2011-09-29      Oxford 2011-12 その3 October

○理事会より
111001news.jpg
リーグ戦だけだとやっぱり損失になるみたいです。
昇格が厳しいようならカップ戦に集中してお金稼ぐのもアリだなぁ。



Peterborough vs Oxford イングランド フットボールリーグ1 第10節

・スタメン
111001form.jpg
中3日でメイン組のターン。
この試合でも前節使った戦術で臨んでみます。
しかし相手がよりによって2位のPeterborough。フルボッコされそうな気がする。

・結果
111001news2.jpg
最初から最後まで圧倒された完全な力負けです。
ディフェンスラインから前までボールが繋がらずことごとくピンチを迎えるので4-1-4-1に切り替え。
それでも先制されたので4-5-1に戻して戦術をいじりながら修正して1点返す。
再び4-1-4-1に切り替えたもののまたも押し込まれ敗北。
うーん難しい。

・ハイライト

失点1:セットプレーから失点。Ranieriが反応できてないのが悲しい。
得点1:Jamesの飛び出しから生まれたゴール。攻撃タスクの方が機能するなぁ。
失点2:敵ながら惚れ惚れするようなミドルシュート。コース開けてたのが残念。



Cheltenham vs Oxford イングランド フットボールリーグトロフィー 南 2ラウンド

・スタメン
111004form.jpg
中2日で3部と4部限定のカップ戦、フットボールリーグトロフィーにサブ組で臨みます。
N'Gomaが復帰してから待望の初スタメン。van Velzenの代役でOrenugaも初スタメンに。
戦術面ではパス目標を両サイドから混合に変えてみました。
相手は4部のライバルクラブCheltenham。絶不調みたいなのでサクっと勝ちたい。

・結果
111004news.jpg
相手キーパーのミスで2点を奪い勝利。
色々試したけどあまりいい感じではありませんでした。
まだまだ試行錯誤は続きます。

・ハイライト

得点1:相手キーパーのナイスアシスト。なぜ弾き返さず叩き落したのか。
得点2:Jamesのシュートが強烈すぎたのかキーパーの手を弾いてゴール。カワイソス。
失点1:コーナーから返されました。セットプレーは難しい。



Oxford vs Preston イングランド フットボールリーグ1 第11節

・スタメン
111008form.jpg
中3日でリーグ戦に戻ります。
メイン組だけど左サイドバックDodgeonが代表召集されてしまいKinniburghが先発。
控えも何人か持ってかれたのでNanettiZambraがベンチ入りしてます。
相手は現在5位のPreston。戦力的には完全に負けてますがどうなるやら。

・結果
111008news.jpg
いじりにいじってやっと理想通りの形で得点をあげました。
その後相手が退場したので4-1-4-1に切り替え嫌がらせに近い逃げ切り体制に。
数で有利になってもカウンターを食らうと危険なので油断できなかったのですよ。

・ハイライト

フィニッシュはちょっと不細工ですがJamesのポストプレイから生まれたプレイです。
それがLewerenzに繋がってご覧のような感じに。これからの試合でも機能するだろうか。



○FLトロフィー抽選結果
111008news2.jpg
準々決勝の相手は現在19位のCharltonに決定。
相手が不調なのは嬉しいけどアウェーなのは悲しい。
なんとか勝ち進んでチャンスを増やすしかないですね。



Oxford vs Plymouth イングランド フットボールリーグ1 第12節

・スタメン
111015form.jpg
中6日なのでほとんど変わらず。
代表戦が終わったので左サイドバックにDodgeonが復活してます。
前節で得点を決めたのがこの戦術。メンタリティや幅なんかをいじってあります。
相手は18位と不調なPlymouth。上手く機能してくれますように。

・結果
111015news.jpg
狙い通りの得点で見事に勝利。いい感じになってきました。
早々に2点リードしたので4-1-4-1に切り替えて後はひたすら引きこもり。
右ウイングLewerenzの好調が上手く作用してるようです。

・ハイライト

得点1:強烈なエリア外からのシュート。ロングシュート能力14は伊達じゃないのです。
得点2:今度はKnottがペナルティラインあたりからボレー。Jamesが完全に囮だけど仕方ない。



Notts Co vs Oxford イングランド フットボールリーグ1 第13節

・スタメン
111022form.jpg
中6日だけどなかなか出番がないのでサブ組出陣です。
アウェーということもあって先制されるまでは引きこもり戦術で行ってみようと思います。
戦術はN'Gomaのスピードを生かしたカウンター。
相手は11位とそこそこの位置にいるNotts Co。そろそろ慢心が恐い。

・結果
111022news.jpg
途中出場した前線3人のおかげで逆転勝利。
当然戦術も変えたんですけど相手が疲れてる時間帯だったからか効果抜群でした。
それにしてもサブ組はイマイチ頼りない。まぁサブ組だから当たり前なんですけど。

・ハイライト

失点1:またこの距離からやられました。前開けちゃらめええええ。
得点1:コーナーからN'Goma。今シーズンのリーグ戦初ゴールです。
失点2:お手本のようなカウンター。ディフェンスの人数足りてないワロエナイ。
得点2:キーパーをすり抜けるJames。よく見ると上手くかわしてるのか?
得点3:相変わらず絶好調なLewerenz。この選手が9Kですよ9K。お買い得すぎる。



○FAカップ抽選結果
111024news.jpg
1ラウンドの相手はリーグ2のCrawley Townに決定。
格下だしホームだしで言う事なし。サブ組でも問題なく勝てるでしょう。



Oxford vs Derby イングランド フットボールリーグ1 第14節

・スタメン
111029form.jpg
中6日でメイン組に戻ります。戦術もパスをショートタイプに変更して一応の完成となりました。
相手は現在3位のDerbyPeterboroughと同じぐらい強いのでかなりやばい。
果たしてホームアドバンテージがどれだけ背中を押してくれるか。

・結果
111029news.jpg
開始早々に先制するなど危なげない勝利をあげました。
何度かカウンター食らったけど相手の決定力不足に助けられた形。
これもホームアドバンテージなのだろうか。

・ハイライト

得点1:もはやなくてはならない存在になってきたLewerenzJamesのゴール数追い抜くんじゃないのこれ。
得点2:と思ったらLewerenzがカットされたボールをかっさらってJamesがゴール。イイヨイイヨー。

・ピックアップ
111029news2.jpg
大活躍のLewerenzはドイツ4部リーグのRB Leipzigに所属していた選手。
その前はHSVにいたらしくドイツU-19での出場歴もあります。
どうやらゲーム開始時にデータベースをカスタムにしたおかげで登場したらしい。
それにしてもドイツのクラブ無視してうちに来てくれたのが本当よくわからない。



○試合結果
1110sche.jpg
初戦の負け以外はなんだかんだで勝利して好調が続いてます。
戦術の改良が上手くいったのとLewerenzの好調が要因。
4-1-4-1も同じような感じにしてみたんですがそれもそこそこいい感じに機能してます。
ただこれがサブ組になるとちょっと怪しくなってくる。
戦力補強も含めてまだまだ試行錯誤は続く。

・月間ベストゴール

今回はPlymouth戦よりKnottのゴールを選出。
Jamesが囮となり広がったバイタルエリアにKnottが飛び込む。
この連動した全体の動きとダイレクトで逆サイドに叩き込んだKnottの上手さを評価。
キーパーも完全に逆を突かれて届かず。天晴れ。


つづく

スポンサーサイト

    2011-09-26      Oxford 2011-12 その2 September

○理事会より
110901news.jpg
カップ戦のおかげか入場料収入が伸びて予想外の利益が出ました。
試合日の収入も80Kぐらいあったので意外と馬鹿に出来ない。
リーグカップは負けちゃったけど少しでも試合増やすためにFLトロフィーは勝ち進みたいですねー。

・月間最優秀選手
110901news2.jpg
調子が良かったJamesがリーグ1の月間最優秀選手に選ばれました。
ハットトリックがかなり評価された様子。そりゃそうですよね。
N'Gomaが復帰したので少し出番は減るかもしれないけど変わらぬ活躍を期待。

・月間最優秀監督
110901news3.jpg
ついでに月間最優秀監督にも選ばれました。
この勢いをどこまで続けられるかが少し心配です。

・FLトロフィー抽選結果
110903news.jpg
それからFLトロフィーの抽選結果も発表されました。
せっかくのライバル対決なのにアウェーというのがもったいない。
もう格下扱いになるのでしっかり勝って優勝を目指したい。



MK Dons vs Oxford イングランド フットボールリーグ1 第5節

・スタメン
110903form.jpg
中6日でメイン組のターン。
左サイドバックDodgeonが代表に召集されたのでKinniburghがスタメン入り。
控えながらセンターバックWilliamsと左ウイングvan Velzenも召集されたのが厄介です。
相手はメディア予想14位ながら現在7位のMK Dons。アウェーなのが嫌だなぁ。

・結果
110903news2.jpg
かなり押され気味だったけどなんとか勝利。
コーナーから先制できたので後半は4-1-4-1に切り替え。
逃げ切るつもりで変えたのに意外にも追加点をあげてくれたのでラッキーでした。

・ハイライト

得点1:Worleyの今シーズン初ゴール。昨シーズン同様期待してます。
得点2:Joanにもついに初ゴールが生まれる。もう完全にチームの中心ですね。



Oxford vs Walsall イングランド フットボールリーグ1 第6節

・スタメン
110910form.jpg
中6日でまたまたメイン組のターン。
Dodgeonが代表戦から帰ってきたのでスタメン入り。
やっと怪我から復帰したN'GomaDoranがベンチ入りしてます。
というわけでZambraNanettiはユースとリザーブに戻しました。
相手はメディア予想11位に対し現在20位と低迷中のWalsall。慢心しそうでアレ。

・結果
110910news.jpg
先制された時はついに連勝ストップかと思いましたがJamesがやってくれました。
慢心もなかったのとホームアドバンテージとで終始有利な試合展開。
またハットトリックも期待したけど流石にそう簡単にはいきませんでした。

・ハイライト

失点1:速度はないけどコースが絶妙。発展途上のRanieriじゃ防げない。
得点1:コースも速度も素晴らしいミドルシュート。これもとれませんよね。
得点2:ついに生まれたロングスローからのゴール。この飛び道具は強力だ。



Charlton vs Oxford イングランド フットボールリーグ1 第7節

・スタメン
110917form.jpg
中6日ですがなかなか出番がないのでサブ組を出陣させてみます。
試合勘が鈍ってたN'Gomaだけはリザーブ戦に出したのでベンチです。
そしてMK Dons戦の内容からフォメを4-1-4-1に。
相手はメディア予想2位にも関わらず現在11位のCharlton
アウェーなので厳しいですがなんとか頑張ってほしい。

・結果
110917news.jpg
サブ組で臨んだせいもあって大苦戦。
Jamesのおかげでなんとか同点に持ち込みましたが内容では明らかに負けてました。
上位候補との対戦では分が悪いみたいなので先行きが不安です。

・ハイライト

失点1:Philliskirkがボールを奪われて失点。これはいただけないなぁ。
得点1:Jamesが上手くフリーになりました。絶好調でござる。



Oxford vs Crystal Palace イングランド フットボールリーグ1 第8節

・スタメン
110924form.jpg
中6日でメイン組に戻します。
ようやく怪我人もいなくなってメインサブ共に万全の状態となりました。
相手は現在5位のCrystal Palace。プレミアからここまで落ちてきたのに選手層が厚い。
でもホームアドバンテージを信じて4-5-1で臨みます。

・結果
110924news.jpg
主導権は握りっぱなしだったのに先制されたりフィニッシュが決まらなかったり。
しかもどちらもコーナーからの得点のみというなんだか物足りない試合。
枠内シュートも決定機もこっちの方が多かったのに勿体無い。

・ハイライト

失点1:ニアの選手が頭で流してファーの選手がズドン。これは防げない。
得点1:こちらはWorleyがやってくれました。リーグ1でも通用するみたいで安心。



Bristol Rovers vs Oxford イングランド フットボールリーグ1 第9節

・スタメン
110927form.jpg
中2日でサブ組のターン。ちょっと役割とタスクをいじってみました。
- - - - - - - - - - - -ここから変更の説明- - - - - - - - - - - -
これまではウイングを経由して中央から崩すという形に主体を置いてました。
両サイドをパス目標にしつつウイングが中に流れてスルーパスというのが狙いだったわけです。
しかしリーグ1の上位陣相手だとスルーで抜け出しても相手キーパーに阻止される事が多い多い。
というわけでウイングが攻めあがってそのクロスからゴールを狙う形に変えてみたのだよ。
ちなみに昨シーズンの中盤に少し使った設定が元になってます。
突発的に変えてみたけど上手く機能するかどうかは謎。
- - - - - - - - - - - -ここまで変更の説明- - - - - - - - - - - -
相変わらずN'Gomaの試合勘が戻らないので好調なJamesをスタメンに。
相手はメディア予想13位ながら現在5位と好調なBristol Rovers
上位陣とばっかり当たるので辛いです。

・結果
110927news.jpg
どうやらこの試合では上手くいったようです。
スピード豊富なvan Velzenにはピッタリな戦術だった様子。
中盤まで下がってくるJamesもきっちり楔役として機能してました。

・ハイライト

得点1:ディフェンスが他の選手に釣られてフリーでクロスを上げられたのがラッキーでした。
得点2:アシストの後はvan Velzen自らゴールも奪います。が、

・アクシデント
110927news2.jpg
ご覧の様に2得点に絡んだvan Velzenが骨折という重症。
ようやく活躍が期待できそうって時に離脱はなんともカワイソス。
しばらくOrenugaを起用するとして代役になるかどうか。



○試合結果
1109sche.jpg
なんとか踏ん張って好調が続いてます。
しかし試合内容を見ると負けててもおかしくない試合も多いです。
戦力的には十分プレイオフ圏とか狙えるレベルなのでなんとかこのまま粘りたい。

・月間ベストゴール

今回はMK Dons戦よりJoanの初ゴールを選出。
Orenugaが作ったほんの一瞬の溜めと高速クロス、それに合わせたJoanの飛び出しが評価ポイント。
リーグ1ではこういったプレイが鍵になりそうです。


つづく

    2011-09-26      Oxford 2011-12 その1 August

○理事会より
110801news.jpg
思ったよりシーズンチケット代がでかい事を知る。
やっぱり人気を上げて大きいスタジアムを作る事が一番の収入になるらしい。
リザーブの選手を放出した事に落胆されてるけど元トップチームメンバーは無視ですかそうですか。

・財務
1107fina.jpg
そういえばスポンサーの状況とか確認するの忘れてました。
サブキットスポンサーが減っちゃって80Kほど収入が減ったのが残念。
ここには載ってないけど現在の収支は1.4M黒字の状態。
ここから月に100~200Kずつ減っていくと思うので凄く恐いです。
昇格した事で入場料収入がどうなるかが鍵になりそう。

・記者会見にて
昨年のリーグ2年間最優秀監督に選ばれてた事を知りました。
メディア予想を上回る活躍をすると受賞しやすいらしいです。
ちなみに今シーズンOxfordは22位になるだろうってのがメディア予想です。
く、くやしくなんかないんだからね!
とりあえず優勝予想はメディアに乗っかっておきましたけどねフヒヒ。



Oxford vs Brentford イングランド フットボールリーグ1 第1節

・スタメン
110806form.jpg
開幕戦はベストメンバーで臨みます。
約半数が新加入なので連携面が少し心配。でもアシマネ曰く上手く調和してるらしい。
怪我したN'Gomaの代わりにユースのZanbraがベンチ入りしてます。
出場したら16歳でトップデビュー。期待の逸材だけど他のクラブから狙われそうで心配。
相手はメディア予想10位のBrentford。今シーズンの行く末を占うにはちょうどいい相手。
「あいつら降格するよ」とか言われましたがなんのその。返り討ちにしてくれるわー。

・結果
110806news.jpg
オウンゴールで奪った1点をなんとか守りきりました。
前半は押せ押せだったのに後半は防戦一方でかなり危なかった。
チームトークが失敗だったかもしれない。

・ハイライト

記念すべきリーグ1初ゴールはフリーキックからの混戦で相手が押し込んだオウンゴール。
なんとも微妙なゴールなので次はスカっとするゴールを期待。



Oxford vs Brighton イングランド リーグカップ 1ラウンド

・スタメン
110809form.jpg
中2日でのリーグカップ1ラウンドはサブ組で臨みます。
こちらはほぼ全とっかえになりました。連携大丈夫だろうか。
Jamesの位置には本来N'Gomaが入るんですが怪我なのでしばらく代役で。
ベンチにはユース期待のZambraが控えております。この調子だとそのうち出番来そう。
相手は2部所属のBrighton。いきなり格上と当たるとはついてなくて困る。
それでも望みは捨てないで気楽に頑張ってくるんだー。

・結果
110809news.jpg
なんとPhilliskirkのデビュー戦初ゴールで勝利しました。
危ない場面は何度かあったもののディフェンス陣の奮闘で逃げ切る。
そしてZambraが途中交代でトップチームデビュー。
JamesからZambraへ交代という印象的なデビューになりました。

・ハイライト

これまでのミドルシュートとは弾速が違うと思うのは気のせいでしょうか。
それにしても不利と思われた格上との対戦で値千金のゴールとは素晴らしいデビュー。
これからの活躍に期待です。

・ピックアップ
110809news2.jpg
そんな鮮烈デビューを飾ったPhilliskirkはリアルでも少しだけOxfordに在籍したらしい。
2010年にレンタル加入で1試合だけ出場し、その後は2部のSheff Utdへレンタル。
そこで3試合出場して11-12シーズンにはそのまま完全移籍した模様。奇妙な縁もあるもんだ。

・アクシデント
110809news3.jpg
しかしその勝利の裏で右ウイングDoranがひっそりと負傷。
軽症だけどドキっとするからやめてほしい。またNanettiの出番だろうか。



○ニュースあれこれ

・最年少記録
110810news.jpg
ZambraOxfordでの最年少出場記録を達成してたようです。
そのせいかIpswichBirminghamから興味を示されてしまった。
これはやばいかもしれない。

・リーグカップ 2ラウンド抽選結果
110810news2.jpg
ヒャッハーFulhamと対戦だー!と思ったらよりによってアウェー。
せっかくの稼ぎ時なのに勿体無い。勝つ可能性も厳しいから困る。



Chesterfield vs Oxford イングランド フットボールリーグ1 第2節

・スタメン
110813form.jpg
中3日でのリーグ戦はメイン組のターンに戻ります。
カップ戦でやたら守備が安定してたようなので試しにRanieriをこちらに組み込んでみました。
負傷したDoranの代わりにNanettiがベンチ入り。何かと出番があるなぁ。
それからレンタルで経験を積みたいとか言いながら全部断りやがったOrenugaを仕方なくベンチ入り。
相手は一緒に昇格してきたChesterfield。アウェーだけど勝っておきたい相手である。

・結果
110813news.jpg
Jamesが大爆発してハットトリック達成。
狙い通り守備陣も安定してました。というかRyanさんよりRanieriの方が明らかに反応がいい。
初めてDodgeonのロングスローが見れたのも面白かった。スローインの度にwktkが止まらない。
最後にコーナーから失点したのは残念だったけどこれからが楽しみな試合内容でした。

・ハイライト

得点1:高く上がったこぼれ球争奪戦に競り勝つJames。ここでもフィジカルの強さを発揮。
得点2:途中出場したSaundersからのスルーパスに抜け出すJames。得意のパターンです。
得点3:同じく途中出場のJoanのスルーパスからゴールを奪う。絶好調である。
失点1:Ranieriが反応してるものの高さが足りず。それでも反応速度は速い。



Oxford vs Oldham イングランド フットボールリーグ1 第3節

・スタメン
110820form.jpg
中6日空いたのでメイン組。でも結構入れ替えがあります。
PetrucciがイマイチなのとJoanの動きがよかったのとで入れ替え。
Soundersもレンタル元のFulham戦には出場できないためここで起用。
キーパーもしばらくRanieriをスタメンにしてみます。
Doranが復活したもののコンディション回復が間に合わずNanettiがベンチ入り。
相手はメディア予想12位なのになぜか現在最下位のOldham。選手が慢心しそうで恐い。

・結果
110820news.jpg
狙い通りJoanが2アシストの活躍で勝利。
チャンスメイカーとしてスルーパスを出すのが凄く上手い。
これはしばらくメイン組で起用してみるしかないですぜ。

・ハイライト

得点1:パスを受けたJamesのトラップとシュートもお見事。新たなホットライン完成かもしれない。
得点2:途中出場のOrenugaが初ゴール。この先もメイン組の交代枠で使っていく予定。

・ピックアップ
110820news2.jpg
予想外の大活躍が嬉しいJoan
ゲーム上のデータではMan Cityしか載ってないけどどうやらその前はEspanyolにいたらしい。
リアルでは現在もMan Cityに所属してるらしく、公式サイトでビデオも見れます。
顔はまだまだあどけないもののプレー中の風格は十分。トップチームに上がれたら是非とも応援したいです。



Fulham vs Oxford イングランド リーグカップ 2ラウンド

・スタメン
110824form.jpg
中3日でリーグカップ2ラウンド。サブ組のターンですがこちらも当然入れ替えがあります。
Saundersが出場できないのでDinoが代わりにスタメン入り。
それからPetrucciはしばらくこっちのメンバーでやってもらう予定です。
怪我明けのDoranも右ウイングとして復帰。それと同時にNanettiはリザーブに戻りました。
流石にFulham相手でしかもアウェーだと苦しいと思いますが、何かしら結果は出して欲しい。

・結果
110824news.jpg
久々に感じるレベルの違い。上手さも速さも桁違い
このレベルの選手を集められるようになるのはいつだろうと考えながらレイプされました。
それでも終了間際まで食らいついて2点返したのは本当に頑張った。
試合後に選手達を褒め称えたのは言うまでもない。

・ハイライト

失点1:振り向いてシュートというよく見る形なのに弾速が違う。まじこわい。
失点2:足にボールが吸い付くようなドリブルでRanieriが抜かれる。上手すぎる。
失点3:Flanaganが与えたPKを決められる。これさえなければ‥‥。
得点1:途中出場のBakerが一矢報いる。よくやった!
得点2:こぼれ球にJamesが詰めて2点目を返す。あとの分は今度返すぜ!

・アクシデント
110824news2.jpg
しかしこの試合でまたもDoranが軽症を負う。
Nanetti「出番が増えるよ!」
Doran「やったねNaneちゃん!」
もしかしてスペ体質なんだろうか。



Tranmere vs Oxford イングランド フットボールリーグ1 第4節

・スタメン
110827form.jpg
中2日でリーグ戦に戻ります。
流石にDinoのコンディションがきついのでここはSaundersのまま。
Nanettiが再びトップチームに上がってベンチ入りしてます。
相手はメディア予想17位ながらも現在9位と好調のTranmere
Fulham戦の鬱憤は晴らせるだろうか。

・結果
110827news.jpg
右ウイングLewrenzの初ゴールを守りきって勝利。
途中出場でZambraがついにリーグデビューを果たすもゴールはならず。
Oxfordどころかリーグ1史上最年少だったらしい。

・ハイライト

これ特筆すべきはアシストしたJamesへのパスがセンターバックのBakerから出たんです。
ライナー性の鋭いロングフィードで新しい形のカウンターが決まりました。
うちに完全移籍してくんないかなぁ。



1108sche.jpg
Fulham戦には敗戦したものの他は全勝でスタートダッシュに成功。
しかし開幕早々Dinoがもっと大きなクラブに移籍したいとか言い出す。
よりによってちょっかい出してきてるデンマークのクラブでもいいとかどういうことなの。
Dinoがいなくなると自前のディフェンシブハーフがいなくなるので後釜を探しておいた方がいいかもしれない。

・月間ベストゴール

今回はBrighton戦よりPhilliskirkのゴールを選出。
デビュー戦にも関わらず格上から奪った見事なゴールというのが評価ポイント。
昨シーズン一回目のも似たようなミドルシュートでしたが弾速の違いに注目です。


 つづく

    2011-09-21      Oxford 2011-12 オフ

○咋シーズンのあれこれ

・チーム内MVP
110625news.jpg
ファンが選ぶ昨年のMVPはWorleyに決定。
一人だけリーグベストイレブンに選ばれてたので納得の選出です。
今年も攻守に亘って活躍してくれるといいなー。

・チーム内ベストイレブン
110625news2.jpg
ついでにベストイレブンも発表されました。
って人数多すぎじゃね?

・財務
10fina.jpg
心配してた財政面も282Kの黒字になりました。
優勝賞金がそのまま黒字分になった形。もし優勝してなかったらと思うとおおこわいこわい。



○シーズン目標
110625news3.jpg
予算は抑え気味でいく予定だったので今年もまた一番簡単な目標に。
移籍金使うような選手は見向きもしてくれないのと、給料高いのがネックなのとでほとんど使ってません。
戦力整えれば降格回避は余裕だと思うので少しでも多く稼げるように頑張ります。

あと理事会から契約更新のオファーがきたので5年契約を結んでもらいました。
給料も週給825ユーロから1400ユーロにアップ。
本当は無給でもよかったんだけどすぐにクビ切られると嫌なのでアレ。



○退団選手
契約切れやら移籍やらで退団した選手のご案内。
使いそうになくて売れる選手は売っちゃえって事でかなり放出してしまった。

Simon Eastwood - 40Kで4部のCreweへ移籍
控えでそこそこ出番はあったものの将来性がイマイチだったので放出。
意外と高値で売れたのにやっぱり控え扱いらしい。
でも正GKが33歳なのでそのうちスタメンになりそうな予感。

Ben Purkiss - 条件付きで5部のGatesheadへ自由移籍
1年間レンタルに出してたPurkissさんも出番が確実になくなるので放出。
タダじゃないとオファー来ないので将来の移籍金収入の50%を受け取る条件付きで移籍させました。
もっとも自由移籍やクビになったらパーになりますけどねー。

Jimmy Sangré - 契約切れで退団
人件費削減のためにやっぱりレンタルに出してたJimmyさんは契約切れで退団。
中途半端な能力が災いしてか7/31時点ではまだ無職らしい。

Laurence Gaughan - 契約切れで退団
こちらも1年間レンタルに出ていたGaughan
Jimmyさんと同じ道を辿り7/31現在無職な様子。

Paul McLaren - 契約切れで退団
なぜかファンからは退団を惜しまれているクラブ最年長だったPaulさん。
コーチになる気もあったらしいけどそこまで優秀じゃなかったのがアレ。
こちらも7/31現在では無職。いつか指導者として再会しそうな気がする。

Asa Hall - 条件付きで4部のBurtonへ自由移籍
レンタル先でそこそこ活躍してたらしいHall
それでも移籍金は発生しなかったので仕方なく将来の移籍金50%の条件付きで自由移籍。
移籍が遅かったのでまだ登録も背番号ももらえてない様子。

Simon Clist - 契約切れで退団
中盤の汗かき役として頑張ってもらいましたが、年齢と能力を考えて退団となりました。
やっぱり7/31時点では無職。再就職は難しいらしい。

Alfie Potter - 90Kで4部のCreweへ移籍
Eastwoodと仲良くCreweへ移籍していったPotterさん。
Salaの故障で出番が増えてもほとんど空気だったのが放出理由。
今度はレギュラーで試合に出られるようなので頑張ってほしい。

Sam Deering - 75Kでスコットランド1部のFalkirkへ移籍し、同国3部のAlloaへレンタル移籍
将来性は高かったけど給料も高くなりそうだったので売っちゃったDeering
結構活躍してたから勿体なかったかなーと少し後悔中。
それにしても移籍して早々レンタルって事は将来有望株扱いなようです。

Simon Hackney - レンタル終了後、3部のCarlisleへ自由移籍
左サイドのレギュラーだったHackneyさんはレンタル終了と同時に親クラブとの契約も切れて移籍。
同じリーグなので対戦できるのが楽しみだけど現在軽症を負っててちょっと心配。
ちなみにCarlisleは過去に5シーズン在籍した事のある古巣らしい。上手くできてるなぁ。

Jacopo Sala - レンタル終了後、3部のGillinghamへレンタル移籍
新シーズンが始まるとほぼ同時に怪我が治ったSalaが今度は敵になりました。
しかもプレイオフを勝ち抜いて昇格したGillinghamへのレンタル移籍。
なかなか楽しい展開になりそうです。

その他リザーブの選手も全員放出しちゃいました。
Nathan Silver - 契約切れで6部のSalisburyへ自由移籍
Matt Green - 条件付きで4部のSouthendへ自由移籍
Jack Midson - 契約切れで退団
Aaron Woodley - 条件付きで5部のEastboume Boroへ自由移籍



○選手情報
今度は新加入選手も交えながら今シーズンを戦っていくメンバーをご紹介。
かなりごっそり入れ替わったのでファンに怒られないか心配。

GK
・Ryan Clarke
11ryanclarke_s.jpg
相変わらず笑顔が眩しいOxfordの守護神Ryanさん。
だいたい安定してるもののたまにとんでもないポカをするのが玉に瑕。
今年は優秀な若手が加入したのでポカしまくると控えになるかもしれない。

・Mirko Ranieri ☆新加入!
11mirkoranieri_s.jpg
Tottenhamから放り出されてた若手ゴールキーパー。
イタリアのユース代表歴があるらしく、Ryanさんと比べても遜色ない能力の持ち主。
最初はサブ組ターンで起用しつつ活躍次第では正ゴールキーパーになるかも。

DF
・Jordan Brown ☆新加入!
11jordanbrown_s.jpg
West Hamから放り出されてたサイドバック。
右利きだけど左右両サイドを高いレベルでこなせるのがかなり便利そう。
利き足とチーム事情から右サイドバックのレギュラーとして起用していく予定。

・John Flanagan ☆新加入!
11johnflanagan_s.jpg
Liverpoolユースから放り出されてた右サイドバック。
レギュラー候補のつもりで獲得したけどBrownの加入で控えになりそう。
それにしてもこのレベルの若手がいらないとか贅沢だなー。


・Joe Dudgeon ☆新加入!
11joedudgeon_s.jpg
Man Utdから放り出されてた左サイドバック。
北アイルランドの年代別代表にも選ばれてる選手らしい。
強力なロングスローを投げられる選手なので今から楽しみで仕方ない。

・Steven Kinniburgh
11stevenkinniburgh_s.jpg
売ろうとしてたのに売れ残ったのでオファー出してみたら5年契約に同意してくれたKinniburgh
ボールを持って考えこむ悪い癖があるのでそのあたりが心配。
判断力はそれなりなのに不思議。

センター
・Nathan Baker ☆レンタル加入!
11nathanbaker_s.jpg
Aston VIllaからまた今年もお借りしました。
だって帰る時に「後ろ髪ひかれる思い」とか言い出すんですもの。
個人情報見たら好きなクラブがOxfordになってたのでもっと染まってほしい。

・Harry Worley
11harryworley_s.jpg
チーム内MVPに輝いたWorleyは能力と同時に評価額が10倍にアップ。(参考
副キャプテンになった場合はサブ組にまわして指揮をとってもらおうかとも考え中。
堅実な守備と自慢のヘディングで今シーズンも頑張ってもらいたい。

・Jake Wright
11jakewright_s.jpg
この写真だけはやたらかっこいいOxfordが誇るいい男。
クロスは下手だけど左サイドバックにも適正があるので何かと重宝する存在。
成長期が終わったのかほとんど能力が伸びてないのが少し悲しい。

・Derrick Williams ☆新加入!
11derrickwilliams_s.jpg
Aston Villaから放り出されてたセンターバック。
リアルではアイルランドU-19代表に選ばれてるので割と有望株なはず。
注目すべきは年棒の低さ。この能力でこの値段はお買い得じゃありませんこと?

MF ディフェンシブ
・Dino Djiba
11dinodjiba_s.jpg
昨シーズン一番の買い物だったDino。そのせいでなぜかデンマークのクラブから狙われている。
いまのところ不満もないようなのでもう少しこの給料で働いてくれるらしい。
1年経ったのにいまだ英語が話せないせいで周りとのコミュニケーションに難があるのがちょっとアレ。

・Matthew Saunders ☆レンタル加入!
11matthewsaunders_s.jpg
Fulhamからまた今年もお借りしました。理由はBakerと同じ。
ほとんどレギュラーで出場してたせいかググっと能力が伸びました。
今年もサブ組のディフェンシブハーフとして頑張ってもらいます。

センター
・Davide Petrucci ☆新加入!
11davidepetrucci_s.jpg
Man Utdから放り出されてた超有望株。
ローマの下部組織時代には「トッティ二世」と呼ばれてたほどの逸材だとか。
Oxfordで活躍させていつかローマに返してみたい。

・Josh Payne
11joshpayne_s.jpg
チームで一番素質と能力があったJoshもかなりの成長を記録。(参考
これだけ成長するとまた今年もどれだけ成長するか楽しみで仕方ない。
今年はPetrucciを相棒に迎え、そのサポートにまわってもらいます。

・Joan Àngel Román ☆新加入!
11joanangelroman_s.jpg
Man Cityから放り出されてたセンターハーフ。ラテン文字がめんどいのでJoanと呼ぶ事に決定。
スペインU-19代表にも選出されているスタミナ豊富なゲームメイカー。
サブ組のチャンスメイカーとして起用する予定だけど代表召集が厄介そう。

・Daniel Philliskirk ☆新加入!
11danielphilliskirk_s.jpg
こちらはChelseaから放り出されてたセンターハーフ。
バランスのいいオーソドックスなセンターハーフといった印象。
運動量が高い割にスタミナが低いので重点的に鍛えていこうと思います。

サイド
・Steven Lewerenz ☆新加入!
11stevenlewerenz_s.jpg
ドイツのRB Leipzigから9Kという格安の値段で獲得した右ウイング。
7月移籍の条件で1月にこっそり交渉しました。それにしても能力高いし若いのにこの安さは謎。
ドイツ2部のクラブからもオファー来てたのにうちを選んでくれたのもさらに謎。

・Aaron Doran ☆レンタル加入!
11aarondoran_s.jpg
Blackburnから控え用にと獲得した右ウイング。
しかし気付いたら十分スタメン張れるレベルだったのがアレ。
むしろサブ組の核になってもらえばいいんじゃね?と思い控え用として通す事に。

・Billy Knott ☆新加入!
11billyknott_s.jpg
Sunderlandから放り出されてた左ウイング。その前はChelseaにいたらしい。
右ウイングが豪華すぎるせいで少し物足りない印象を受けるのが困り物。
素質は結構あるらしいので成長に期待してレギュラーで使っていきます。

・Gyliano va Velzen ☆レンタル加入!
11gylianovanvelzen_s.jpg
提携の一環で親クラブのMan Utdから送り込まれてきた左ウイング。
かなり発展途上だけど能力が面白いので受け入れてみました。
評価は高いので少しでも成長の足しになればと思い起用してみます。

FW
・James Costable
11jamesconstable_s.jpg
昨年は18得点をあげた我がOxfordのエースストライカー。
今年もターゲットマンとして前線で体を張って頑張ってもらいます。
ウイングが優秀になったのでどう影響するかが楽しみ。

・Dorian N'Goma
11dorianngoma_s.jpg
シーズン途中に加入してなかなか出番のなかったN'Goma
やっと出番がやってくるという時に親善試合で怪我を負い開幕戦に間に合わなくなるという駄目っぷり。
治るまで一ヶ月半ぐらいかかるけどまだチャンスはある。早く治せ!

リザーブにも相変わらず安い選手を囲ってあります。
Nathan Dean - イケメンキーパー。Ranieriの加入で空気になりそう。
Kingsley Grandison - なぜかまったく能力が伸びず。シーズン途中の怪我が原因か。
Emexca Orwubiko - ナイジェリアユース代表ディフェンシブハーフ。あまり伸びない。
Christian Nanetti - 割と出番もありそこそこ活躍。地味にいい仕事をするから助かる。
-↓ここから新加入↓-
Sergio Sánchez - スパニッシュセンターバック。West Hamから拾い上げる。
Noël Malonga - 春先にスカウトがコンゴで発見したセンターバック。☆5なのでかなり期待。
Brad Smith - タックルが鋭い左サイドバック。Liverpoolから拾い上げる。
Ebby Nelson-Addy - 中盤が手薄だったので獲得。Aston Villaから拾い上げる。
Femi Orenuga - スカウト評価の高い左ウイング。Evertonから拾い上げる。
Harry Bunn - ジャンプ力だけ凄いストライカー。Man Cityから拾い上げる。

そしてユースにも評価の高い選手が加入してきました。
Gareth Bright - ☆3.5左サイドバック。スタミナを重点的に鍛える予定。
Keith Zambra - ☆5ストライカー。Oxfordにとっては十年に一人の逸材かもしれない。
この二人には早速プロ契約に合意してもらったので、クラブ生え抜き選手として期待してます。

それ以外の選手は人件費節約のためレンタルの旅に出しました。
Damian Batt - 5部のWrexham
Ben Hoskin - 5部のCambridge
Anthony Tonkin - 5部のAldershot
Oliver Nicholas - 5部のLuton
Simon Heslop - 5部のLuton
Tom Craddock - 5部のCambridge

・人件費
1107pay.jpg
7/31時点での人件費がこちら。
予算がちょっと増えてるのが謎ですが割といい感じかと思います。
安い選手がどっと増えたので平均賃金は下がりました。
予算に対する割合も今シーズンの方が少なかったりします。
それでも昨シーズンは優勝賞金なければギリギリ赤字だったかもしれないので油断できない。



○スタッフ補強
知名度があがったせいかスタッフの雇用人数も増えたので新たに何人か雇いました。

アシスタントマネージャー
Richard Hill
コーチ
Brian Tinnion
Bobby Sheppard
Kevin Paxton ☆新加入!
Alan O'Neill ☆新加入!
John Murtough
Paul Mortimer
Graeme Liveston ☆新加入!
Alan Kinsella
Chris Carville ☆新加入!
GKコーチ
Peter Shilton
フィジカルトレーナー
Steve Whitehall
George Magill
Fergal Geraghty
スカウト
Ernie Tippett
Mark Stow ☆新加入!
Bobby Roberts
Harry N'Timbanzeh
Mel Johnson ☆新加入!
Barry Hunter
Stephen Fennell
Glenn Cockerill
Javier Artero

昨シーズンのと見比べてみると能力がかなり変動してるのがわかります。
年齢高い人達は下がってきてるので契約する時に注意する必要がありそうです。

1107staf.jpg
いいフィットネスコーチがいないので普通のコーチで代用したためこんな比率に。
ほとんどのスタッフとは来年契約が切れるのでその時にでも調整します。



○試合結果
1107sche.jpg
いつもの戦術で戦った親善試合の結果がこちら。
West Hamに4-0で完勝したのは奇跡としか言いようがない。
なにしろうちのシュート6本で相手のシュート17本。
まぁ枠内シュートは4本と5本で同じぐらいなんですけど、うちは全部決めて相手は全部外したっていう。
他の格上との対戦も勝てない事はないけどまだまだ厳しいといった印象でした。

そんなこんなで2年目がスタートします。
戦力的には大幅アップしたもののリーグのレベルも上がったので不安は拭えない。
流石に降格はないと思うけど少しでも上を目指してまったりやります。


つづく

    2011-09-19      Oxford 2010-11 その10

○理事会より
110501news.jpg
相変わらずの損失はもはやお馴染み。
しかし愚痴の部分がN'gomaの話題に変わりました。
どうやらせっかく獲得したのに試合数が少ないのが原因らしい。
だったら最終節は出してやろうじゃないかー。



Morecambe vs Oxford イングランド フットボールリーグ2 第46節

・スタメン
110507form.jpg
というわけで最終節はこんなフォメで臨んでみることに。
ポーチャーに設定したN'gomaにあっちこっちから放り込む感じです。
機能するかはまったくわからない。だけど挑戦する事に価値がある!
相手は16位とちょうど真ん中あたりのMorecambe。最後ぐらい全力で頑張れー。

・結果
110507news.jpg
意外と機能してるなぁと思ったら後半開始早々ついに失点。
試しにディフェンシブハーフを2枚にしてみると今度は立て続けにゴールを決めて逆転。
そのまま優勢に試合を進めて6分あったロスタイムも粘って逃げ切りました。
やればできるもんですね。

・ハイライト

失点1:流石にこのコースに撃たれると防ぎようがない。でもそもそも撃たせちゃいけない。
得点1:久々に出たJamesのフィジカルアタック。よくファウルにならなかったなと思います。
得点2:優勝を決めた初ゴールと同じようなN'Gomaのゴール。他のパターンはないのか?



○シーズンまとめ
これでプレイオフ以外の全日程が終了。
というわけで今シーズンのまとめです。

・月間ベストゴール
と、その前に4~5月間ベストゴールの発表。

選んだのはCheltenham戦でPotterさんが決めたゴール。
Soundersの絵に描いたような縦パスと、ダイレクトでニアにぶち込んだところを評価しました。
相手ディフェンスがつり出された瞬間だったので反応が遅れてるのがわかりますね。

・試合結果
1105sche.jpg
後半戦に入ってから怒涛の11連勝を記録。
それでもカップ戦はどれも早い段階で敗退したのが悔やまれる。
イングランドはただでさえ試合数多いのでとにかく序盤が厳しかった。
やっぱり日程に余裕があるとだいぶ楽になりますね。

・順位表
1105rank.jpg
やっぱり優勝候補にあげたRotherhamが追い上げてきました。
1試合平均2点以上という圧倒的な攻撃力は圧巻。
対して46試合で失点19という強固な守備力で優勝を手にした我がOxford
他のチームは最低50以上の失点を重ねてるのでこちらも圧倒的な守備力だったようです。

・個人成績
1105resu.jpg
Jamesが19得点でチーム内得点王。
SalaHackneyさんの両ウイングが11アシストでチーム内アシスト王。
8得点をあげてるセンターバックWorleyのヘディングも貴重な得点源。
N'gomaの評価点も高いので来シーズンはブレイクするかもしれません。

・まとめ
レンタルで借りた選手のおかげもあって圧倒的な強さで優勝する事ができました。
SalaPotterさんの成績見比べると勝てなくなった理由がよくわかる。
メインだけでなくサブ組の充実も課題だなぁ。未だに左ウイングが補強できていない件。
とにかく昇格してもできるだけ勢いを維持できるようオフシーズンの補強に勤しみます。


つづく