2011-11-30      Oxford 2014-15 その9 April

○理事会より
150401news.jpg
なぜか利益が大幅に伸びる。
内訳見てみるとどうやら入場料収入が伸びたのとカップ戦の賞金のおかげらしい。
どうにかこのままガンガングングンズイズイ上昇といきたい。
早く新スタジアムできないかなー。



Oxford vs Aston Villa イングランド プレミアリーグ 第30節

・スタメン
150401form.jpg
中6日と久々に少し間が空いてプレミアリーグに戻ります。
日程に余裕があったのでメンバーは引き続きメイン組。相手は現在6位と好調のAston Villaです。
厳しい相手だけどホームだしきっとなんとかなるはず。

・結果
150401news2.jpg
劣勢だったのにGilがなんとかしてくれました。
ホームなのに終始押され気味だったのが情けない。
相手は4-2-3-1なのにディフェンスラインが低かったのでGilとウイング二人のタスクを入れ替えたら上手く機能しました。
Zambraと違ってチャンスメイクもできるGilはサポートタスクの方がいいかもしれない。でもパス下手なんだよなぁ。

・ハイライト

得点1:後ろ向きで受けて振り向きざまにシュート。ポストプレイヤーっぽい一撃でした。
得点2:今度はドリブルで持ち込んでミドルシュート。なんでもできるなぁ。



Arsenal vs Oxford イングランド プレミアリーグ 第31節

・スタメン
150404form.jpg
中2日で2位のArsenalと直接対決、いわゆる天王山です。
流石にこれは勝てねーだろって事で問答無用の引きこもり。
Zambraがなんとかしてくれるのを期待するしかありません。
むしろ中途半端な実力で優勝しても後が困るので軽く捻ってもらいたい。

・結果
150404news.jpg
sunny.gif
シュート一本も撃ってないのに勝つとかどういうことなの。
いや、前にもあったけどこんな大事な試合でやってのけるとは思わなかった
これで試合数は並んだのに勝ち点差が5に広がった件。
あと7試合あるから大丈夫だと思うけど好調すぎて怖い。

・ハイライト

オウンゴールを呼び込んだのはやっぱりZambra
まさかこんな形でなんとかしてくれるとは思わなかった。



Oxford vs Sampdoria UEFA ヨーロッパリーグ 準々決勝 第1試合

・スタメン
150407form.jpg
中2日でヨーロッパリーグ、セリエAで8位のSampdoriaと対戦です。
Gilはサポートの方が動きが良さそうなので両ウイングと一緒にまた戻しました。
イタリア勢相手ではRomaに完勝した事もあるので勝てない事はないはず。
2戦目に向けてアドバンテージを奪いたいところです。

・結果
150407news.jpg
一度は追いつかれたものの突き放してなんとか勝利。前線でGilがよく動いてくれました。
ただこれまでと違ってアドバンテージが少ないのと、アウェーゴール1点決められたのが嫌な感じ。
これは2戦目で愉快な仲間達出す余裕はないかもしれない。

・ハイライト

得点1:カウンターのチャンスにJoanが押し込んで先制。選手上がりすぎワラタ。
失点1:コーナーから見事なヘディングで失点。Jannel動けず。
得点2:AkçayのクロスにGilというホットラインで追加点を奪う。割とよく見るパターンです。



Oxford vs Sunderland イングランド プレミアリーグ 第32節

・スタメン
150411form.jpg
中3日で一旦プレミアに戻って現在15位のSunderlandと対戦。
メイン組に触発されてサブ組のタスクもいじってみました。
いわゆるトライデントってアレになるんでしょうか。例の如く機能するかはわかりません。

・結果
150411news.jpg
10本撃って6本枠外で結局スコアレスドローに終わる。
むしろ決定機は相手が2回だったりとかなり微妙な出来になりました。
これまで通りZambra一人に任せた方が上手くいくかもしれません。



Sampdoria vs Oxford UEFA ヨーロッパリーグ 準々決勝 第2試合

・スタメン
150416form.jpg
中4日で運命の第2戦、アウェーでSampdoriaと対戦します。
第1戦で間違って右ウイングにLewerenzを使ってた事に気付きました。
というわけでFontainがスタメンに戻ります。結構日程空いたのに試合勘鈍らないのが凄い。
アウェーでもひたすら前に突き進むのみ。準決勝目指して頑張れー。

・結果
150416news.jpg
2点リードされたものの執念で同点に持ち込み準決勝へ進出。
セットプレーから流れが変わって選手交代が当たりました。
Petrucciが負傷退場した時はあばばばばって感じでしたが終わってみれば無傷。どういうことなの。
ただFlanaganがイエロー累積で1試合出場停止に。これがどう影響するか。

・ハイライト

失点1:いきなり二人に崩されて失点。だらしねぇにも程がある。
失点2:カウンターからこぼれ球を押し込まれさらに失点。だらしねぇな。
得点1:コーナーのチャンスにGilが頭で繋いでMalongaのヘッド。ニア重視にしてからは久々の得点です。
得点2:途中出場のJamesが見事なごっつぁんゴールで同点に。流石はキャプテンだわぁ。



Oxford vs Chelsea イングランド FAカップ 準決勝

・スタメン
150419form.jpg
中2日でFAカップ、聖地WembleyChelseaと対戦します。
ヨーロッパリーグに勝ち残ってるせいで試合日程がえらいことになってきました。
これまではメイン組で勝ち上がってきたFAカップもついにサブ組のターンに。
必然的に戦術は引きこもり。それでもZambraなら‥‥Zambraならきっとなんとかしてくれる‥‥!

・結果
150419news.jpg
力負けしてついに敗退。流石に2連覇はなりませんでした。
序盤に押してた時間帯があったんですがそこでゴールを奪えなかったのが惜しまれます。
好調だったZambraも沈黙。でも1点に抑えただけ頑張ったかもしれない。

・ハイライト

上手くエリア内で受けられてTorres師匠に決められる。
このレベルの選手をフリーにしちゃいけないですよねー。



Wolves vs Oxford イングランド プレミアリーグ 第33節

・スタメン
150422form.jpg
中2日でプレミアリーグに戻り、現在10位のWolverhamptonと対戦。
日程が厳しいですがターンオーバーで乗り切ってます。
FAカップで敗れたサブ組の無念を晴らしてきてほしいですねー。

・結果
150422news.jpg
試合は支配してたのに先制されたりしてギリギリ引き分けに持ち込む。
ロングシュートばっかりでほとんど枠内に飛ばなかったんだからどうしようもない。
でも未だにプレミアリーグ1位という罠。これはやばい。ガチでやばい。

・ハイライト

失点1:アーリークロスでドフリーの選手に決められる。こらディフェンスー!!
得点1:JoanのスルーパスにPetrucciが抜け出して同点弾。かなり久々のゴールです。



Stoke vs Oxford イングランド プレミアリーグ 第34節

・スタメン
150425form.jpg
中2日で現在12位のStokeと対戦。本当日程が厳しい。
アウェーだけどいけるかなーってのでハイプレス戦術で臨みます。
失点してもきっとZambraがなんとかしてくれるはず。でもこのままだと優勝してまう。

・結果
150425news.jpg
Zambraはバテてハーフタイムに交代したので代わりにLewerenzがなんとかしてくれました。
その影響もあってかボコスカボコスカシュートを撃たれるも半分が枠外に外れる。
前節もそうですけどやっぱ枠内にシュートがいかないとどうしようもないですね。
でもこの試合の勝利で2位との勝ち点差が広がる。なんてこったい。

・ハイライト

Jorgeのドリブル突破からLewerenzがクロスバーとキャッキャウフフしながら押し込む。
相手キーパーがかわいそうに思えてくるから困る。



Leverkusen vs Oxford UEFA ヨーロッパリーグ 準決勝 第1試合

・スタメン
150430form.jpg
中4日でヨーロッパリーグ準決勝、ブンデスリーガ2位のLeverkusenと対戦。
強豪相手だしアウェーだしで引きこもり戦術でお相手します。
2戦あるので微妙かもしれませんが様子見という事でアレ。
大敗するようならホームで後は野となれ山となれってな戦術になる予定。
出場停止のFlanaganの代わりはBrown。ちゃんと仕事してくれるかな。

・結果
150430news.jpg
1点を守りきって辛勝。Gilがなんとかしてくれました。
相手のシュートはロングシュートばかりで大半が枠外。
代わりに出場したBrownもマンオブザマッチに選ばれる活躍でした。
これでアドバンテージがある状態でホームに帰れます。でも結構厳しいなぁ。

・ハイライト

スルーパスに抜け出したGilがそのまま持ち込んでゴールを奪う。
ポーチャーじゃなくてオールラウンドフォワードに設定してたのにやるなぁ。



○試合結果
1504sche.jpg
見事に得点力が落ちてきました。
中位クラブ相手にも勝ちきれなくなってきたのが少し心配ですが来月にはシーズンが終わります。
プレミアリーグはアレとしてヨーロッパリーグの方はなんとか決勝に進みたいですねー。

・月間ベストゴール

今回はWolves戦よりPetrucciのゴールを選出。
ワンタッチで相手を交わすテクニックとゴール隅を狙った鋭いシュートを評価しました。
しばらくおとなしかったのでこれを機にまた活躍してほしいですねー。


つづく

スポンサーサイト

    2011-11-28      Oxford 2014-15 その8 March

○理事会より
150301news2.jpg
ヨーロッパリーグの試合のおかげか放映権料が増えて黒字に戻りました。
でも相変わらず税金はガッポリ持っていかれます。
早く新スタジアムできないかなー。



Arsenal vs Oxford イングランド リーグカップ 決勝

・スタメン
150301form.jpg
中4日でリーグカップ決勝、今まで勝った事がないプレミア1位のArsenalと対戦です。
どうしようもないので当然の如く引きこもり戦術。
それでもZambraなら‥‥Zambraならきっとなんとかしてくれる‥‥といった感じ。
サブ組でよく勝ち上がってこられたなぁと思うので気楽に楽しんでくればいいと思うよ。

・結果
150301news.jpg
kita-6.gif
PK戦に突入するかと思われた試合終盤、セットプレーからゴールをもぎとって優勝!
スタッツ見てわかるように猛攻に耐え続けて掴み取った見事な勝利でした。
それにしてもまさかこんな形でArsenalから初勝利を得るとは思わなかった。
昨シーズンのFAカップといい聖地Wembleyはうちにとってもまさしく聖地だったみたいです。

・ハイライト

これがラストチャンスだなーと思ったセットプレー。
Jamesが流したボールをRigbyが押し込み決勝点に。よくやった!やったぞよく!

・出場権獲得
150301news3.jpg
これで来シーズンもヨーロッパリーグに出られる事になりました。
先行きを占う上でも今シーズンどこまで勝ち進めるかが鍵になりそうです。



Oxford vs Huddersfield イングランド FAカップ 5ラウンド

・スタメン
150304form.jpg
リーグカップ優勝の興奮冷めやらぬ中、中2日で今度はFAカップです。
相手は2部で現在2位のHuddersfield。メイン組ならまず負けない相手です。
唯一怖いのは慢心ぐらいなので足をすくわれないように気をつけてほしい。

・結果
150304news.jpg
完全に試合を支配して完勝しました。
序盤に少し押し込まれたぐらいで後は安心して見られる展開。
2点リードしてからはいつも通り引きこもって追加点をゲット。
でも引きこもってからの方がチャンスが多くなるのがよくわかりません。

・ハイライト

得点1:Joanが一人で持ち込んで先制点ゲット。一瞬の加速が素晴らしい。
得点2:コーナーキックからGilが押し込んで追加点。トラップしてシュートは割と珍しい。
得点3:再びコーナーから今度はWilliamsがごっつぁんゴール。体に当たって入っただけな気がする。

・6ラウンド 抽選結果
150304news2.jpg
またも2部のチームと対戦する事に。でも1位のLeicesterだから油断はできそうもありません。
思ったより早くPhilliskirkと再会できるのも楽しみだったり。



Everton vs Oxford イングランド プレミアリーグ 第28節

・スタメン
150309form.jpg
中4日で久々にプレミアリーグに戻り、現在9位のEvertonと対戦します。
結局サブ組の戦術もこんな感じに変更しました。全体をコンパクトにしてパス回しで崩すのが理想です。
Evertonはカウンター狙いらしいけどスタジアム狭いしなんとかなるだろう的な。

・結果
150309news.jpg
先制されたけどなんとかなりました。むしろZambraがなんとかしてくれました。
一人で持ち込んでゴール奪うんだから恐ろしい。でも調子の当たり外れもでかいのでそれも恐ろしい。
あと1点でハットトリックだったけどバテたので途中交代させました。
記者会見でも毎回突っ込まれるんですが運動量落ちた選手を残すメリットなさそうですしおすし。

・ハイライト

失点1:コーナーから見事なヘディングで失点。クロスバーに当たってるしこれは相手が上手い。
得点1:お返しとばかりにZambraがコーナーから同点弾を叩き込む。イイヨイイヨー。
得点2:得意のドリブルでセンターラインから一人で持ち込んでゴールを奪う。なにこの子すごい。

・ピックアップ
150309news2.jpg
最近試合結果とかばっかなので久々に選手に関する事を書いてみる。
一人で試合を決めたZambraは2シーズン目開始時、ユースに自動昇格してきたOxford生え抜き選手。
当時から将来性は高いと評判でしたが、現在メディアからは元祖ワンダーボーイMichael Owenの再来と呼ばれてるらしい。
今シーズンからトップチームに定着し、主にカップ戦を中心に活躍中。
スタメン17試合+途中出場6試合で11得点をあげています。
ちなみに未だに週給200ユーロ。たぶんそろそろ昇給しろって言ってくるはず。
もう少しチャンスメイクが出来れば文句なしなんだけど無理だなー。



Benfica vs Oxford UEFA ヨーロッパリーグ トーナメント2ラウンド 第1試合

・スタメン
150312form.jpg
中2日でヨーロッパリーグ2ラウンド、ポルトガルのBenficaと対戦します。
まずはアウェーですがいつも通りの戦術でお相手。
そこまでチーム力に差があるわけでもないのでいい勝負ができるはず。
今回も第2戦に向けてできるだけアドバンテージを奪っておきたいですねー。

・結果
150312news.jpg
少し押され気味だったものの終わってみれば3点差の快勝。
2点リード→引きこもって追加点といういつものパターンでした。
これならホームに戻っての第2戦はのんびりできそう。
また若手メンバーでも使おうかしら。

・ハイライト

得点1:左ウイングAkçayがのんびり振り向いてゴール隅に流し込む。なんだこのプレイ。
得点2:今度はそのAkçayのスルーパスにGilが抜け出して追加点。イイヨイイヨー。
得点3:最後はフリーキックから途中出場のJamesが頭で合わせて3点目。綺麗なヘディングだなぁ。



Oxford vs Benfica UEFA ヨーロッパリーグ トーナメント2ラウンド 第2試合

・スタメン
150317form.jpg
中4日でホームに戻って第2戦です。
3点アドバンテージあるしホームだしって事でJamesと愉快な仲間達の出陣。
Malongaだけ特別出演で他はリザーブや控えの選手ばかり。
引きこもり戦術だしほぼ同格相手のBenficaならそこそこいい勝負になるはず。

・結果
150317news.jpg
セットプレーのチャンスを逃さず予想外の快勝。
何が困るって試合勘鈍ってた選手もいるのにメイン組の第1戦より安定してたから困る。
でももしかしたら第1戦の勝利で相手の士気が下がってたのかもしれない。
それにしても勝ったからいいけどリアルでこういう事する監督がいたら名将と呼ばれるのか迷将と呼ばれるのか。

・ハイライト

得点1:Svenssonとの連携でStasが抜け出して先制。たぶんOxfordでの初ゴールです。
得点2:コーナーからJamesのアシストもあって最後はKoffi。こちらもOxford初ゴール。
得点3:ほとんど同じような形で3点目をゲット。一瞬リプレイかと思った。

・準々決勝&準決勝 抽選結果
150320news.jpg
次の対戦相手はイタリアのSampdoriaに決定。
現在セリエAで8位のチームなので勝てない事はないはず。急にボールが来たので。

150320news2.jpg
Sampdoriaに勝てばトルコのFenerbahçhかドイツのLeverkusenと対戦します。
トルコリーグはシミュレートしてないけどLeverkusenはブンデスリーガ2位なのでかなりやばそう。



○ハイライトがアップロードできない時の対処法
150317upload.jpg
ヨーロッパリーグの試合で頻度が高いんですが、時折↑のようなメッセージが出てハイライトがアップできない時があります。
そんな時はゲーム設定から「アップロードした動画を保存」にチェックを入れてみましょう。
上記のように失敗しても動画データがマイドキュメント→Football Manager 2011→uploadsフォルダに残るので、
ウェブブラウザでYoutubeを開いてそこからアップロードすれば問題なく見られるようになるわけです。
一手間増えるし、たまにデータ整理しないとどんどん溜まってくのがアレですがお悩みの方はお試しあれ。



Oxford vs Bolton イングランド プレミアリーグ 第29節

・スタメン
150322form.jpg
中4日でプレミアリーグに戻り、現在14位のBoltonと対戦。
Brownが復活したのでスタメン入り。試合勘鈍ってるけど実戦で取り戻してもらいます。
ホームだしとりあえずハイプレス戦術を使ってみる事にしました。
足の遅いセンターバック二人が心配だけどきっとなんとかなるよね。

・結果
150322news.jpg
逆転された時はどうしようかと思ったけど終わってみれば快勝でした。
同点の状態からまたもZambraがなんとかして試合を決めてくれたから素晴らしい。
終盤にリード→引きこもり→そこからの2点追加はもはやお約束の流れ。
でも2点決められたのはいただけない。Ranieri頑張れ。

・ハイライト

得点1:スローインをJoshが繋いでJorgeがいきなりミドルシュート。これはすげぇ。
失点1:迫り来るピンチをなかなかクリアできず押し込まれて失点。これはちょっと情けない。
失点2:直後に左サイドを崩されてさらに失点。復帰したてのBrownカワイソス。
得点2:しかしコーナーからLewerenzが押し込んで試合を振り出しに戻す。少し珍しいゴールパターン。
得点3:中盤からのパスを受けたZambraが一人でスルスルと持ち込み追加点を奪う。ヒューッ!
得点4:相手の中途半端なサイドチェンジをKnottが頭でZambraへ繋ぎさらに追加点。イイヨイイヨー。
得点5:最後はLewerenzの地を這うようなミドルシュートで〆。ごちそうさまでした。



Leicester vs Oxford イングランド FAカップ 6ラウンド

・スタメン
150325form.jpg
中2日でFAカップ6ラウンド、現在も2部で首位のLeicesterと対戦です。
アウェーなのがちょっと心配だけどいつも通りの戦術でお相手。
でも期待してたPhilliskirkはベンチ外のようで残念。
相変わらず慢心が怖いけどきっと勝ってくれるはず。

・結果
150325news.jpg
シュート精度が足を引っ張り大苦戦。なんとかギリギリで勝利しました。
支配率も高くてシュートも多かったのに決定機1とは情けない。
むしろ相手には2回決定機があったのでよく勝てたなぁと思います。
途中出場のSvenssonPetrucciと共存させるために4-5-1に変えたのがうまくハマった形。
さぁ次は準決勝だ。

・ハイライト

カウンターのチャンスにワーワー上がっていく選手達。
Akçayのクロスを流し込んだのはGil。上手いけどもっと早く決めろよ!

・準決勝の相手は‥‥
150325news2.jpg
現在7位と調子を落としているChelseaと対戦。
リーグカップでも対戦したし今シーズンはやたら縁があります。



○試合結果
1503sche.jpg
勢いが止まらない。
リーグカップ優勝はアレとしてヨーロッパリーグやFAカップでも未だに勝ち残ってます。
プレミアリーグでも1試合多く残して首位Arsenalと勝ち点差1の2位。
これはひょっとするとひょっとするかもしれない。

・月間ベストゴール

今回はBolton戦よりZambraの1点目を選出。
評価ポイントは二人に囲まれても振り切ってしまう圧倒的なスピードとドリブル。
Zambraならなんとかしてくれるってのはある意味で正解。
これでチャンスメイクもできればなぁ。


つづく

    2011-11-27      Oxford 2014-15 その7 February

○理事会より
150201news.jpg
移籍金やら契約金やらでガッツリと損失が出てしまいました。
今シーズンはイマイチ収入が伸びないのでなんだかなぁという感じ。
早く新スタジアムできないかなー。



Coventry vs Oxford イングランド プレミアリーグ 第25節

・スタメン
150204form.jpg
中3日で現在19位のCoventoryと対戦。
サブ組の戦術はロングカウンター主体のこんな感じになりました。
Jorgeがメイン組に加わってるので引き続きBustosがスタメン入り。
Nanniもやっと万全の状態になったのでサブ組のスタメンとして起用していきます。
下位クラブ相手なので慢心やら何やらが怖い。

・結果
150204news.jpg
相手のオウンゴールのおかげで辛勝。
引きこもってからの方がチャンスが多いのが困る。
少し押され気味だったので気が気じゃない試合でした。
またも首位に立ちましたがすぐに追い抜かれることうけあい。

・ハイライト

鋭いクロスが相手ディフェンスに当たってオウンゴール。
Zambraは見てただけ。ってかボーっとしてないで走り込めよ!



○傘下クラブ提携のお知らせ
150207news.jpg
そのうちViséからあふれ出しそうなので労働許可回避のための傘下クラブを探してもらいました。
結果ブルガリア1部のKaliakra Kavarna と提携。これでもっとEU外選手を獲得できるように。
すっかり人身売買組織みたいになってきたけど気にしない。

ちなみに提携したKaliakra Kavarnaは1922年創設でリアルでは2部に所属してるらしい。
Kavarnaってのが都市名で黒海に面したリゾート地なんだとか。
バカンス気分で国籍取得してきてもらうにはちょうどいいかもしれない。
次に東欧の選手を獲得した時には活用してみようと思います。



Oxford vs Leeds イングランド プレミアリーグ 第26節

・スタメン
150208form.jpg
中3日で最下位のLeedsと対戦。
下位クラブとの対戦が続きますが油断できないのでメンバーはいつも通り。
Gilも攻撃タスクの方がいいかなぁと思ってJoanと一緒に変えてみました。
イメージ的にはサイドを起点にしながら中央の選手がワーワー上がっていく感じ。
あとDinoがまだ帰ってこないので引き続きJorgeをスタメン起用。なんかこのまま定着しそうな気がする。
謎の下位パワーと慢心が怖いがどうだろうか。

・結果
150208news.jpg
予想外に機能して快勝。
途中からサイドの選手を完全にサポート役にしようと思って幅を狭くしてみたりと試行錯誤。
サイドバックが無闇に上がらなくなり守備面でもかなり安定したので調子に乗ってラインの高さも最高にしちゃいました。
なによりセンターの選手がボール持った瞬間、残りの二人がワーワー上がってくのが面白い。
でもセカンドボール拾えなくて支配率下がるのが勿体ないかもしれない。

・ハイライト

得点1:PetrucciのスルーパスにGilが抜け出して先制。何気にフェイントかましてるような気も。
得点2:JorgeのシュートがこぼれたところをPetrucciが押し込んで追加点。イイヨイイヨー。
得点3:コーナーからGilが流し込んで駄目押し。ごちそうさまでした。



○やっちまったな
150210news.jpg
控えメンバーはちょこちょこ負傷者出てたんですがかなり久々に主力メンバーが練習中に負傷。
割と重症なのでしばらくリザーブの選手や他のポジションの選手をまわして対処する事に。
本人はリーグカップ決勝に出場できない事に落胆してる様子。色々と細かくて面白い。



Man Utd vs Oxford イングランド プレミアリーグ 第27節

・スタメン
150214form.jpg
中5日で現在3位のManchester Unitedと対戦。
アウェーでどうしようもないので引きこもり戦術でお相手。
やっと日程に余裕ができたのでLewerenzFontainを入れ替えようと思います。
負傷したBrownの代わりは新加入のZharov。意外と早く出番が来てしまった。
Bustosも働きがイマイチだったのでStasとチェンジ。
それでもベンチには入れてるので期待はしてるんだぜ。

・結果
150214news.jpg
まったくなす術なく敗戦。1点差負けですが内容的に完敗でした。
個々の能力が高いので中盤で潰されまったく前まで運べず。
バイタルエリアが広かったのでBustos投入して4-2-3-1に変えてからは少しチャンスが増えました。
最初から4-2-3-1で行けばもう少し善戦できたかもしれない。やっちまったな。

・ハイライト

コーナーからセルビア代表のVidicに決められてこれが決勝点に。
流れからのシュートはことごとくRanieriが防いでたのに勿体無い。



Olympiakos vs Oxford UEFA ヨーロッパリーグ トーナメント1ラウンド 第1試合

・スタメン
150219form.jpg
中4日でヨーロッパリーグ、ギリシャのOlympiakosと対戦です。
実力的に良い勝負なのでメイン組のハイプレス戦術でお相手。
やっとDinoが代表から帰ってきたのでスタメン入り。ようやくベストメンバーが揃いました。
攻撃よりセカンドボール回収役にって事でJoanのタスクをサポートに戻しました。
守備が安定するのでサイドバックを引き続きサポートタスクにしてラインも最高設定に。
すぐに2戦目があるのでアウェーとはいえ出来るだけアドバンテージを奪っておきたいですねー。

・結果
150219news.jpg
攻撃陣が爆発して4点差の快勝。
早々に2点リードしたんで引きこもった結果がこれだよ!!!
引きこもってからちょっと押し込まれたんでシュート数とかはどっこいですが序盤は圧倒。
前線でパスが繋がっていく様子が面白くて仕方ない。
イエロー累積でGilが次戦に出られなくなったけどこれなら若手軍団でも勝ち進めそうです。

・ハイライト

得点1:左サイドからのクロスにFontainが飛び込んで先制。ディフェンスにやる気が感じられない。
得点2:コーナーからWilliamsが無理矢理押し込んで追加点。ちなみにマンオブザマッチにも選ばれました。
得点3:ゴール前のこぼれ球をJoanが押し込んで3点目。相手の連携ミスですなぁ。
得点4:ディフェンスの合間を縫うクロスをGilが押し込んで4点目。うーん素晴らしい。



Oxford vs Olympiakos UEFA ヨーロッパリーグ トーナメント1ラウンド 第2試合

・スタメン
150224form.jpg
再び中4日でホームに戻って第2戦です。
かなりアドバンテージがあるのでJamesと愉快な仲間達が引きこもり戦術でお相手します。
Man Utd戦で押し込まれまくったのでセンターハーフ一人のタスクを守備からサポートに戻してみました。
流石に4点差を覆される事はないと信じたい。

・結果
150224news.jpg
流れから2点を奪い意外にも勝利しました。
1点返された時はやっぱりねと思いましたがまさか逃げ切るとは。
初参加ながらこれでチームはベスト16に進出。どこまで勝ち進めるだろう。

・ハイライト

得点1:カウンターからTejのクロスにBustosが合わせて先制。記念すべき初ゴールですねー。
得点2:HinshelwoodのスルーパスにJamesが抜け出して追加点。落ち着いてるなぁ。
失点1:コーナーから続いた混戦に競り負けて失点。Rigbyのミスらしいけどよくわからない。

・2ラウンドの相手は‥‥
150226news.jpg
やっぱりBenficaが勝ち上がってきました。
負傷者続出っぽいけど対戦する頃には復帰してそうだから困る。



○試合結果
1502sche.jpg
今月は5試合とまったりした月でした。試合間隔に差がありすぎて困る。
Man Utd戦のダメージが尾を引くかと思ったけどそんな事はなかったぜ。
ヨーロッパリーグももう少し勝ち進めるチャンスがありそう。
でも全部のカップ戦に勝ち残ってるせいで5月の試合がどんどん増えてくのが心配です。

・月間ベストゴール

今回はOlympiakosとの第1戦よりGilのゴールを選出。
Gilの反応と、ディフェンスの合間を縫うようなHinshelwoodのクロスを評価しました。
この試合以外でも左サイドでかなりいい動きを見せるHinshelwood
先が楽しみな選手がまた増えましたねー。


つづく

    2011-11-23      Oxford 2014-15 その6 January

○選手獲得のお知らせ
今シーズンも冬の移籍期間開始と共に二人の選手が加入しました。

・Julio Bustos ☆新加入!
14juliobustos_s.jpg
アルゼンチンの名門Bocaから1.9Mで獲得したセンターハーフ。
フィジカルやメンタルはまだ低いですが加速力に優れたドリブラーでオフェンシブハーフもこなせます。
Gilもそうでしたが加入時点で疲労困憊状態なので少し休ませてから使う予定。

・Frank Svensson ☆新加入!
14franksvensson_s.jpg
スウェーデンのHelsingborgから移籍金650Kで獲得したオフェンシブハーフ。
フィジカル以外はプレミアで即通用するような能力を備えた超有望株。
でも強靭さ2とスタミナ7が心配なので最初はPetrucciの控えとして起用する予定。



○理事会より
150101news3.jpg
移籍条項からまた一人消えました。
あとPetrucciの契約更新にお金がかかったせいで利益がガッツリ減る。
だって契約金とかエージェント料ガンガン要求してくるんだもの。
早く新スタジアムできないかなー。

150101news.jpg
いつも通り目標は変更なしで上位半分に設定。
移籍予算はあんまり変わりませんが人件費予算が一気に週250Kまで上がりました。
キープレイヤーの年俸上限も週35Kにアップ。これなら一流プレイヤーも雇えるかもしれない。

・個人表彰
150101news2.jpg
今シーズン初めて月間最優秀若手選手を逃しましたが、アイルランドの年間最優秀U21選手にWilliamsが選ばれました。
フル代表にも呼ばれ始めたのでこれからのアイルランドを背負っていく存在になりそう。
引き続きOxfordでも頑張ってもらいたい。



Oxford vs Millwall イングランド FAカップ 3ラウンド

・スタメン
150103form.jpg
中2日で昨シーズン制覇したFAカップに出陣。
相手が3部所属のMillwallなのでまた「Jamesと愉快な仲間達」の登場。
今回はメイン組が母体なんでMalongaFlanaganが特別出演。
ついでに新加入のSvenssonもベンチ入りさせてみました。
この相手ならって事でサブ組のハイプレス戦術を使ってみる。上手く機能しますように。

・結果
150103news.jpg
前線3人が1点ずつ奪い合って快勝。
2点リードした時点で引きこもったので思ったよりチャンスの数は少なくなりました。
支配率は90%を超える時間帯があったりとすこぶる好調だったのがアレ。
ただこの相手にシュート数がかなり少なかったのは大問題。
やっぱ4-3-3だとワントップがチャンスメイクできるタイプじゃないとなかなか厳しいらしい。

・ハイライト

得点1:左ウイングHinshelwoodがドリブルで持ち込んで先制。明らかにディフェンスの動きが鈍い。
得点2:VojacekがPKを決めて追加点ゲット。設定してる選手が出場しなかったので勝手にキッカーになってました。
得点3:Jamesが一人で持ち込んでミドルシュートを決める。期待しないと働くなぁ。

・4ラウンド 抽選結果
150105news.jpg
4ラウンドの相手は2部のBristol Cityに決定。
今シーズンのFAカップはくじ運に恵まれてる気がする。



Tottenham vs Oxford イングランド プレミアリーグ 第20節

・スタメン
150106form.jpg
中2日でプレミアリーグに戻り現在5位と好調なTottenhamと対戦。
強豪相手にアウェーでサブ組ターンなので今回もガッツリと引きこもり。
Svenssonに続いて新加入のBustosをベンチ入りさせたのでデビュー戦になるかもしれません。
こちらもワントップだけどZambraはあんまりチャンスメイクできるタイプじゃないので少々不安です。

・結果
150106news.jpg
シュートの雨を防ぎきれずに敗戦。
後ろを向いて潰される場面が多かったのでどうもZambraはセカンドトップじゃ実力を発揮できないようです。
Bustos投入してからは4-2-3-1に切り替えてポーチャーに変更。
直後にフリーキックで1点返したり良いドリブル突破が見られたので今後の参考にできそうです。
防戦一方だとちょっとつまらなくなってきたから困る。

・ハイライト

失点1:結構距離のある位置からダイレクトで決められる。これは上手すぎる。
失点2:攻勢に出たらカウンター食らってさらに失点。うーん。
得点1:25mの距離からZambraがフリーキックを直接叩き込んで一矢報いる。器用だなぁ。



Oxford vs Newcastle イングランド プレミアリーグ 第21節

・スタメン
150110form.jpg
中3日で現在14位のNewcastleと対戦。
メイン組のハイプレス戦術でお相手いたします。
そろそろスタメンを見直そうかと考えてるんですが調子崩れそうでなかなか手が出せない。
日程に余裕が出来たら試してみるかなー。

・結果
150110news.jpg
試合終了間際に突き放してなんとか勝利。
チャンスは多くてもゴールが決められないというシュート精度の低さが目立つ試合でした。
Zambraと同じようにGilの役割もいじった方がいいかもしれないなぁ。

・ハイライト

得点1:こぼれ球をLewerenzが押し込んで先制。いい所にいるなぁ。
失点1:完全にフリーにしてしまいクロスを頭で叩き込まれる。ディフェンス何やってんのー。
得点2:PetrucciのクロスをJoanが巧みにトラップして反転シュート。これは美しい。



Oxford vs West Brom イングランド リーグカップ 準決勝 第1試合

・スタメン
150113form.jpg
中2日でリーグカップ準決勝、現在2部で6位のWest Bromwichと対戦。
Zambraと比較しようと思ってJamesをスタメン入りさせてみる。
チームを生かす動きとかそういった面をちょっと見比べてみようと思います。
ついでに経験積ませようと思ってキーパーにはKöcherを起用してみました。
2戦するのでできるだけアドバンテージを奪って欲しいところですねー。

・結果
150113news.jpg
Jamesの2得点で辛勝。追いつかれて突き放すという展開が多くてちょっとヒヤヒヤ。
後半から引きこもったせいでロングシュートの猛攻を浴びましたが、大半の選手がバテ始めてたので仕方ない。
1点しかアドバンテージ奪えなかったので2戦目が心配。

・ハイライト

得点1:WorleyのロングパスがKnottに繋がりJamesがフィニッシュ。もしかしてこれクリアだったんだろうか。
失点1:ポストに当たって入る絶妙なミドルシュートを決められて失点。うーん。
得点2:再びKnottJamesのコンビで追加点を奪う。仲いいなこの二人。

・アクシデント
150113news2.jpg
しかしこの試合で期待の若手ブラジル人Jorgeが負傷。
幸いにも軽症だしいまのところ中盤の人材は豊富なのでゆっくりしていってね!!!



Chelsea vs Oxford イングランド プレミアリーグ 第22節

・スタメン
150117form.jpg
中3日で現在6位のChelseaと対戦。
アウェーなので当然の如く引きこもり戦術です。
JannnelMalongaDinoが代表召集のため離脱。
噂のアフリカネイションズカップなのでしばらく帰ってこないかもしれません。
代わりにサブ組からRanieriWorley、控えからTejがスタメン入り。
今シーズンはまだ負けてないけど果たしてどうだろう。

・結果
150117news.jpg
猛攻に耐え切ってなんとかスコアレスドローに持ち込みました。
サイドハーフが潰される場面が多かったので途中からウイングまで上げて4-3-3の形に。
そこから少し持ち直した感があったので引きこもりすぎも考え物らしい。
アウェーだと相手が攻撃的だから余計に難しい。



○選手獲得のお知らせ
将来性の高い選手に絞って数人獲得してるんですが即戦力クラスを獲得したのでお知らせ。

・Andrea Nanni ☆新加入!
14andreananni_s.jpg
イタリアのNapoliから移籍金8Mで獲得した右サイドバック。
しっかり守れる上にクロスやドリブルもそこそこ上手いというなかなか優秀な選手です。
試合勘が鈍ってるので早速スタメン入りさせて無理矢理調整して使っていきます。



Oxford vs Man City イングランド プレミアリーグ 第23節

・スタメン
150121form.jpg
中3日で現在3位のManchester Cityと対戦。
強豪との試合が続くので引きこもり戦術も続きます。
ただZambraはポーチャーの方がいいって事で以前のタスクに戻しました。
離脱者の代わりにKöcherKoffiStasがスタメン入り。
新加入のNanniも予定通りスタメン。ちなみにこれがプロデビューになるらしい。
試合勘は鈍ってるけどそれなりに動いてくれる事を期待。

・結果
150121news.jpg
終了間際に追いついてなんとか引き分け。
決定機3回あったのに1点しか奪えないとは情けない。あとシュート撃たれすぎワロエナイ。
支配率やパス成功率も悪かったのでこの先が不安になります。

・ハイライト

失点1:上手く正面に運ばれて強烈なシュートを食らう。Köcherじゃまだ止められない。
得点1:こぼれ球に詰めたJamesが値千金の同点弾。ラッキーゴールだけどまぁいいや。



Oxford vs Blackburn イングランド プレミアリーグ 第24節

・スタメン
150124form.jpg
中2日で現在11位のBlackburnと対戦。
アフリカ勢はまだまだ帰ってきそうにありません。というわけでメイン組のメンツは変わらず。
引き分け癖がつきそうなのでなんとか勝ってくれないかなー。

・結果
150124news.jpg
少し支配率は悪かったですが2点奪って勝利しました。
やたらファウルでプレイを中断させられたのがなんだか嫌な感じ。
あと枠内シュート7本撃ったのに2点しか入らなかったのもアレ。
決定力が落ちてきてるような気がする。

・ハイライト

得点1:コーナーからのこぼれ球をWilliamsが押し込んで先制。Gilのアシストもナイス。
得点2:フリーキックからJoanが持ち込んでミドルシュート。なかなか珍しい攻撃パターンです。



West Brom vs Oxford イングランド リーグカップ 準決勝 第2試合

・スタメン
150128form.jpg
中3日で再びリーグカップでWest Bromwichと対戦。
1点アドバンテージがあるので引きこもり戦術でお相手します。
何人か間違ってリザーブ戦に出場させてしまったため少しメンツが変わりました。
Bustosが初スタメンになるのでポーチャーに戻したZambraと共にちょっと期待してます。

・結果
上手く先制したのに追いつかれて引き分け。
でも先制した時点で相手に3点奪われない限り負けなくなったので割と気楽でした。
やっぱりZambraはポーチャーの方がいい動きを見せる。
Bustosはあまりチャンスに絡めなかったので次回に期待。

・ハイライト

得点1:コーナーからZambraが流し込んで先制。コーナーになるきっかけ作ったのもZambraです。
失点1:相手のコーナーから強烈なミドルシュートで失点。だからKöcherじゃとれないんだってば!

・アクシデント
150128news2.jpg
順風満帆かと思いきや途中出場した右ウイングVojacekが負傷退場して軽症。
ちょうどJorgeが復活したのでTejを右ウイングにまわしてしのいでみます。

・決勝の相手は‥‥
150129news.jpg
これまで一度も勝った事がないArsenalに決定。
早くも勝てる気がしませんがまぁなるようにしかなりませんよね。



Oxford vs Bristol City イングランド FAカップ 4ラウンド

・スタメン
150131form.jpg
中2日で今度はFAカップ、2部所属のBristol Cityと対戦です。
割と余裕のある相手なのでところどころに若手を起用。あとコンゴ勢が敗退して帰ってきました。
Jorgeもこれが復帰戦になります。ついでにJamesもスタメン入り。
流石にこの相手にはホームだしサクっと勝って欲しいところ。怖いのは慢心ぐらい。

・結果
150131news.jpg
PKで先制された時はどうしようかと思ったけどJorgeの2得点で逆転勝ち。
前半は相手シュートを一本に抑えましたが後半は引きこもったりで少し押されました。
Jamesがことごとくチャンスをはずしまくってたのが印象的。やっぱりスーパーサブに戻します。

・ハイライト

失点1:珍しくMutomboがPKを与えてしまい失点。当然ながらKöcherじゃ止められない。
得点1:カウンターからJorgeが独走。自らのゴールで復帰戦を祝います。
得点2:再びJorgeが今度はゴール正面から強烈なミドルシュート。おそろしい子!

・5ラウンド 抽選結果
150202news.jpg
またも2部所属のHuddersfieldとの対戦が決定。
でも現在2位と好調なので油断すると足をすくわれるかもしれない。



○移籍まとめ
試合結果を振り返る前に移籍のまとめをご報告。
意外と選手が売れたのでまずは退団選手からご紹介。ちなみに売れた順です。

Daniel Philliskirk - 5.25M+将来の報奨金で2部のLeicester
移籍リストに載せて半年経ったPhilliskirkにやっと買い手がつきました。
リアルではまたOxfordにレンタル移籍してるけどうちの箱庭ではお別れです。
Leicesterは現在1位なのでもしかしたら来シーズン対戦するかもしれません。

Mouhamadou Coly - 4.5M+将来の報奨金でノルウェーのMolde
時折出番が欲しいと訴えてきてたColy
期限付き移籍リストに載せてたら完全移籍のオファーがきたのでそのまま売り払っちゃいました。
選手層見る限りではたぶん出番はありそうなので望みが叶いそうです。

José Antonio - 2.7M+将来の報奨金でイタリア2部のAscoli
加入当初は時折出番を与えてましたが新戦力加入のあおりで放出リストへ。
セリエBの2クラブからオファーが来て本人がAscoliを選びました。
控えとして起用されるみたいなので頑張って活躍してほしい。

Vladimir Cervenka - 3.6M+将来の報奨金でフランス1部のOM
MarseilleだけでなくBarcelonaSparta Pragueからもオファーが来た人気者Cervenka
かなり迷ったんですがこのままだと出番なくなりそうなので思い切って放出しちゃいました。
母国じゃなくてフランスを選んだのが意外でしたが、新天地でも頑張ってほしいです。

放出したのは以上の4名。
続いて新加入選手のご紹介。ほとんどEU外だから困る。

Ilja Zharov ☆新加入!
ドイツのLeverkusenから移籍金1.3Mで獲得した左サイドバック。
まだまだ発展途上なのでレギュラーとして使えるのは先になりそう。
チャンスがあればトップの試合に出して経験を積ませたいと思います。

Hamadou Yaméogo ☆新加入!
ブルキナファソのCF FBF Boboから保証金6Kで獲得した左サイドバック。
労働許可が下りなかったので早速Viséにレンタル。
戻ってきたら強靭さから鍛えていきたい。

Francois Isaacs ☆新加入!
南アフリカのSundownsから保証金65Kで獲得してViséにレンタル中。
センターバックや中盤の層を厚くしたくて獲得しました。
戻ってきたらスピードを重点的に鍛えたい。

Richard Dickson ☆新加入!
ガーナのKotokoから移籍金40Kで獲得してViséにレンタルに出した左ウイング。
右に比べて左の層が薄かったので是非とも獲得したかった。
強靭さ3なので戻ってきたら重点的に鍛える予定。

Ogün Demircan ☆新加入!
トルコのBursasporから移籍金1.8Mで獲得した左ウイング。
上訴すれば労働許可下りるかもって言われたのに下りませんでした。
仕方ないのでViséにレンタルしましたが早くトップチームに加えたい。

獲得したのは以上の5名。
小粒だらけなので数年後には消えてる可能性もありますがじっくり育てていこうと思います。
ってかViséには何人レンタルできるんだろう。



○試合結果
1501sche.jpg
なんかやたら時間かかると思ったら9試合もあったんですね。
得点力と守備力が少し下がって勝ちきれない試合が増えてきました。
それでも強豪以外からは勝ち星を拾えてるので調子はそこそこといった感じ。
でもこのままだとチャンピオンズリーグ出れちゃいそうで心配。まだ流石に無理だよなぁ。

・月間ベストゴール

今回はNewcastle戦よりJoanのゴールを選出。
巧みなトラップからシュートという一連の動きを評価しました。
でもこれどこでトラップしてるかが謎。お腹に当たってるっぽいけどどうなってるんだろう。


つづく

    2011-11-17      Oxford 2014-15 その5 December

○理事会より
141201news.jpg
移籍条項からBrightの名前がなくなる。基準がよくわかりません。
相変わらず税金が多くてなんだかなぁという感じ。あと収入伸びなくなってきました。
早く新スタジアムできないかなー。

・月間最優秀若手選手
141201news2.jpg
11月はJorgeが最優秀若手選手に選ばれました。
自慢の脚力でサブ組の中盤を走り回ってます。
ただもう少し能力伸びるまでは途中出場とかで使いたいなーとも思ったり。



Roma vs Oxford UEFA ヨーロッパリーグ グループJ

・スタメン
141204form.jpg
中4日でヨーロッパリーグ、アウェーでRomaと対戦します。
負傷していたLewerenzが復活。そして出場停止のFlanaganの代わりにBrownがサブ組からスタメン入り。
本当は若手中心で行こうかとも思ったんですがRoma相手なのでPetrucciがいるメイン組にしてみました。
ロマニスタからは裏切り者ーって言われると思うけどそんな声を黙らせるくらいのプレーを見せて欲しいもんです。

・結果
141204news.jpg
復帰したLewerenzが躍動して快勝。Petrucciもきっちりゴールを決めるんだから流石です。
前半早々に2点リードしたので後はひたすら引きこもり。
アウェーなのに完全に主導権を握ってほとんどチャンスを与えませんでした。
本当に引きこもりの精度が上がったなぁ。

・ハイライト

得点1:LewerenzのシュートがこぼれたところをGilが押し込む。動きがいいなぁ。
得点2:エリア内フリーでボールを受けたLewerenzがそのままシュート。復帰戦を自らのゴールで祝います。
得点3:カウンターからKnottのクロスをPetrucciが流し込んで3点目。綺麗に決まったので大満足です。



Swansea vs Oxford イングランド プレミアリーグ 第16節

・スタメン
141207form.jpg
中2日でプレミアに戻り、現在19位のSwanseaと対戦。
Flanagan出場停止の余波でリザーブから左サイドバックColyがスタメン入り。ちなみにこれがデビュー戦になります。
あとViséにレンタルに出してたKonéですが、契約更新したら労働許可が下りたので呼び戻してベンチ入りさせてみました。
戦術の方もメイン組を参考にタスク等をいじった形。上手く機能してくれるかはわかりません。
下位クラブ相手だけどアウェーだし不安だなぁ。

・結果
141207news.jpg
2点リードしながら追いつかれそうになりつつもなんとか逃げ切る。
序盤にPKとられた時はどうなる事かと思ったけどそれが決まらなかったおかげで流れがこちらに向きました。
もっと押されるかと思ったけど意外といい勝負でした。でももう少しピンチは減らしたい。特に決定機がやばい。
メイン組が安定しすぎてるせいだと思いますがサブ組は見ててハラハラしますねー。

・ハイライト

得点1:JorgeのスルーパスからFontainが流し込んで先制。右ウイング二人が調子いいなぁ。
得点2:フリーキックからピンボール状態になりZambraが頭で押し込む。これはなかなか上手い。
失点1:しかしカウンターを食らって結構距離のある位置から決められる。Rigbyボーっとしてるんじゃないよー。



Oxford vs Liverpool イングランド プレミアリーグ 第17節

・スタメン
141213form.jpg
中5日で現在9位のLiverpoolと対戦。久々にベストメンバーが揃いました。
ホームなんでひとまずはハイプレス戦術をいじりながらお相手致します。
それにしてもすっかり中堅クラブになってきたLiverpool
世代交代の途中みたいなので浮上するにはもう少しかかりそうな感じ。
勝てる時に勝ち星稼いでおきたい。

・結果
141213news.jpg
ガチガチのゴール前をこじあけるのに苦労しましたがなんとか勝利。
流石にこのクラスの相手に守備重視の戦術とられるときつい。
しかも4-3-3で前線の3人が能力高いもんだからカウンターがやたらと怖い。
先制した瞬間に即引きこもりましたよ、えぇ。追加点はラッキーだったなぁ。

・ハイライト

得点1:Joanの縦パスにAkçayが反応。これは二人とも上手い。すげぇ上手い。
得点2:コーナーからGilが頭で流し込んで駄目押し。引きこもり戦術も安定してます。



Oxford vs Legia UEFA ヨーロッパリーグ グループJ

・スタメン
141218form.jpg
中4日でグループステージ最終戦、ホームにポーランドのLegiaを迎えて対戦します。
既に勝ち抜けが決定してるので若手の修行場にしてみました。
ディフェンシブハーフKonéと左サイドバックHallはデビュー戦になります。
ついでに若手じゃないけどあまりにも出番が少ないキャプテンJamesがかなり久々のスタメン入り。
若手を引っ張る存在として頑張ってもらおうと思ったんだけどなんかもう「Jamesと愉快な仲間達」という感じ。
流石にまともに相手すると分が悪いので安心と信頼の引きこもり戦術でお相手します。
ハイプレス戦術と同様に改良中なのでどう機能するか楽しみです。

・結果
141218news.jpg
負けなければいいやーとか思ってたら予想外の快勝。
これまでの鬱憤を晴らすかのようにJamesが2得点。ってか決定機5回ってどういうことなの。
プレスを弱くして引きこもり具合を強くしたらなんかまた安定感が上がってきました。
相手と同等のチャンスがあったなら引きこもり戦術としては十分ですよね。

・ハイライト

得点1:なぜかフリーの状態でエリア内でパスを受けるJames。冷静に決めて先制しましたが相手は何をやってるのか。
得点2:相手のミスからJorgeがスルーパスを出してJamesが決める。1点目といい相手の動きがひどい。
得点3:またもJorgeのスルーパスに今度はTej。大陸大会初ゴールです。



○UEFA ヨーロッパリーグ

・グループJ 順位表
1412ecrank.jpg
初参加にも関わらず気付けば6戦全勝、無失点でのグループステージ突破。
2位は高い得点力を誇ったRoma。でも失点も多くてイマイチ勝ち切れなかったらしい。
PSVは可もなく不可もなくといった感じで勝ち点を稼げず敗退。
Legiaは6戦全敗で完全にお客さん状態。ごちになりました。

・トーナメント1ラウンド 組み合わせ(クリックすると拡大)
14ectn1_s.jpg
抽選の結果、全体の組み合わせはこんな感じになりました。
我がOxfordはチャンピオンズリーグから敗退してきたギリシャのOlympiakosと対戦。
チーム力は同じぐらいなのでそこそこいい勝負が出来るんじゃないかと思います。
あとプレミア優勝クラブのくせにMan Cityもこちらにまわってきました。
厄介な相手が増えたけどよく考えたら優勝狙ってるわけでもないのでそこまで困らない事に気付いた。

・2ラウンド抽選結果
141220news.jpg
2ラウンドの抽選も同時に行われたのでそちらもお知らせ。
ポルトガルのBenficaかトルコのBesiktasと戦える可能性があるらしいです。
まぁまず勝ち進めるかどうかがわかりませんけども。



Birmingham vs Oxford イングランド プレミアリーグ 第18節

・スタメン
141223form.jpg
中4日でプレミアに戻り19位に下がってきたBirminghamと対戦。
下位クラブとの対戦ですがアウェーでサブ組なので引きこもってみる事にしました。
選手の能力的にも「ガンガンいこうぜ」より「いのちをだいじに」の方がいいかなーとかそんな感じです。
ワントップはOxfordのスピードスターZambra。出番あるかわからないけどJamesはスーパーサブ扱いなのだよ。

・結果
141223news.jpg
決定的なピンチもなく1点を守りきって勝利。
あんまりチャンスもなかったのであっという間に終わりました。
勝つには勝ったけどイマイチ消化不良な感じ。無い物ねだりですかね。

・ハイライト

左サイドからのクロスをFontainが頭で押し込んで先制。
攻撃タスクにしたからか今シーズンはウイングの活躍が特に目立ちますねー。



Oxford vs Wigan イングランド プレミアリーグ 第19節

・スタメン
141227form.jpg
中3日で現在16位のWiganと対戦。
ホームでメイン組の出番なのでいつも通りハイプレス戦術で臨みます。
ある程度の試行錯誤は終わったのでここからしばらく様子を見る感じ。
ちゃんと機能してくれるかどうか。

・結果
141227news.jpg
相手がドン引きしてたおかげで完全に主導権を握って勝利。
でも決定機が5回あったのに2点しか決められなかったのは勿体ない。
後半は相手が攻勢に出てきたせいで失点しましたが、ハーフタイムに引きこもりに変えてれば防げたなぁと反省。
臨機応変に対応するのはなかなか難しいですねー。

・ハイライト

得点1:PetrucciGilのホットラインから先制点をゲット。上手く繋がると嬉しいなぁ。
得点2:ゴール前でのやりとりからAkçayが追加点。これだけ密集してるのによくパス通るな。
失点1:油断してたら後半開始早々押し込まれました。やっちまったな。



Chelsea vs Oxford イングランド リーグカップ 準々決勝

・スタメン
141231form.jpg
中3日ですっかり存在を忘れてたリーグカップ、Chelseaとの対戦です。
カップ戦はサブ組の役目なので引きこもりつつお相手します。
たまには出番あげないとなーって事でJamesをターゲットマンとしてスタメンに。
負けて元々なので相手があっと驚くようなプレイを一度は見せて欲しいもんです。

・結果
141231news.jpg
開始早々にセットプレーから先制してその1点を守りきりました。
決定機一回与えたぐらいで危ない場面もほとんどなし。引きこもり戦術ぱねぇ。
キャプテンJamesは特に見せ場もなく途中交代。期待すると働かないから困る。

・ハイライト

いい位置でフリーキックを得てWorleyが頭で押し込みました。
大事な試合できっちり決めるあたりは流石です。

・準決勝
141231news2.jpg
次は昨シーズン降格して現在はチャンピオンシップに所属するWest Bromwichと対戦。
Chelseaに勝ってここに負けるとちょっと辛い。



○試合結果
1412sche.jpg
ここにきて全勝という快挙を成し遂げました。
戦術いじったのが好調の要因みたいです。特に引きこもりの安定度がぱない。
ハイプレス戦術の方もいじったんですが、結果的にボールの繋がりがよくなりました。
以下が主な変更点です。別に読まなくてもおk。

1.全体的な戦略の原則を「バランス」から「柔軟」に変えた
メイン組のハイプレス戦術におけるビルドアップの話。
ディフェンスラインからの組み立てに関して、サイドバックからウイングを経由して前線に運ぶよう設定してました。
キーパーorセンターバック→サイドバック→下がってきたウイング→中盤やワントップという流れ。
が、ウイングを攻撃タスクにしてから前線に上げすぎたせいでパスの出しどころがなくなってロングボール頼りに。
でも攻撃タスクのウイングの動きがかなり良かったのでサポートタスクに戻すのも忍びない。
他の部分でカバーできないかと色々いじった結果、原則を「柔軟」にする事で上手く繋がるようになりました。
この原則という部分、ポジション毎の選手の役割をどれぐらい多様化させるかを決めているらしい。
「非常に厳格」だとディフェンダーは守備のみ、フォワードは攻撃のみなんて感じになるとか。
つまり「バランス」で攻撃のみ考えてたウイングが、「柔軟」にする事でつなぎを意識するようになったようです。
「非常に柔軟」だとトータルフットボールができそうですが、うちのチームだとゴール前まで上手く運べなくなりました。
ちなみに「バランス」→「柔軟」→「非常に柔軟」とあがる毎にプレスが強くなるので注意。
センターバックまでピッチ全体走り回るようになってしまうのでプレス設定で調節しないとえらい事になります。

2.Dinoの役割をレジスタに変えた
メイン組の中盤で唯一の守備タスクの選手Dino
最初はセンターミッドフィルダーに設定してたんですがやたらとボールを奪われてピンチを招く事が多かった。
色々試した結果レジスタに設定する事で上手くボールを捌くようになりました。
特にサイドへの散らしがかなり効果的でセンターバックから受けたボールをウイングへスルーパスなんて場面も。
ビルドアップの手段が一つ増えたのでラッキーです。

3.引きこもり戦術のプレスを弱くした
これまでそこそこプレスするよう設定してたんですが、ガッツリ引きこもるようにしてみました。
支配率は悪くなっても決定的なピンチが少なくなればいいというこれまでとは少し違った考え方からです。
Liverpool戦でゴール前固められて苦しんだのがきっかけだったりします。
ちなみにビルドアップの面ではハイプレス戦術と同様にサイドバック→サイドハーフの流れで前線へ。
きっちり繋ぐ事は意識してるけど強豪相手でもそれなりにチャンスがあるので少々不思議。

・順位表
1412rank.jpg
で、気付いたら1試合少ない状態で首位に立ってるわけだが。
まぁすぐ後ろにArsenalとかいるんで抜かれると思いますけども我ながらすげぇなぁと感心。
何が凄いって2チームとも無敗ですよ無敗。しかも失点少ないのに得点は割と多いっていう。
失点少ない→負けない、失点少ない上に得点多い→勝つってのがよくわかる順位表です。
流石に優勝はできないと思うけど出来るだけ上の順位でフィニッシュしたいなぁ。

・月間ベストゴール

また試合数多くてゴールラッシュだったんですが今回はLiverpool戦よりAkçayのゴールを選出。
Joanのスルーパス、Akçayの飛び出しとキーパーの逆を突く冷静なシュートを評価しました。
こういうプレイは本当に見てて楽しい。ってか上手くなったなぁ。


つづく