでかい。
決勝トーナメントに進出したらいくらもらえるんだろう。



Oxford vs Aston Villa イングランド プレミアリーグ 第6節

・スタメン
151003form.jpg
中3日でプレミアリーグに戻り、メディア予想8位のAston Villaと対戦。
Jorgeが怪我から復帰したのでスタメン入り。Joshは再び控えに。
前線頼みの攻撃から脱却できないかなぁと役割やタスクをいじってみる。
ワントップをサポートにして、センターハーフの一人を攻撃タスクに。
それから両ウイングをインサイドフォワードに変えて、全体が中央のスペースを意識する形にしてみました。
ライン際での攻め上がりはサイドバックのオーバーラップに任せる感じです。
幅も狭く設定してるので上手く機能すればパスが繋がるようになるはず。
負けても何かしらいい動きを見せてほしい。

・結果
151003news.jpg
思った以上に機能して勝利しました。
空いたスペースに選手がどんどん飛び込んでいくのが楽しくて仕方ない。
ただこれだとどうもワントップの得点が少なくなりそうで心配。
まぁ攻撃タスクでもゴール奪えてないので別にいいっちゃいいんですけども。

・ハイライト

得点1:FontainのクロスにDemircanが合わせて先制。何気にVivaldyが相手ディフェンスをひきつけてます。
得点2:流れるようなパスワークから途中出場のCuevasが初ゴール。こんな連携が見たかったんだよ!!



Oxford vs Man City イングランド プレミアリーグ 第7節

・スタメン
151006form.jpg
中2日で優勝候補のManchester Cityと対戦。
サブ組がいい感じだったのでメイン組の方もタスクをいじってみる。
ワントップはサポートタスクにした方が他の選手の飛び出しが生きるってのがよくわかったのです。
ちょっと不安だけどサイドバックも攻撃タスクのままで行ってみることに。
代わりにJannelを攻撃タスクにしてみたけどこれで守備崩壊したら笑うしかない。

・結果
151006news.jpg
2得点に絡んだKakáのおかげで勝利。
試合内容はほぼ互角だったけど無駄にファウル与えちゃったのがアレ。
それから無失点とはいえ決定機を2回与えてたりでやっぱり守備に不安が残る。
攻撃をとるか守備をとるかはてさて。

・ハイライト

得点1:Mutomboのドリブル突破からAkçayを経由してKakáが押し込み先制。Oxfordでの初ゴールです。
得点2:スルーに抜け出したKakáが中に戻してPetrucciが綺麗に流し込む。イイヨイイヨー。



Stoke vs Oxford イングランド プレミアリーグ 第8節

・スタメン
151017form.jpg
代表戦の関係で中10日空いて降格候補のStokeと対戦。
Aston Villa戦で結構いい感じだったので今回も期待してます。
でも何が怖いって謎の下位パワーと慢心が怖い。プロなんだからきっちり仕事してほしい。

・結果
151017news.jpg
なんとか1点を守りきって辛勝しました。
案の定慢心して大苦戦。結構マジでいい加減にしてほしい。
戦術自体はそこそこ機能してたのでなんか残念。

・ハイライト

Fontainのループシュートを最後はディフェンダーが押し込んでしまいオウンゴールに。
中に切り込ませた方がいい働きしますねー。



Dinamo Moscow vs Oxford UEFA チャンピオンズリーグ グループG

・スタメン
151020form.jpg
中2日でチャンピオンズリーグ、ロシアのDinamo Moscowと対戦します。
ブラジル代表触ってみてうちのサイドバックには攻撃参加は厳しいという結論に。
というわけで両サイドバックのタスクをまたサポートに戻しました。
ついでにゴールキーパーのタスクもサポートに戻す。
グループGの中では一番楽な相手だと思うのできっちり勝っておきたいです。

・結果
151020news.jpg
3点全てに絡んだAkçayの大活躍で快勝。
支配率が悪かったりシュートが枠に飛ばなかったりでしたが一人で試合を決めてくれました。
こちらもどうもインサイドフォワードの方が動きがいいらしい。
このあたりちょっと考察してみようと思う。

・ハイライト

得点1:Akçayのクロスに飛び出したのはPetrucci。なかなかいい形で先制しました。
得点2:相手のバックパスがライン裏に残ってたAkçayに繋がって追加点。ディフェンス涙目。
得点3:逆サイドからまわってきたボールをダイレクトで叩き込むAkçay。意外と得点力あるんだよなぁ。



○ワントップとサイドアタッカーについて
戦術に関して色々と試してきましたがそろそろ固まってきた感があります。
というわけでずっと使い続けてきたワントップとサイドアタッカーについて使用感を書いてみるテスツ。

・攻撃タスクのワントップ
とにかく前へ前へ突破しようとするので、ある程度の個人技と裏のスペースがないと悲しい結末になる。
特にドン引きの相手に関しては手詰まりになりやすい。前へ出ようにもスペースがない。
それから周りのサポートがないと思ったより得点が伸びない。
あと攻撃タスクのトップ下を置いてる場合は役割が被ってトップ下の選手が空気になる。
ただ裏のスペースが広かったり、カウンター時に一人で持ち込めるポーチャータイプにはかなりオススメ。

・サポートタスクのワントップ
中盤まで下がってくるので周りの選手の設定によって生きたり死んだりする。
特に代わりに攻めてくれる選手がいないと全体を押し上げられなくて詰む。
チャンスがあればちゃんと前に出るのでそれなりに点はとる。
ディフェンスを引きつけて中盤の選手が飛び出すスペースをあけてくれるのが良い感じ。
ドン引きの相手に対して有効な気がする。

・ウイング
サポートタスクでもボールを受けるとちゃんとサイドを駆け上がってクロスを上げてくれる。
攻撃の頻度と守備時のポジショニングがタスクによって変わるような感じ。
ただワントップだとクロスをあげたのに中に誰もいない事もしばしば。
それなのに相手のディフェンスはやたら人数いて弾かれるから困る。

・インサイドフォワード
いける時は切り込んで、無理な時はサイドを駆け上がってクロスを上げる。
ディフェンスを引きつけて中盤まで下がるサポートタスクのワントップと相性がいい感じ。
切り込んで空いたスペースにサイドバックが上がってくるのもいい。
ただ中央に集まりすぎてポジショニング被る事もちょくちょくある。

とりあえずサポートタスクのワントップ+攻撃タスクのインサイドフォワードという形で落ち着きそう。
後は中盤の選手の役割だなぁ。



Oxford vs Sunderland イングランド プレミアリーグ 第9節

・スタメン
151024form.jpg
中3日でプレミアに戻り、現在13位のSunderlandと対戦。
ホームアドバンテージがあるのでここはきっちり勝っておきたい。
でもきっちり勝ちきれないのがサブ組。調子はいいけどどうだろう。

・結果
151024news.jpg
一旦追いつかれたもののなんとか突き放して勝利。
中でもVivaldyOxford初ゴールで話題は持ちきり。
師匠化してたせいもあって試合後の記者会見でも散々質問されました。
ただこの先もまた師匠化するようなら他の選手にチャンス与えた方がいいかもしれない。

・ハイライト

得点1:スルーパスに抜け出したVivaldyがディフェンダーを上手くかわして先制。ゴール量産となるか。
失点1:相変わらず苦手なコーナーから失点。うーんどうにかしたい。
得点2:しかし負けじとこちらもコーナーで返す。Rigbyが決めるとは珍しい。



Oxford vs Everton イングランド リーグカップ 4ラウンド

・スタメン
151027form.jpg
中2日でリーグカップでEvertonと対戦。
特に重要視してない大会なのでメイン組を中心に若手メンバーで固めてみました。
獲得したばかりのSanabriaCuevasはたまに使わないとサポーターから文句言われるんで困る。
ただ守備が不安なのでサブ組の戦術を元に前線をいじってこんな感じに。
そういえばインサイドフォワードに攻撃タスクのワントップを組み合わせるの初めてかもしれない。
どんな風に機能するんだろう。

・結果
151027news.jpg
思ったより機能して快勝でした。
ワントップが上がって空いたスペースをインサイドフォワード二人が有効活用する感じ。
ただやっぱり裏にスペースがないと攻撃タスクのワントップは動きづらそう。
ポーチャータイプを使う時はどうしたもんかなぁ。

・ハイライト

得点1:自らゲットしたPKを冷静に決めるTej。18歳のくせに落ち着いてるなぁ。
得点2:TejのクロスにHinshelwoodが豪快に合わせて追加点。結構ゴール奪うんだよなぁ。
得点3:スルーパスに反応したSanabriaが初ゴールを決める。おめおめ。

・準々決勝 抽選結果
151031news.jpg
準々決勝の相手はかつての親クラブ、Manchester Unitedに決定。
いまのところ負け越してるのでどうにか借りを返したいところ。



Bolton vs Oxford イングランド プレミアリーグ 第10節

・スタメン
151031form.jpg
中3日でプレミアに戻り、降格候補のBoltonと対戦。
メディア予想は14位なのに現在18位とかなり調子を落としてます。
そんな相手なら楽勝かと思いきや、慢心という敵が立ちはだかるので意外ときつい。
特にサブ組なんで押し切る事も難しそう。プロなんだから仕事してくれ。マジで。

・結果
151031news2.jpg
前線が上手く機能して勝利。
案の定慢心気味で前半終了間際に1点返されて(#^ω^)ビキビキ
思わず「落胆している」と言い放ったら後半に追加点をあげました。
でも試合後アシマネに聞いてみたら効果はなかったらしい。こやつめハハハ。

・ハイライト

得点1:VivaldyFontainとのコンビプレイで先制点げっと。ようやくエンジンかかってきた。
得点2:今度はVivaldyから受けたパスをFontainが決めて追加点。息が合うんだろうか。
失点1:しかしディフェンスラインの裏をつかれて失点。原因作ったのはVivaldyらしい。こやつめハハハ。
得点3:やばいかなと思いきや途中出場のVojacekがトップチーム初ゴール。いい駄目押し弾でした。



○試合結果
1510sche.jpg
全勝フォーゥ!!!
守備の安定に加えてインサイドフォワードの採用で得点力が上がってきました。
何よりサブ組でもきっちり結果を出せるようになってきたのが良い感じ。
この調子でプレミアリーグはもとよりチャンピオンズリーグでも大暴れや!!

・月間ベストゴール

今回はAston Villa戦よりCuevasのゴールを選出。
Vivaldyのポストプレイから生まれたこのゴールはまさに狙い通り。
前線だけでなく中盤もちゃんと攻撃に絡むという点でも印象的でした。
もっとこんなゴールが見たーい。


つづかない

スポンサーサイト

    2011-12-15      Oxford 2015-16 その2 September

○理事会より
150901news.jpg
チャンピオンズリーグのグループステージ進出により7Mもらったりで利益がガッポリ。
新スタジアムの恩恵はシーズンチケット収入が1.5倍になったぐらいしかまだよくわからない。
賞金で稼げるように頑張らないとなー。



Arsenal vs Oxford イングランド プレミアリーグ 第3節

・スタメン
150912form.jpg
代表戦の関係で中14日空いてプレミアリーグでArsenalと対戦。
4日後にチャンピオンズリーグの試合があるのでメイン組は温存。
Worleyだけ試合勘が鈍っててリザーブ戦に出たせいで欠場。代わりにFellahがスタメンデビュー。
あとColonnetteのメイン組移動の影響でJorgeがこっちに加入してます。
戦術に関しては前線3人に任せる事に決めました。ある程度チャンスが来ればいいけどなぁ。

・結果
150912news.jpg
なんとかスコアレスドローに持ち込みました。
ファウルがちょっと多かったけどArsenal相手だし仕方ないかなーという感じ。
相手の半分ぐらいチャンスはあったのでサブ組にしては頑張ったんじゃないかと。
あとスタメンデビューのFellahがマンオブザマッチに選ばれる活躍を見せました。
大きく育てよぉ。



Shakhtar vs Oxford UEFA チャンピオンズリーグ グループG

・スタメン
150916form.jpg
というわけで中3日でチャンピオンズリーグのグループステージ初戦、ウクライナのShakhtarと対戦します。
当然ながらベストメンバーでお相手。なんかもう楽しみで仕方ない。
相手のトップチームにゴールキーパーが6人いたり、スイーパー使ってたりが気になるけど大丈夫だよね。

・結果
150916news.jpg
前半かなり押されてたけど後半盛り返して勝利。
追いつかれてもなんとなく勝てるような気がしてました。
R. Madridに勝ったって事実はやっぱり自信になりますね。
それからMutomboがワンダーボーイになってた事に初めて気付く。
一体いつの間に‥‥。

・ハイライト

得点1:Colonnetteがポストを叩く強烈なロングシュートを放って先制。もしかしてスナイパーなんだろうか。
失点1:コーナーからの混戦で押し込まれて失点。こういう失点は本当勿体無い。
得点2:しかしこちらも負けじとコーナーから得点。Malongaの高さをなめるなよー。



Oxford vs Everton イングランド プレミアリーグ 第4節

・スタメン
150919form.jpg
中2日でプレミアリーグに戻り、ホームでEvertonと対戦。
サブ組ターンとなりArsenal戦がいい感じだったので引き続き戦術は同じ。
前まで繋がらないのでライン最高にしてた事を思い出す。
メンタリティである程度調整できそうなのでそっちでアレする事にします。

・結果
150919news.jpg
押され気味だったもののチャンスを上手くものにして辛勝。
行ったり来たりで互いにシュート数の少ない試合となりました。
Evertonはメディア予想9位なのでこのあたりにホームで完勝できないのがサブ組の限界っぽい。
もうちょいどうにかしないとなぁ。

・ハイライト

JoanのスルーパスにFontainが上手く抜け出して先制。
真ん中に大きなスペースが空いてたおかげです。でもVivaldyDemircanは何やってんだ。

・アクシデント
150919news2.jpg
ハイライト見てわかる通り、Jorgeが試合中に負傷しました。
またも軽症だったのはフィジオのおかげなんだろうか。でもこれでJoshの出番が来るかも。



Oxford vs Torquay イングランド リーグカップ 3ラウンド

・スタメン
150922form.jpg
中2日でリーグカップで3部のTorquayと対戦。
かなりの格下なので若手メンバーでお相手します。
何人かはレギュラーになれそうな選手もいるのでたぶん問題ないはず。
Hinshelwoodのウイング適正がかなり低くなってきたのが心配なくらい。
移籍リストに載ってるような選手もいるけど、サクっと勝ってくれる事を期待。

・結果
150922news.jpg
ちょっと慢心気味でしたが問題なく勝利。
決定機5回の割に2点しか奪えなかったのはやはり若手組だからか。
イマイチ決定力がないのが気になりました。
やっぱりまだまだ控えだなぁ。

・ハイライト

得点1:Zambraがサイドから駆け上がり、代わりに中央に入ったHinshelwoodがフィニッシュ。イイヨイイヨー。
得点2:ドリブルで持ち込んで上手く流し込むZambra。このレベル相手には脅威のスピードらしい。

・4ラウンド 抽選結果
150926news.jpg
次の対戦相手はプレミアで戦ったばかりのEvertonに決定。
メイン組ならいけると思うけどサブ組だとちょっと厳しいかもしれない。



Wolves vs Oxford イングランド プレミアリーグ 第5節

・スタメン
150926form.jpg
中3日でプレミアリーグに戻ってメディア予想12位のWolverhamptonと対戦。
Jorgeの負傷離脱で代わりにJoshがスタメン入り。
試合勘鈍ってるのが心配。あとサブ組で相手できるのかも心配。

・結果
150926news2.jpg
先制されましたがギリギリで逆転できました。
支配率は高くてもチャンスの数は負けてるので割と危なかった試合。
まだまだサブ組は頼りないのです。

・ハイライト

失点1:サイドを切り崩されて失点。やっぱりディフェンスの連携が拙い。
得点1:Fontainが見事な直接フリーキックを決めて試合を振り出しに戻す。よく決まったなぁ。
得点2:途中出場JamesのクロスにDemircanが合わせて逆転。嬉しい初ゴールです。



Oxford vs Leverkusen UEFA チャンピオンズリーグ グループG

・スタメン
150929form.jpg
中2日でチャンピオンズリーグ、ホームにLeverkusenを迎えて対戦です。
相変わらずブンデス4位とか調子のいい相手なので戦々恐々。
でもこっちだってR. Madridを筆頭に強豪といい勝負してるので負けられない。
あとクラブワールドカップを見て両サイドバックを攻撃的にしてみる。
ほとんど2バック状態なんだから恐れ入るわぁ。
諸刃の剣だろうけど吉と出るか凶と出るか。

・結果
150929news.jpg
Gilのハットトリックなど大量5得点で快勝。
2点奪われたのはアレですが終盤さらに突き放しました。
攻撃に厚みは出るけどやっぱ守備が不安定になりますねー。
決定機の数は勝ったけど支配率もシュート数も負けてたしどうしたものか。

・ハイライト

得点1:NanniPetrucciKakáと繋がって最後はGilが冷静に流し込む。いい連携ですわー。
失点1:完全に裏をとられて失点。ラインが揃ってるのでオフサイドトラップ失敗したのかもしれない。
得点2:ColonnetteのスルーパスにGilが抜け出して2点目。落ち着いてますわー。
得点3:セカンドボールをColonnetteがヘディングで裏に通し、Hinshelwoodのゴールをアシスト。イイヨイイヨー。
失点2:しかしコーナーからクロスバーを叩くヘディングを決められ1点差に。この時はちょっと焦った。
得点4:Hinshelwoodのドリブル突破からGilが合わせてハットトリック達成。ヒューッ!
得点5:今度はKakáがドリブルで持ち込んでHinshelwoodの2点目をお膳立て。ご馳走さまでした。



○試合結果
1509sche.jpg
守護神Jannelを中心とした守備陣の奮闘で安定した成績を収めてます。
記者会見でも「他のチームが放っておかないんじゃないですか?」とかいう質問されるぐらい評価が高い。
それから新加入のベテランKakáが結構いい動きを見せてます。
年齢を感じさせないようなドリブル突破からチャンスが生まれてるのがアレ。
逆にPetrucciがちょっと空気になってるのが悲しい。
とはいえアシストになる前のプレイなんかで貢献してくれてるので特に心配はしてません。

・月間ベストゴール

今回はLeverkusen戦よりGilの1点目を選出。
攻撃参加させたサイドバックのNanniからPetrucciKakáという二人のキープレイヤーを経由してフィニッシュ。
流れるような連携から生まれた理想的なゴールでした。
こういった連携で上手く相手を崩せるようになりたいですねー。


つづく

    2011-12-11      ブラジル代表 2015-16 その1

n150727news2.jpg
というわけで唐突に始まったブラジル代表編。
Oxfordと同時進行なのでこっちはかなりのんびりしたペースになると思います。
でもブラジル代表監督はちょっとした事で解任されるらしいのですぐ終わるかもしれません。



○選手紹介
サッカー協会の期待に答えるため、3年後のワールドカップを見据えて代表選手を招集。
怪我で召集を断念した選手もいますがしばらくこのメンバーが中心となります。

GK
・Luís Guilherme
1508luisguilherme_s.jpg
Corinthians所属の若手ゴールキーパー。
あと2大会先でも正守護神として頑張ってくれそうな期待の星。
リアルではイングランドを経由して現在Olympique Lyonnaisにいるらしい。

・Victor
1508victor_s.jpg
リアルと同じくGrêmio所属のベテランゴールキーパー。
デビューから現在までずっとブラジルのクラブで頑張っているなかなか渋い選手です。
ゴールキーパーはピークが遅いので3年後もいるかもしれない。

・Diego Alves
1508diegoalves_s.jpg
Sevilla所属の中堅ゴールキーパー。
第3ゴールキーパーなのでたぶんなかなか出番はない。
リアルではValencia所属で最近A代表デビューを飾ったらしい。

DF サイド
・Daniel Alves
1508danielalves_s.jpg
リアルと同じくBarcelona所属のベテラン右サイドバック。
3年後までもつかわからないけど現時点なら召集しないわけにもいかない偉大な存在。
今月のクラブワールドカップで来日するのでそちらの活躍にも期待。

・Fábio
1508fabio_s.jpg
リアルと同じくManchester United所属の若手サイドバック。
本職は右だけど双子の弟と一緒にプレイするために左でもプレイできるようになったという面白い選手。
ただ弟のRafaelと間違えて召集しちゃっという罠。やっちまったな。

・Marcelo Vieira
1508marcelovieira_s.jpg
リアルと同じくR. Madrid所属の左サイドバック。
同じ名前の選手がいるのでニックネームを設定してみました。
3年後にも間違いなく主力になっているであろう選手の一人です。

・Alex Sandro
1508alexsandro_s.jpg
PSV所属の若手左サイドバック。
U-20代表として2011年の南米ユース選手権に出場して優勝に貢献した選手だとか。
リアルではPortoに所属。最近A代表デビューしたらしい。

センター
・Thiago Silva
1508thiagosilva_s.jpg
リアルと同じくA.C. Milan所属のセンターバック。
偉大な選手達の薫陶を受け、今やブラジル代表ディフェンス陣の大黒柱に成長。
円熟期に入るけどたぶん3年後も主力として頑張ってるはず。

・David Luiz
1508davidluiz_s.jpg
リアルと同じくChlsea所属の力強いセンターバック。
こちらもディフェンスの柱に成長しているので3年後も主力として使えそう。
このレベルのセンターバックがOxfordに欲しい。

・Breno
1508breno_s.jpg
リアルと同じくFC Bayern所属のセンターバック。
ゲーム内2年目からクラブでコンスタントに出場機会を得て、現在では代表に定着するほどになりました。
自宅に放火して逮捕されたりとリアルでは苦難続き。頑張れ。

・Rafael Tolói
1508rafaeltoloi_s.jpg
Werder Bremen所属の若手センターバック。
あっちこっちのクラブを渡り歩いてるみたいですが、次の次を見据えてバックアッパーとして召集してみました。
リアルではブラジルのGoiásに所属。あんまり情報が出てこない。

MF ディフェンシブ
・Sandro
1508sandro_s.jpg
HSV所属のディフェンシブハーフ。
ディフェンスだけでなく全ての能力がバランス良く高くて試合の組み立てにも期待できる存在。
リアルではTottenhamに所属。先月代表初ゴールをあげたとか。

・Fernando
1508fernando_s.jpg
リアルと同じくPorto所属の中堅ディフェンシブハーフ。
こちらはオーソドックスなディフェンシブハーフといった感じの能力。
ただSandroより年齢が高いので、若手が出てきたら召集しなくなるかもしれない。

センター
・Duarte
1508duarte_s.jpg
R. Madrid所属の若手センターハーフ。
3年後どころかその次の次にも主力として通用しそうな超逸材。
上手く探索できてれば今頃Oxfordに加入してたかもしれない。

・Ramires
1508ramires_s.jpg
リアルと同じくChelsea所属のセンターハーフ。
オフェンシブハーフも天性ですが守備力が高かったりとバランスのいい能力になってます。
中盤のバランサーとして機能してくれることを期待。

・Marcelo
1508marcelo_s.jpg
Olympique de Marseille所属の若手センターハーフ。
こちらも上手く探索できてれば獲得できたかもしれない、これからのブラジル代表を担っていく存在です。
TejColonnetteなんかは近い将来このレベルになりそうだなぁ。

・Lucas Leiva
1508lucasleiva_s.jpg
リアルと同じくLiverpool所属のセンターハーフ。同じ名前の選手がいるのでニックネームを設定。
プレイスタイルや能力からレジスタタイプの選手ですが、代表ではセンターハーフで起用予定。
もちろんディフェンシブハーフの二人に何かあった時にはディフェンシブハーフとしても起用するよ!

オフェンシブ
・Ganso
1508ganso_s.jpg
Barcelona所属の天才司令塔。本名じゃわかりづらいのでニックネーム設定しました。
リアルではSantosに所属し、欧州のビッグクラブから引く手数多の状態。
今月のクラブワールドカップで来日するので要注目な選手です。

・Douglas Costa
1508douglascosta_s.jpg
Inter所属の若手オフェンシブハーフ。
両利きな上に守備的なポジション以外なら右も左も真ん中もこなせるなかなか便利な選手です。
リアルではウクライナのShakhtarに所属。ゲームのようにビッグクラブへの移籍はなるか。

・Lucas
1508lucas_s.jpg
A.C. Milan所属の若手オフェンシブハーフ。
こちらも攻撃的なポジションならどこでも無難にこなせる便利な選手。
リアルではSão Pauloに所属。今年9月のアルゼンチン戦で代表初ゴールを決めたらしい。

FW
・Hulk
1508hulk_s.jpg
リアルと同じくPorto所属のストライカー。皆様ご存知、Jリーグでも活躍した超人Hulk
圧倒的なフィジカルとパワーでゴールを奪う文字通りのストライカー。
問題は3年後までこの能力を維持できるか。できれば間違いなく得点王候補になるはず。

・Neymar
1508neymar_s.jpg
At. Madrid所属のストライカー。ブラジル新世代のアイドル選手です。
リアルではGansoと同じSantos所属で親友同士の間柄らしい。
こちらもクラブワールドカップで来日するので要注目。

・Jonas
1508jonas_s.jpg
リアルと同じくValencia所属のベテランストライカー。
怪我で召集できなかった選手の代わりに代表に呼んでみました。
ゲーム内では未だに代表出場なしだけどリアルでは先月の親善試合で2得点してるんだぜ。



○やほーい!親善試合だぜーい!
選手も選び終えてOxfordの試合も進めてやっと初戦となるアメリカ代表との親善試合。
よーしインタビューされたからパパ答えちゃうぞー!と思ったら他に見慣れないニュースが。

n150811news.jpg
('A`)め‥めんどくせぇ‥‥

こっちもクラブの監督やってるからわからないでもないけども。
っていうかそんな申請できる事を初めて知りましたよ。
これは益々親善試合が難しくなりそうな予感。パズル解く気分になってきたぞ。



アメリカ vs ブラジル 親善試合

・スタメン
n150812form.jpg
というわけで新生ブラジル代表の初陣です。
センターの人材が豊富なので4-1-2-1-2でガンガンいこうぜ!ってな感じ。
でもスタメンのうち5人が45分の出場制限ありで交代枠が6つ。どう考えても足りない。
でもワールドカップを目指すならこんなところで負けてられない。
仮に負けたらたぶん解任。おおこわいこわい。

・結果
n150812news.jpg
支配率が上がらなくて不安でしたが終わってみれば圧勝でした。
足も速いしパスも上手いしシュートも強烈だしで言う事なし。
ただいきなりDaniel Alvesが負傷退場して、交代枠がもう埋まったのがアレ。
どうやら脳震盪で軽症を負ったらしい。めちゃくちゃビビるのでできれば勘弁していただきたい。

・ハイライト

得点1:カウンターからNeymarのドリブル突破で最後はRamires。幸先のいいスタートでした。
得点2:コーナーからNeymarが流し込んで2点目ゲット。ニアが狙い目な様子。
得点3:再びNeymarがクロスバーを叩く強烈なシュートで3点目。やっぱり凄い選手だ。
得点4:フリーキックのチャンスにMarceloがこちらもクロスバーを叩く強烈なシュートで得点。半端ない。
得点5:先制点を決めたRamiresがゴール隅を狙い済ましたシュートでさらに追加点をあげる。
失点1:しかしコーナーから1点返されて完封ならず。これさえなければ完璧だったのになぁ。

・ピックアップ
n150812news2.jpg
初召集された選手が感謝の気持ちを述べたりなどなかなか面白いニュースが多い代表戦。
今回はセンターバックのDavid Luizが汚名返上したとのニュースが入ってきました。
どうやら過去にやっちまったらしい。仕方ないね。



○次戦に向けて
次の試合は我らが日本、そしてノルウェーとの親善試合2連戦。
日程が一月空くのでその間に負傷から復帰する選手などもあって少しメンバーが入れ替わりました。
意図的に代表から外した選手はVictorFábioJonasの3人。
クラブの監督から召集辞退されたのがDavid LuizDuarteGansoLucasMarcelo VieiraDouglas Costa
それから初めて召集しようと思ったら辞退されたRafaelと7人でした。
ってかオフェンシブハーフ全員に断られるとか思ってませんでしたよ。
というわけで新たに召集した選手達のご紹介。

・Jefferson
1509jefferson_s.jpg
リアルと同じくBotafogo所属のベテランゴールキーパー。
リアルでも最近A代表デビューを飾ったという遅咲きの選手らしい。
国際経験はないけど年齢を重ねてるだけに頼りに出来るはず。

・Felipe Mattioni
1509felipemattioni_s.jpg
A.C. Milan所属の右サイドバック。
リアルではEspanyol所属ですが、うちの箱庭ではHSVを経由して古巣のA.C. Milanに戻ったらしい。
Rafaelが呼べなかったのでその代理。Daniel Alvesが衰えたら3年後にも出番あるかも。

・Diego Renan
1509diegorenan_s.jpg
Inter所属の左右両方こなせるサイドバック。
交代要員としても有用そうだけどMarcelo Vieiraの代理で召集したので左サイドを任せる予定。
リアルではユース時代からCruzeiro一筋らしい。ちなみに代表経験はない。

・Manoel
1509manoel_s.jpg
Genoa所属のセンターバック。
リアルではAtlético Paranaenseに所属だけど代表歴もないしあんまり話題にあがらないので隠れた逸材っぽい。
成長次第では3年後にワールドカップの舞台に立っててもおかしくない選手です。

・Pepe
1509pepe_s.jpg
Werder Bremen所属の若手右サイドハーフ。
まだ20歳にもなってませんが能力も高いし他にいい選手もいないしって事で初召集。
4-2-3-1を使う時には右サイドに配置してみようと思います。

・Passos
1509passos_s.jpg
Olympique Lyonnais所属の若手左サイドハーフ。
召集理由はPepeと同様。どうせ断られたなら若手にチャンス与えた方がいいだろう的な。
こちらも4-2-3-1で使う予定。逆に言えば使わなければ出番はなさげ。

・Kaká
1509kaka_s.jpg
Oxford所属のベテランオフェンシブハーフ。
3年後とか間違いなく無理だろうけどピンチヒッターとして召集してみました。
身内贔屓かもしれないけどまだまだ若いもんには負けないんだから仕方ない。

・Coutinho
1509coutinho_s.jpg
リアルと同じくInter所属の若手オフェンシブハーフ。
リアルでも将来を嘱望されてる選手なだけあっていい能力持ってます。
3年後もだけどその次でも主力にできそう。

・Renato Augusto
1509renatoaugusto_s.jpg
リアルと同じくLeverkusen所属のオフェンシブハーフ。
守備的なポジション以外なら中盤のどこでもプレイできるのが魅力。
ただ同じような選手が結構多いので3年後にも連れていくかは不明。

・Willian
1509willian_s.jpg
HSV所属のオフェンシブハーフ。
こちらもRenato Augusto同様、守備的なポジション以外なら中盤どこでもこなせるタイプ。
リアルではShakhtarに所属で最近A代表デビューを飾ったらしい。

・Pato
1509pato_s.jpg
リアルと同じくA.C. Milan所属のストライカー。
アメリカ戦の時には負傷で召集できなかったけど回復したのですぐ呼んでみました。
ただ試合勘が鈍ってるので途中出場になりそう。無理させるとまた怪我しそうですしおすし。

・Édson
1509edson_s.jpg
BenficaからMalmö FFにレンタル中の若手ストライカー。
まだまだ能力は低いんですが将来性を買って召集してみました。
必然的に出番は途中出場のみになると思いますがチャンスを掴み取ってほしい。

今回は召集メンバーが26人に増加。
この新メンバーを加えて日本とノルウェーとの親善試合に挑みます。



ブラジル vs 日本 親善試合

・スタメン
n150905form.jpg
というわけで親善試合2連戦第1戦、日本と対戦。
召集辞退された選手の代わりに入った選手はこんな感じ。
落とすと解任されそうなので割とベストな布陣で臨みます。
ついでに日本代表の布陣も見てみる。

j150905form.jpg
ど、どういうことなんだぜ‥‥
フォーメーションもびっくりだけど内田がセンターバックとかどうなってるの。
香川も前線に入ってるしよくわからない事になってる。
ちなみに背番号のない選手は灰色選手。これは負けるわけにはいかない。

・結果
n150905news.jpg
当然ながら特に危なげなく勝利をあげました。
ただ半分が枠外シュートだったりで正確性がイマイチ。
チャンスの数からするともっとゴール決めてもおかしくなかったはず。
ちなみに相手のシュートはわずか2本。いくら日本だからってそんな‥‥。

・ハイライト

得点1:コーナーからはじかれたボールをRamiresがミドルシュート。流石は天下のブラジル代表選手。
得点2:エリア内で受けたKakáが相手をあざ笑うかのように2点目を決める。なんだこのザル守備‥‥。



ノルウェー vs ブラジル 親善試合

・スタメン
n150909form.jpg
中3日で今度はアウェーでノルウェー戦。ってか移動距離が半端ないけど予定組んだ人は何考えてるの?
また45分制限食らった選手がいるので若手中心に4-2-3-1に切り替えました。
日本戦でも途中から4-2-3-1にしたので機能はするはず。
ただ世界ランクは日本より上なので(日本59位、ノルウェー46位)そこがどうなるかが謎。

・結果
n150909news.jpg
前半少し苦戦しましたがBrenoの2得点もあって快勝。
選手交代ミスったりでやっちまった試合でしたが選手が頑張ってくれました。
しかしノルウェー相手にこの苦戦だと強豪と当たった時がちょっと不安だ。

・ハイライト

得点1:コーナーからBreno弾で先制。強烈に叩きつけるお手本のようなヘディングです。
得点2:再びコーナーからBreno弾。今度は浮いたけどキーパー防ぎきれず。
得点3:カウンターからHulkのクロスにCoutinhoが合わせて3点目。速いなぁ。



○試合結果
n15sche1.jpg
そんなわけで親善試合3戦は危なげなく勝利。
負けたら即解任かもとか思ってましたがこれでなんとか首が繋がりました。
10月からワールドカップ予選が始まるので狙うは1位通過。
アルゼンチンには負けられないんだぜ!

・今回のベストゴール

ないと寂しいので代表戦でも選んでみる。今回はアメリカ戦よりMarceloのゴールを選出。
直接フリーキックが決まるだけでも気持ち良いのにバーを2回叩いて入るというキーパー泣かせの見事なコース。
Oxfordだとなかなか直接フリーキック決まるシーンが見れないので目の保養になりました。


つづく

    2011-12-11      Oxford 2015-16 その1 August

Oxford vs Chelsea イングランド コミュニティシールド

・スタメン
150809form.jpg
というわけで今シーズンもコミュニティシールドから始動。
Kakáの加入でピラミッドみたいなフォーメーションになりました。
ただ実戦で使うのはまだ2回目なのでどうなるかがまったくわからない。
できれば早くリードして引きこもりフォメに変えたい。

・結果
150809news.jpg
スコアレスドローでPK戦にまでもつれこみましたがなんとか勝利しました。
中盤スカスカで攻撃も守備も安定しないので途中から4-2-3-1に切り換え。
どうやら弱小相手にしか機能しなかったっぽい。まぁ当たり前か。
というわけでKakáはこの先センターハーフでの出場になりそうです。
Petrucciとポジションチェンジ設定するのも面白いかしら。

・アクシデント
150809news2.jpg
この試合でいきなりGilが負傷。軽症なのは幸いだけどなんだか不吉だわぁ。
ZambraJamesにとってはチャンスになるのでアレですけどねー。



Oxford vs Wigan イングランド プレミアリーグ 第1節

・スタメン
150815form.jpg
中5日でプレミアリーグ開幕戦、メディア予想17位のWiganと対戦します。
今シーズンのサブ組と引きこもり戦術はこんな感じ。
低い位置で奪ってウイングを中心にカウンターを狙う縦ポンサッカーに近い形。
ただディフェンスラインから前線までが長いので中盤あたりで分断される可能性もあり。
そもそも相手も引いてくる相手なので膠着状態になりそうな予感。

・結果
150815news.jpg
少し押され気味だったものの終わってみれば快勝。
スーパープレイなんかは出ましたが、案の定中盤から前線へのボール運びが停滞しました。
センターハーフの一方を攻撃タスクにした方が良かったかもしれない。

・ハイライト

得点1:コーナーからのWorley弾でいきなり先制。なんかこの光景懐かしいな。
得点2:今度はコーナーからはじかれたボールをColonnetteが拾ってロングシュート。これはすごい。
得点3:エリア内で倒されてPKゲット。Fontainが冷静に決めて3点目。
失点1:完封できるかと思ったらゴール正面から上手くシュートを撃たれて失点。うーん勿体無い。
得点4:Jamesのシュートのこぼれ球をHinshelwoodが押し込む。途中出場の二人が頑張りました。



○うほっ
150820news.jpg
次の試合に向けて戦術いじらないとなーと思ってたら朗報が。
以前放出したOrenugaが再び移籍したため、放出時に設定していた移籍条項が発動。
今回発生した移籍金の半分がOxfordに入ってくる事になりました。
放出する時にはもれなく設定してるのでまだまだ期待できそう。
楽しみがまた一つ増えました。



Chelsea vs Oxford イングランド プレミアリーグ 第2節

・スタメン
150823form.jpg
中7日で今度はリーグ戦でChelseaと対戦。
ピラミッドは機能しないと判断したので4-2-3-1に戻しました。あとGilも怪我から復帰。
ついでに前節で鮮烈なデビューを飾ったColonnetteを予定より早くメイン組に。
それを加味して中盤の配置をガシガシいじる。
ディフェンシブハーフもこなせるTejを守備的な位置に変更。
KakáはインサイドフォワードとしてPetrucciとポジション交換をしつつゴールに迫る。
そしてColonnetteTejの相方として中盤でバランスをとってもらうという形。
選手の質は上がってきたので前線からガンガンプレスをかけてチャンスを増やしたい。

・結果
150823news.jpg
支配率が低くて心配でしたがなんとか1点奪って辛勝。
チャンスの数も同じぐらいだったのでアウェーとしてはなかなか良い感じでした。
強豪クラブと互角に戦えるようになってきたのは嬉しいですねー。

・ハイライト

カウンターからPetrucciのクロスにGilが合わせてこれが決勝点に。
ディフェンスの合間を縫うラストパスは流石。守備タスク以外の5人がワーワー上がってくのもなんだか面白い。



○チャンピオンズリーグ グループステージ 抽選結果
150827news.jpg
('A`)またLeverkusenかよ‥‥
昨シーズン苦しめられただけに嫌な予感がひしひしとします。
ただ開幕2戦で2敗とイマイチ調子が上がっていない様子。できれば今のうちに叩きたい。
戦力見てみるとShakhtarDinamo Moscowとは良い勝負ができそうな感じ。
最低でもヨーロッパリーグに出られる3位は確保したいところ。

ちなみに全グループの組み合わせがこちら。例のごとくクリックすると拡大。
15eccgr_s.jpg
割とばらけましたが主要リーグのクラブが固まってるところは死のグループと言えそう。
中でもグループEはリーグ1のチャンピオンとエールディビジのチャンピオンにA.C. Milanという組み合わせ。
Baselが気の毒で仕方ない。

・UEFA スーパーカップ
150827news2.jpg
次戦はチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグの勝者が激突するスーパーカップ。
Kakáにとっては古巣との対決。ここで良い勝負ができればチャンピオンズリーグでも通用するはず。
とか考えてたら

150827news3.jpg
モウさんにいきなり「好きではない」とか言われる。
なんかモウさんに言われると凄くリアルに感じるから困る。
とりあえずこっちからは褒めておいたのでそのうちデレるかもしれない。



R. Madrid vs Oxford UEFA スーパーカップ

・スタメン
150828form.jpg
というわけで中4日でUEFAスーパーカップにてR. Madridと対戦します。
特に欠場者なんかもいないのでベストメンバーで臨んでみる。
一種のお祭りなのでチャンスがある限りは守備なんか気にしないでガンガン攻める。
注目はやっぱりKaká。古巣相手に躍動できるか。

・結果
150828news.jpg
勝った!あのR. Madridに勝ったよ!
試合運びも互角以上でなんとか1点もぎ取って押し切り勝ち。
これはチャンピオンズリーグの試合が楽しみになってきたぞー。
注目のKakáは削られた影響もあってハーフタイムに無念の途中交代。
それでもチャンスは結構作ってたのでそこそこ相手の脅威になったはず。

・ハイライト

スローインからNanniFontainに戻してクロス。合わせたのは途中出場のSvensson
キーパーCasillasは触るのが精一杯。でもこれがオウンゴール扱いになるのはちょっとなぁ。



○試合結果
1508sche.jpg
強豪とまともに戦えるようになったのはかなりでかい。
反面、メイン組とサブ組の戦力差が広がったのでそこをどう運用していくかが鍵。
親善試合でも負けたのはサブ組の試合だけでしたし、この先がちょっと怪しい。
とはいえサブ組は若手育成も兼ねてるので強豪相手でも引き分け狙える程度で十分だったりもする。
メイン組の目標はチャンピオンズリーグで決勝トーナメントに進む事。
サブ組の目標はリーグ戦で結果を出して、ついでにリーグカップも勝ち進めればいう事なし。
でも負傷者とか出ると厳しいよなぁ。

・月間ベストゴール

今回はWigan戦よりColonnetteの初ゴールを選出。
強烈なインパクトを残す見事なロングシュート。これはなかなか見られない。
しかもこれがプロデビュー戦だってんだから末恐ろしい。おおこわいこわい。


つづく

    2011-12-08      Oxford 2015-16 オフ

○昨シーズンのあれこれ

・チーム内MVP
150625news.jpg
ファンが選ぶ年間最優秀選手になぜかTejが選ばれる。
スーパーサブ扱いで出場時間もそんなにないし、そこまで活躍したわけでもないのにどういうことなの。

・シーズンベストイレブン
150625news2.jpg
人選は普通なのにフォーメーションが4-1-4-1になる。
たぶん一番評価高かったのが4-1-4-1なんだろうけどなんだか複雑。
中盤の構成がめちゃくちゃになるのはもう諦めました。

・歴代ベストイレブン
150625news3.jpg
歴代ベストイレブンにも4人の選手が選出されました。
既にもう選出されてた選手もいるような気がするけどどういうことなの。
Jamesの100ゴールが達成できるかどうかも気になる。

・シーズン年間収支
14fina.jpg
移籍金とかで結構お金使っちゃったせいで利益が10Mぐらい減っちゃいました。
今シーズンは新スタジアムとチャンピオンズリーグでどれぐらい収益が出るかがアレ。



○新シーズンのあれこれ
今回は色々と変化があったのでそれらもお知らせ。

・施設増強
150525news.jpg
もはや恒例となった毎年の施設の増強。
トレーニングの☆を見るともうすぐマックスになりそうな予感。

・借金の元凶
150625news5.jpg
ついに完成した新スタジアム。
収容人数が12243人から19086人に増えました。
もっとお金が溜まればどんどん拡張されるかもしれません。
でもまずは借金返さないと。

・シーズン目標
150625news4.jpg
ついに一番簡単な要求が大陸大会への出場権確保なんてものになってしまいました。
その分人件費は増えましたがメディア予想も6位とかになっちゃったので結構不安だったりします。

・契約更新
150701news.jpg
他のチームからのオファーを蹴った直後に理事会から契約更新の打診が。
週給33Kとか提示されましたがそんなにお金はいらないので4Kで更新してもらいました。
選手に切り詰めてもらってるのに監督だけガッポリ貰うわけにはいきませんからねー。

・提携クラブ
150720news.jpg
ネットワーク拡大のために新たにキプロスのAPOELと提携しました。
リアルだと今シーズンのチャンピオンズリーグでグループステージ突破してるようなキプロスを代表するクラブチーム。
ここを中心として南ヨーロッパのいい選手情報が得られればいいなといった感じ。

150807news.jpg
どこまで増やせるんだろうと思ってさらにお願いした結果、スコットランドのDundee Utdとも提携。
相変わらずRangersCelticに続くスコットランド第3のクラブになってます。
せっかくのUnited繋がりなんだからもっと強くなんないかなー。

・財務関連
1506fina.jpg
一般スポンサーが変わって収入がほんの少しだけ増えました。
でも毎回スポンサーが入れ替わるだけで一向に増えません。
他のチームみたいにスポンサー料ガッポリとはいかないのはなんでなんだろう。



○退団選手
1507out.jpg
結構手間がかかるので今回からまとめて報告しちゃいます。
レギュラークラスだとキーパーRanieri、右サイドバックFlanaganBrown、右ウイングLewerenzを放出。
当初の予定通り成長の止まった選手の入れ替えという目的のために売られていきました。
どこも将来性の高い後進がいるしまぁ大丈夫だろうというアレです。
それ以外ではリザーブで育ててたNichollsNanettiに移籍金が発生しました。
6月30日に放出してるのは契約切れで退団した選手。HughesおじさんやN'Gomaにはお世話になったけど仕方ない。



○主力選手
というわけで今シーズンの主力選手をご紹介。
今回は大物の加入もあるんだぜ。

GK
・Rodney Jannel
15rodneyjannel_s.jpg
コンゴどころかアフリカを代表するゴールキーパーになってきたJannel
Ranieriを放出した今シーズンはほとんどの試合でゴールマウスを守ってもらう予定です。
ただアフリカネイションズカップで長期離脱する時があるのが厄介。あと足遅いのも地味に困る。

・Carsten Köcher
15carstenkocher_s.jpg
リザーブで育ててる若手のKöcherが今シーズンはセカンドゴールキーパーに。
カップ戦などで格下と当たった時には積極的に起用して成長を促そうと思います。
Jannelが長期離脱した際にも出番がありそう。でもKöcherもユース代表に呼ばれるから困る。

DF サイド
・Andrea Nanni
15andreananni_s.jpg
冬の移籍シーズンにNapoliから獲得してサブ組で使ってたNanni
必要な能力をバランスよく備えた右サイドバックなので今シーズンはレギュラー起用する予定。
一応左サイドバックもこなせるので何かあった時には重宝しそうな存在。

・Andres Pode
15andrespode_s.jpg
トップチームに上がったりリザーブに下がったり忙しい人。
自慢の快足で一度抜かれてもすぐに追いついてまた抜かれるナイスガイ。
サイドバックとしてはもう少しスタミナが欲しいけどしばらくはまたサブ組で起用予定。

・Paupol Mutombo
15paupolmutombo_s.jpg
相変わらず著しい成長を見せ、ついにA代表に呼ばれ始めた左サイドバックMutombo
守備時の安定度も段違いで右のNanniと鉄壁の守備を見せてくれそうなのが楽しみで仕方ない。
今シーズンは調子に乗ってまたサイドバックを攻撃参加させようと思ってるのでそちらにも期待。

・Ilja Zharov
15iljazharov_s.jpg
Nanniと同時期にLeverkusenより加入した左サイドバック。
こちらも自慢の走力で抜かれて追いついてまた抜かれることうけあい。
というわけでPodeZharovでサイド固める時はディフェンスラインを最低にする事にします。

センター
・Noël Malonga
15noelmalonga_s.jpg
アフリカンパワーでMutomboと共に強力なディフェンスラインを構成するMalonga
フィジカルはもちろんのこと足も速いのでセンターバックとしては理想的な選手になってきました。
194cmの身長から繰り出されるヘディングも大きな武器。コーナーの設定を元に戻すので活躍に期待です。

・Derrick Williams
15derrickwilliams_s.jpg
流石にちょっと成長が止まってきたアイルランド代表Williams
しかし足も速いし、センターバックの層が薄いので今シーズンもMalongaの相棒になってもらいます。
左サイドバックも高いレベルでこなせるので緊急時には頼りになる男です。

・Harry Worley
15harryworley_s.jpg
センターバックの層が薄いため未だに安定して出番がやってくるWorley
もしかしたらあと5年ぐらいレギュラーに食い込むんじゃないかと思えてくるから困る。
Malongaと同様に高さを生かしたヘディングが得意なので得点力にも期待です。

・Lee Rigby
15leerigby_s.jpg
本職はディフェンシブハーフなのに適正があるからとセンターバックで使われているRigby
1年間使い続けて気付いたらセンターバックの適正が天性になってました。
「審判に抗議する」プレイスタイルを持ってるのがちょっと怖い。

MF センター
・Joan Àngel Román
15joanangelroman_s.jpg
そろそろ成長が止まるかと思ったらもう一伸びしてちょっとびっくりなJoan
今シーズンもレギュラーにするつもりだったんですが新戦力加入の影響でサブ組になりそうです。
それでも能力の高さを生かしてチャンスメイカーとして活躍してもらいたいところ。割と楽しみ。

・Devon Colonnette ☆新加入!
15devoncolonnette_s.jpg
フランスのLe Mans FCから補償金2.9Mで強奪してきた超逸材。
強靭さが見劣りするけど18歳にしてこの能力なんだから恐ろしいことこの上ない。
しばらくサブ組で使ってチームに慣れた頃にメイン組に合流させる予定。

・Jorge
15jorge_s.jpg
割と成長したのにフィジカルの伸びが悪くてちょっと心配なJorge
ディフェンシブハーフもこなせるけど成長具合から見るとどうもゲームメイカータイプらしい。
最初はメイン組で使って状況次第でColonnetteと入れ替える予定。

・Dave Porter
15daveporter_s.jpg
めんどくさいのでここに記載してみたディフェンシブハーフPorter
もうほとんどDinoと互角ですがメイン組の戦術ではディフェンシブハーフ使わないのでサブ組で起用予定。
Jorgeもだけど周りの選手のレベルアップで相対評価の☆が少なくなってきたのが気になる。

サイド
・Mohamed Tej
15mohamedtej_s.jpg
年間最優秀選手に選ばれたTejが右ウイングとしてついにレギュラー入り。
最初はサブ組で使おうかと思ってたんですが戦術の関係とファンの期待が高いならメイン組でいいかという結論に。
オフェンシブハーフやディフェンシブハーフもこなせるポリバレントな選手ですが能力も器用貧乏な感じ。

・Abdallah Fontaine
15abdallahfontain_s.jpg
契約通りローテーション起用が多いFontain
Lewerenzが放出されても新世代のTejにレギュラーを奪われてしまいました。
ただこちらはTejと違って本職のウイングなので活躍次第でメイン組復帰もあるかも。

・Burak Akçay
15burakakcay_s.jpg
昨シーズンはチーム内アシスト王に輝いた左ウイングAkçay
今シーズンも左サイドの1番手として起用するので引き続き活躍が期待されます。
ただ戦術変えるのでそれがどう影響するかが心配。でもたぶん大丈夫だよね。

・Ogün Demircan
15ogundemircan_s.jpg
冬に獲得して労働許可が下りずにViséへレンタルしてたDemircanですがやっとイングランドでプレイできることになりました。
将来性は☆4.5とAkçayを超える可能性を持った逸材です。
その期待を込めて背番号は11に。早く成長しないかなー。

オフェンシブ
・Davide Petrucci
15davidepetrucci_s.jpg
活躍する時としない時の差がやたら激しいOxfordの王子様。
でもごくたまにめちゃくちゃ素晴らしいプレイをするのでレギュラーから外せない。
今シーズンは新たな相方を迎えたので二人でファンを魅了してほしい。

・Kaká ☆新加入!
15kaka_s.jpg
皆様ご存知、R. Madridで調子を取り戻してきたKakáOxfordに電撃加入!
うちの箱庭ではこの夏に自由契約になってたのでまだまだいけると判断して獲得してみました。
人気選手の加入に当然ながらファンも大喜び。監督を目指してるみたいなのでそのうちコーチにするかも。

FW
・Daniel Gil
15danielgil_s.jpg
1年間レギュラーとして出場し、徐々にエースストライカーへの階段を上り始めたGil
全ての能力がバランス良く成長したのでこれから先が楽しみで仕方ない。(成長記録
気付いたらRamón Díasの再来になってたけど他のクラブには渡さない。

・Vivaldy Mutombo
15vivaldymutombo_s.jpg
昨シーズンはスペインのRecreativoにレンタルしたところ、35試合で14得点をあげる活躍を見せたVivaldy
頼もしく成長して帰ってきてくれたのでサブ組のターゲットマンとして使ってみることにしました。
ただあんまり活躍しないようならZambraJamesとチェンジするかも。



○控え選手
ここからは控えだけど出番のありそうな選手達をご紹介。
将来有望株がほとんどですが扱いに困った選手も混じってたり。

Hamadou Yaméogo
加入半年で労働許可が下りたのでしばらくリザーブで育てる事にした左サイドバック。
サイドバックの層が薄いのかA代表に呼ばれたりもしましたが出番はなかった様子。
将来性はZharovと同じぐらいらしいのでそのうちレギュラー奪取するかも。

Hamza Fellah
層の薄いセンターバックの中でやっと出てきたレギュラー候補。
労働許可の関係でViséに1年レンタルしてましたがやっと許可が下りました。
ただセンターバックとしては足の遅さとチームワークの悪さが致命的。早く改善しますように。

Francisco Javier Cuevas ☆新加入!
フランスのOlympique Lyonnaisから補償金2.4Mで強奪してきたディフェンシブハーフ。
ぶっちゃけ調子に乗って獲得しすぎた選手なのでそのうち放出しそうで困る。
将来性は高いのでどれぐらい化けるか次第といった感じ。とりあえず期限付移籍リスト入り中。

Tomas Stas
ディフェンシブハーフとセンターハーフを高いレベルでこなせるので割と重宝してるスロバキア人選手。
途中出場ばっかだろうけどたぶん今シーズンも出番は多くなるはず。
アンカーとして起用した時にもパスが上手いのがとても助かる。

Florent Koné
足が遅くてちょっと使いどころに困るディフェンシブハーフ。
Stasの方が万能なのでそういう点でも非常に使いづらい。
無理にチームに置くより期限付移籍にでも出した方がいいかしら。

Josh Payne
ついにレギュラーから弾き出されてしまった初期メンバーJosh
ただ能力的にはサブ組にならいつでも復帰できる選手なので誰かが離脱した時にはチャンスが巡ってきそう。
引退まで面倒見るつもりだったけどあまりに出番がないままだと移籍も視野に入れた方がいいかもしれない。

Julio Bustos
冬に加入したテクニックで抜いていくタイプのアルゼンチン産ドリブラー。
半年とはいえフィジカルがほとんど伸びてないのがかなり心配になってくる。
オフェンシブハーフだけでなくセンターハーフも天性レベルでこなせるのでそちらで起用した方が良さげ。

Frank Svensson
冬に加入したスウェーデンが生んだ次代の司令塔候補。
フィジカルに改善が見られるので、この調子ならそのうちトップ下でもちゃんと戦えるようになりそう。
今シーズンはダブル司令塔の予定なので交代要員として出番が多くなると思われます。

Radomir Vojacek
一瞬の加速力で勝負するタイプの右ウイング。
その分フィジカルは弱いので注意は必要。バーチャロンで言うならバイパーとかサイファー系列。
ただ将来性はあまり高くないので代わりが見つかれば放出候補。実はもう見つけてるんですけど。

Nick Hinshelwood
そんなに能力高くないのに昨シーズンは印象的な活躍が目立った左サイドハーフ。
実はウイングの位置はあまり得意じゃない。にも関わらずあれだけの活躍。わけがわからないよ。
数少ないイングランド人なので今シーズンも左サイドの3番手として積極的に起用していく予定。

Keith Zambra
生え抜きの星でありOxfordが誇るスピードスターZambra
しかし偏った能力からチャンスメイクできないのがかなり致命的な弱点に。
強豪との対戦でワンチャンスをものにしたい時にはベンチ入りさせてみる予定。

James Constable
すっかりベテランとなり安定期に入ったJames
昨シーズンほとんど出番がなかったのに相変わらずキャプテンに選出されるのはどういうことなの。
在籍年数も長いしベンチから盛り上げてもらおうと思ってまたキャプテンにしました。頑張れキャプテン。

Augusto Sanabria ☆新加入!
アルゼンチンのNewell'sより移籍金1.1Mで獲得したストライカー。
センターハーフも天性だけどチームワーク低いし能力的にたぶんストライカーがベストなはず。
とはいいつつもチャンスがあればセンターハーフで出場させてみる予定。



○将来有望株
ついでに控えとしてはまだちょっと厳しいけど将来性は高いよ!って選手もご紹介。
中には転売用も混ざってるけどな!

Dinko Zganec ☆新加入!
ドイツのHSVから移籍金160Kで転売用に獲得したゴールキーパー。
まだ16歳なので能力はかなり低い。ここからどれぐらい伸びていくかを観察するキャラです。

Maurizio Capasso ☆新加入!
イタリアのRomaから補償金1.7Mで強奪した右サイドバック。
将来性は☆4.5なので順調に成長すればレギュラー入りするはず。

Jack Robertson ☆新加入!
West Hamから補償金1.3Mで強奪してきたセンターバック。
こちらも将来性☆4.5なので成長に期待。でも強靭さ低いのが心配。

Richard Pfeiffer ☆新加入!
フランスのAS Saint-Etienneから移籍金850Kで獲得したセンターバック。
控えとして使えなくもないけど足が遅いのが致命的。

Rogério Fernandes ☆新加入!
ポルトガルのSporting CPから移籍金160Kで獲得したディフェンシブハーフ。
将来性☆4.5なのでじっくり育ててみようと思います。

Francois Isaacs
労働許可が下りなくてまたViséに旅立っていったディフェンシブハーフ。
この様子だとベルギー国籍とる方が早いかもしれない。

Richard Dickson
やっと労働許可が下りて手元で育てる事ができるようになった左ウイング。
将来性はHinshelwoodと同じ☆4.5。たまに起用してみるのも悪くないはず。

Gil Gouveia ☆新加入!
ポルトガルのPortoから転売用に移籍金375Kで獲得した左ウイング。
早くも期限付き移籍のオファーが殺到するなど大人気。

Khalid Dumas ☆新加入!
フランスのAS Monaco FCから補償金1.9Mで強奪したストライカー。
将来性は☆4.5だけどそのうち下がりそうなので転売するかもしれない。

Ivan Komljenovic ☆新加入!
クロアチアのOsijekから転売用に移籍金180Kで獲得したストライカー。
まだ能力は低いけどそのうち伸びてくるはず。



○リスト入り選手
最後にその他で現在移籍リストや期限付移籍リストに載ってる選手をご紹介。
既にレンタル中の選手なんかもいます。

トップチーム
Dino Djiba 年齢的に最後の売り時と判断。若手の台頭でポジションがない。
Billy Knott 将来性豊かな選手が増えて押し出されるように放出リストに。

リザーブ
Darren Hale - 将来性が中途半端な左サイドバック。
Anthony Nelson - Middlesbroughにレンタル中。
Nicola Baiocco - 毎年争奪戦が繰り広げられる不思議な存在。でも全部期限付オファーだから困る。
Joel Koffi - オランダのAZにレンタル。
Miquel Ángel Alcázar - イタリアのLecceから移籍オファーがきました。
Roger Haslam - 思ったより能力が伸びなくて完全にお荷物状態。
Courtney Husband - アイルランドのBohemianにレンタル中。
Radim Trojan - 能力は高いけど出番がなさそうなので期限付リスト入り中。
Harry Bunn - 完全に戦力外。タダでも売れない。



○その他

・補強費用
1507in.jpg
補強にかかった費用はこんな感じ。
結構余計な買い物しちゃったかもしれない。

・スタッフ情報
1507staf.jpg
スタッフもギリギリの人数まで雇ってみました。
来シーズンオフにかなり空きが出るのでそこでJamesKakáをコーチにしてみようかと。

・人件費
1507pay.jpg
ついに100Kの大台を突破。
ちなみにこのうち20Kは新加入のKaká
移籍リストの選手が売れればもう少し下がりそう。



○試合結果
1507sche.jpg
親善試合の結果はこんな感じになりました。
最初の3試合はメイン組→サブ組→メイン組でいずれも4-2-3-1を使用。
サブ組じゃ無理だなとChelsea戦では改造した引きこもり戦術で臨んで失点が減る。
ちなみにこの試合までKakáにはサブ組の司令塔をやってもらってました。
Abindon Utd戦からメイン組にKakáを投入してダブル司令塔の形に変更。
Oxford City戦はまたサブ組の引きこもりで臨みましたが弱すぎて大差勝ちしてしまったわけで。

そんなこんなで6年目開始。
メイン組の戦力は充実してきたんですが無理矢理世代交代させてるのでサブ組があやしくなってきました。
あと良いイングランド人がいなくてさらに多国籍軍になってしまったけど反省はしていない。
とりあえずチャンピオンズリーグですよチャンピオンズリーグ。
グループステージ突破するとガッポリお金入ってくるらしいので狙ってみたいです。
それから一つお知らせなんですが、

n150727news.jpg
\(^o^)/ブラジル代表監督になったよー


つづく